FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
19-20 Legal League 12節 VS Dragon Valley FC @ Kings Park upper #1 2020.1.6
2020年01月12日 (日) 11:27 | 編集
<スタメン>
20200109

<ベンチ>
DJ、赤堀

 幽霊部員、あなたもどこかで遭遇したことがあるのではないだろうか。中高の部活、大学のサークル、会社の課外活動… 至るところに彼らは存在し、何かと理由をつけては断固として出席を見送る。その見送り方たるや、まるで自信満々にアウトコース低めギリギリを見送る元木の選球眼のようだ。
 そう、幽霊は曲者である。自らその活動に足を踏み入れたにも関わらずそれが継続できない、そして常に休む理由を亡者のように追い求め続ける… 健康を理由にするか、いや、前回も風邪を引いた(ことにした)。親戚に不幸が、いや、使いすぎて最早ほぼ天涯孤独状態になっている(サークル員たちにとっては)。横断歩道を渡れないおばあさんが(以下略

 私は1年ぶりにピッチに立った。
 「ソロモンよ、私は帰ってきた。」古代ギリシャの哲学者アナベル・ガトーの言葉である。私は久々のこの感覚、戦場とも言えるフィールドに立ち震えを抑えることができなかった。この震えは久々の試合ができる歓喜から来るものなのか、それとも「死」合に対する恐怖から来るものなのか。会いたくて会いたくて震えている金髪女が取り憑いたのかもしれない。
 私は後悔した。激しく後悔した。何故殺し合いの螺旋に帰ってきてしまったのか。今まで通り飲み会だけ元気に参加する謎の男Aで良かったのではないか。出しゃばってロクなことがないのは既に『上沼恵美子冒涜事件』でとろサーモンが証明しているではないか。身の程を知れ!グレイシー道場に一人道場破りを試み、凄まじい返り討ちに遭った安生洋二が頭をよぎる。風に揺られる植物のように慎ましく、ひっそりと過ごしその生涯を終えるのでは駄目だったのか… そういえばあしたのジョーでも乾物屋の看板娘のりちゃんが青春を謳歌せず厳しいボクシングの世界に溺れていくジョーに対して言っていた。
「何もボクシングばかりが人生じゃないわ。ちっぽけな林家ですけど、つつましく地道に下町の人たちに愛されながら働く毎日だって…」
ちなみに北の歓楽街すすきのには『あしたのニョー』という風俗店がある。『ヌレよんチンちゃん』といい、どういう幼少期を経たらこういう思考ができるようになるのだろう。平賀源内のような天才が考えたに違いない。

 さて、今節は今季初の月曜開催。相手はKCC Cavaliers、若くてよく走る印象のチームだ。一方のShootersは人数がギリギリの12人という試合前から厳しい試合展開が予想される状況。さあどうなるか。以下試合詳細。

[前半]
0’ 上原ナイスカットからのスルーパスで松本シュート、相手ブロック
4’ 上原右から切り込みシュートも枠外
9’ 相手CKを頭で合わされる→クリアがこぼれて被シュートも枠外
11’ 早い相手に徐々に押し込まれるも球際の頑張りが見える
13’ 中尾カットからのワンツー、惜しくもオフサイド判定
14’ 相手のシュート性クロスを吉本ナイスカット
15’ 左FKから木場シュートは枠外
21’ 右から繋いでオフサイドギリギリスルーパス→中尾抜け出しGOAL!! 1-0
23’ 相手スローインから繋がれ正面で被シュートも枠外。助かった
24’ キーバーと1対1のシーンを作られるもナイスセーブ!! 高見澤さんの好守が光る
25’ 時間を有効に使う大人集団シューターズ。相手監督の “Time wasting!!” も気に留めない
28’ 西田、完璧ラインコントロールで相手の抜け出しを防ぐ
30’ 相手CKから被シュートも枠外。DFの集中力がGood
37’ 前半終了間際、相手CKからのこぼれを押し込まれ勿体ない失点 1-1

[後半]
 キングクリムゾンに時間をぶっ飛ばされてしまったのか、ノートに後半の記載がない。なのでここからは私の記憶に基づきその時起こったことありのままを話すと、まず後半早々に1年ぶり出場の私があっさり抜かれ相手に追いつけず独走を許し失点、そして立て続けにもう一点ぶち込まれ1対3という展開に。前半できていた高い位置からの守備ができずズルズル下がってしまいピンチが続く。苦しい時間帯が続きながら粘りのディフェンスが続き、後半からGKに入った吉本の好セーブ、CKから赤堀のナイスヘッドなどあったものの惜しくもShootersに得点は生まれず、逆にもう一発食らってしまい1対4でタイムアップ。前半が良かっただけに非常に悔しい敗戦となった。

 約1年ぶりの試合を終えて、村上龍はこう書いた。

ShootersはONE TEAMである。
苦しい時間帯、私がぶん殴られてもおかしくないクソミスをした時でもそれは変わらない、確固たる絆がそこにはある。
それはそうと、”ONE TEAM”というのは昨年の流行語大賞である。流行語、つまりその年のメディアを賑わし、巷の老若男女誰もが口にする言葉、それが流行語というものである。
しかし、私は “ONE TEAM”と言っている人に会ったことがない。見かけたこともない。これは香港在住だからとかそういうことではないだろう。
その昔、パイレーツが「だっちゅーの」と言った。その言葉はまさに流行語で、貧乳巨乳を問わず、多くの女性たちが何の恥じらいもなくあのポーズをとった。今思えば、あの時代は確変状態だったのだろう。インリンオブジョイトイのM字開脚が流行語大賞になっていたら、そう思ってしまうのは恐らく私だけではない。オマーン国際空港という言葉が流行語大賞になったら。愚息が鼓動する。

最後に、テレビ局から理不尽なキャラ付けをされているラグビー日本代表の笑わない何とかさんが非常に不憫であることに触れ、筆を置きたいと思う。


文責: DJ a.k.a 福山

試合結果:1‐4

5得点
武田
3得点
松本
倉前
2得点
吉本
中尾
1得点
中野
金谷
間野

トシさん(パウ)

4アシスト
中尾
3アシスト
武田
1アシスト
吉本
倉前
上原
安部
スポンサーサイト



19-20 Legal League 11節 VS Bants Raptors @ Kowloon Tsai #2 2019.12.14
2019年12月17日 (火) 21:23 | 編集
201912141


201912142

クリーンシート、素敵な響き

Vs Bants, 試合結果、0-0。
チームとして前回のクリーンシートは18-19シーズン唯一、4-0 BOCs戦でしたが、筆者は参加しておりませんでした。
その前を遡ると17-18シーズン3月10日Young Guns戦以来です。個人的に1年9か月ぶりです。
過去8か月で7kg減量したのと、今シーズン平日週2で走っているのが報われた(大げさ?笑)気がして大変嬉しく思います。

クリーンシート達成の理由として、以下3点の要因が大きかったと考えます。
幹部の方々中心に好結果の理由が分析され、その再現性高め、クリーンシートの回数を増やすことができたらいいな、と思います。

1) 雰囲気
とてもよかったです。ミスがあっても怒号につつまれず、助け合うことが出来てました。
試合前アップの「3タッチでパスを15回」でミスしても次の人がなんとかリカバリーしていましたが、(あまりに続かないので失笑も、、、)
その雰囲気を継続して試合に望めたと思います。
また各々の責任は果たすという意味で、各々声をかけあってマークをとり、体を張ることが出来てました。
結果、狭いカオルンジャイ2のピッチ特有の「自陣での相手スローインが、ロングスローで全部コーナーみたい」な状況で無失点に抑えられました。

2) 天野くん、金のセンターバック
両CBのルーズボールへの反応がよく、バウンドさせずに跳ね返すことがしっかりできてました。
天野くんCB起用後のDFラインコントロールにおいて、ギャンブル的にオフサイドを取りに行くことがなく、
「ラインの裏に抜け出されてGKとの1:1というシーン」が昨今激減しているのは皆さんもお感じと思います。
また、金の相変わらずの体入れっぷりは、チームの士気を鼓舞する効果がありますね。

3) プレイヤー技術
過去6シーズンとの比較において、今のチームが一番個人技がすぐれているプレイヤーが多いです。
特に前半の前半はポゼッションが高く、悪いボールロストの状況も少ないので、失点する感じがしないです。
ただ試合全般を通して継続できないことは課題で、陽平くんの試合後のコメント「パスした後お終いではなく、もう一度動いてパスを貰えるようにする」
ことがボゼッションを高めるのにほんとに重要ですね。(本件、筆者は陽平くんから試合中に的確にご指摘を頂き、全くご尤もで、次節以降改善テーマとして意識します、、、)

以下、怪我で監督業に専念され、絶妙な選手交代を実施されて勝点1獲得に貢献された飯田監督による貴重な10行試合メモと記憶を参考に試合を振り返ります。

2" 陽平くんスルーパスに抜け出した武田くん、GK1:1シュートも正面。
3" 陽平くん - 大野くんからよしもっちゃんに繋がり左サイドからシュートも枠外。
8" CK 金ヘッダーも枠外。
13" よしもっちゃん、左から切り込みシュートもキーパーセーブ。

ここまではほぼ一方的にSFCペース。

しかし、この後のSFCインプレイシュートはメモによると63"のまっちゃんのドリブルシュートのみ。
前半の後半から相手のロングスロー祭りに押され、後半もなかなかボゼッションが出来ない苦しい展開でした。
相手のラフプレーに何人も何度も反則を受けながらも、皆冷静に対処できたことも無失点に繋がったと思います。

次節年明けの1月6日KCC Cavalier戦にもこの雰囲気を持越し、勝ちましょう!

文責:西田

試合結果:0‐0

5得点
武田
3得点
松本
倉前
2得点
吉本
1得点
中尾
中野
金谷
間野

トシさん(パウ)

4アシスト
中尾
3アシスト
武田
1アシスト
吉本
倉前
上原
安部
19-20 Legal League 10節 VS HK Vikings @ Tsang Tai UK 2019.12.07
2019年12月15日 (日) 19:50 | 編集
201912072


201912071

5日木曜日バングラ23時(香港時間6日1時)発のフライトで1か月という長い出張から生きて帰ってき、早速香港の寒さにやられ気味の赤堀が今回レポを担当させていただきます。
1か月前より肥えた、動けなくなっているとの野次はしばらく受け付けません。
仕事せず遊んでいたとの言葉を否定しきれませんが、遊び5割、仕事4割、サッカー1割でしたので勘弁してください。
試合開始
前半2分 相手バックラインでパスカットし、武田さんがシュートするも枠を外れる
  3分 右サイドを抜かれクロスを上げられるが、キーパーがナイスキャッチ
  5分 キーパーのクリアが相手DFの間を抜け倉前さんが奪い取り、シュートするも
キーパーにキャッチされる
  7分 相手にスルーパスを通されるが何とか天野さんがクリアしピンチ脱却
  18分 陽平の浮き球で武田さん抜け出しシュートしゴール
  24分 CKでファーにけられ相手に競り負けゴールを決められる
  26分 カウンターからのピンチを天野さんがゴールゴールエリア近くで防ぐ。
     木場が抜け出し、ゴールキーパーと一対一もシュートが枠を外れる
     左サイドより切り崩され、中へいれられ、相手FWに押し込まれ失点
     陽平から裏へパス。倉前さんがキーパーと一対一もシュート外れる。

後半開始
後半3分 陽平の縦パスに倉さんが反応し、体を使って抜け出そうとするがとられる
  4分 相手右サイドスルーパスに抜け出され、センタリングを上げられるも枠を外
れる
  12分 陽平シュートも枠外に
  15分 左サイドより相手シュートされゴール
  24分 武田さんがゴール近くでこぼれ球に詰めるもシュートできず
  27分 相手に後ろからチャージをし反則ぎみだが流され、その後相手にシュート
を決められる
  29分 中央より崩し武田さんゴール
  39分 コーナーキックのこぼれ球を詰められ相手ゴール

前半は1-2で接戦していたが体力のきれてくる後半、点数差がではじめてくると、どうしても集中力が切れてきてしまい、よせが甘くなり、実力以上に点差が離れてしまう印象があります。
まだまだ試合が続きますので集中力を切らさず、最後まで貪欲に勝利を求めていきましょう。

文責:赤堀

試合結果:2‐7

5得点
武田
3得点
松本
倉前
2得点
吉本
1得点
中尾
中野
金谷
間野

トシさん(パウ)

4アシスト
中尾
3アシスト
武田
1アシスト
吉本
倉前
上原
安部
19-20 Legal League Cup VS HK Scottish Stags @ Po Tsui Park 2019.11.11.30
2019年12月04日 (水) 07:14 | 編集
201911301

<スタメン>
201911302
<控え>
小笠原、大泉、中野

先週のリーグ戦で0-1で負けたものの、守備は最少失点に抑えているので組織的には守れているはず。今週はカップ戦、相手はDivision1の中盤に位置する HK Scottish Stags
たとえDivision1が相手でも、いつも通りにやれば自分たちの時間帯も絶対に生まれていくのでそこで確実に得点をしていきたいところ。ちなみに天候も良く人工芝の質も非常によいので、ボールをつないでいくスタイルには申し分無いコンディション。メンバーは合計で14人で3人の交代メンバーがいるので、早めに疲れたメンバーから交代できることを考えて、運動量を上げることを試合前に確認。怪我で離脱中ながら参加してくれた飯田さんに判断を一任して試合をスタートさせた。

<前半>
シューターズはいつもよりショートパスのつなぎは少ないものの、キーパーからのロングキック、中盤およびサイドからのトップに目掛けたキックでディフェンスの裏もしくはヘディングで競った後のセカンドボールをうまく狙って、何度か相手ゴール前まで迫るものの、なかなかゴール前まではもっていけない。何度か相手を崩してゴール前まで持っていくが、シュートを打つタイミングでは相手も寄せてくるので、いい体制でシュートをさせてもらえない。
相手は崩しが上手いわけではなかったが、攻撃に入った時にゴール前に人数をかけてきていた。特に相手右サイドからの攻撃が多く、その右サイドからの攻撃で1点目を奪われる。シューターズが流れを取り戻そうとしているときにペナルティ左角辺りからの間接フリーキックから2点目を入れられてしまう。
その後も中央からゴール前にスルーパス、中央から右サイドに展開してからの崩しなどで何回かゴールに迫るものの得点にはつながらない。そんな中、再度相手右サイドからゴールライン付近まで攻め込まれ、折り返しを押し込まれて3点目を奪われてしまう。前半終了にかけて、シューターズも得点を目指すものの前半は0-3で終了となった。

<後半>
ハーフタイムに前半同様に走る量を落とさないこと、キーパーからのキックのこぼれを拾っていくことを確認して後半をスタート。徐々にサイドを使った攻撃が増えていき、また前半同様キーパーからのキック特に高く上げたパントキック有効で、相手ディフェンダーがヘディングした後のセカンドボールをいくつかとることができ、相手陣内に攻め込む回数も増えてきた。その流れの中、左サイドゴールライン近くで武田がボールキープしたあと、中央へ折り返したボールを吉本がキッチリゴールに蹴りこみシューターズが1点を返して、スコアを1-3にする。
その後もシューターズは2点目を取るために攻撃の手を緩めず、ゴール前まで押し込むシーンをいくつか作りシュートまで持ち込んでいくが、ゴールにはつながらない。終盤になると運動量も落ちていき、攻め入った後に戻れない場面が多く見られたが、センターバック、ゴールキーパーを中心に相手にゴールを割らせることはなかった。最後までゴールに向かう姿勢は見せたが残念ながら2点目を奪うことはできずに試合終了。合計スコア1-3となった。

<感想>
3失点したものの、試合の流れの中で1得点できたことは収穫だと思いますし、今までは後半に失点することが多かったですが、今日の試合は後半無失点に抑えたのは好材料だと思います。また最近の試合の中ではサイドから崩していく形が多かったように感じました。結果としてコーナーキックを獲得したり、相手のクリアのこぼれ球からチャンスが生まれているシーンがいくつかあったと思います。カップ戦とはいえDivision1相手にある程度の形はできたので、リーグ戦でも繰り返していけば得点する確率は上がるように感じました。

残念ながら今井さんが12月1日台北帰任とのことで今季限りで退部となってしまいました、香港兼任と伺っていますので今期の残り試合に来ていただければと思います。そして新戦力として今週から2人のメンバーが加わりました。大泉さんと川原さんです。まだサッカー道具が香港に届いていないとのことですが、道具を揃えて一日も早い参加をお待ちしています。

文責:小笠原

試合結果 1 - 3

3得点
松本
武田
倉前
2得点
吉本
1得点
中尾
中野
金谷
間野

トシさん(パウ)

3アシスト
中尾
武田
1アシスト
吉本
倉前
上原

なんと今回2名の新人がShootersへ新加入いたしました!!
歴史の長いShootersの血を絶やさぬよう皆さんで明るく楽しく元気よく
磨けよ心、鍛えよ体、今日もみんなで頑張ろうというセントラルスイミング
スクール精神でやっていきましょう!!
川原さん、大泉さんこれからもよろしくお願いします。

201911303

201911304

19-20 Legal League 9節 VS Old Speckled Men @ Wu Shan Recreation 2019.11.23
2019年11月27日 (水) 06:53 | 編集
2019112401

<スタメン>
201911240
<控え>
上原、間野、小笠原、Tony

倉スポ 2019.11.23号

Legal League 第9節“屯門杯”
天候/コンディション:晴れ、気温25度、人工芝

こんにちは!2週間ぶりにやって参りましたLegal League 第9節“屯門杯”
現在、我らShooters リーグ17位/18位!の最下位への崖っぷち。
今日は新しいサングラスが待ち遠しい西井騎手のホームグラウンド”Wu Shan Recreation ”。
前節勝利に貢献した当の本人は種馬探しの旅? 早期の戦線離脱表明。次戦に大いに期待したい。

チームとしては実戦から2週間も遠ざかってしまったが、
前回勝利のモチベーションを維持し連勝となるか!最下位との差を広げられるか!
の大事な大事な大一番のレース!さあ早速本日の出馬表を見てみましょう!

▲アマンダゲート:不動の守護神。カンボジア遠征が続き疲労蓄積が気になるところ。
指もいやらしい方向へ曲がっており、ボールを掴めるのか若干心配。

◯ウエストオリンピック:今大会初勝利の前節ハッピーバレー杯、
幾度の危機を回避した古株ディフェンダー、本日もエースキラーとなることを期待。

◯ギュウガナイト:小林厩舎では毎日お肉の餌付け。筋力・スタミナアップのためだと信じよう!
屯門杯でも炸裂するか!左のダイレクトボレーシュート!!

△マウンテンウォメン:異色の種馬率いる中山厩舎からのヤングバッカー。
攻めて良し守って良し、若さを生かし日夜問わずのロングプレイヤー。

◎ゴッドヘヴンキュート: 6月初出走から彗星の如く現れた期待のホープ。ここ最近のレースでの攻守の活躍が際立つ。
キュンと可愛い顔して意外にも後ろからガンガンいく荒馬の一面も。相手の僅かなミスも見逃さない。

◎グッバイライザップ:今夏、メンタルそしてフィジカル、スタミナすべてにおいて大改造の重戦車。
んっちょっと待てよ、変わってる?変わってない?すべては結果でコミット!

◯クレイジークレイジー:気性が荒く敵も味方も止められない!しかし種馬には逆らえない。
何を血迷ったか、今節より前線サイドハーフでの猛アピール。吉とでるか凶と出るか今節最大の万馬券!

◎スパルタオンリーワン:吠えるどこでも吠える!遅刻は安楽死!前期に続き当選2期目のチームの大黒柱。
アメと鞭を使い分け、厩舎で暴れる異色多種の馬を一気にまとめあげる。現在得点もアシストもトップ争い。単勝買い間違いなし。

️チャイニーズパラダイス:東莞厩舎で前乗りオールナイトトレーニングからの疑惑の離脱。
古傷もなんのそのチームトップ得点王を爆走中。次回レースを大いに期待したい。

️リアルブラックマネー:汚いお金もキレイなお金も一目瞭然。チーム唯一無二の司令塔。
しかしここ毎週のゴルフ三昧のバチが当たったのか、不測の足首のアクシデント、厩舎で休養。ここでの離脱は痛恨の極み!

△ケイオウプレイボーイ:フットサルからの急転直下の転向。実力は未知数だが中尾厩舎よりお墨付きの新人。早速チームとのFA契約目前。

○ハシゴデサンデー:ハシゴ酒は俺に任せろ!レクも誰にも渡さない!もはや誰も止めることはできない核燃料搭載のミッドフィルダー。
しかし40年の老朽化が進み、胃の持病もメンテナンスが日々続く。100%ベストコンディションを発揮できれば必勝馬。

〇マリッジファットボーイ:前節得点王から今節は外国馬顔負けの重量感抜群のコンディションの仕上がり。
やはりこの馬が点をとらないとチームも盛り上がらない絶対的なエースストライカー!

◎ラルフロイターワイフ:種付けも無事終え、幸せな厩舎生活が功を奏したかのごとく安定したプレイをキープ。
最年長ながらチームに貴重な得点も残し、チーム記録を更新中!記者顔負けの香港抗議情報をリアルタイムに発信中!

〇リベンジギンガヴォルフ:長期離脱からの復活!うん足腰しっかり地に着いて悪くない!
前節の勝利レースには中盤を駆け回り勝利に大貢献!飾らない気取らないスタイルが暴れる馬たちを落ちつかせる。

◯トニーアンドガイ:世界を先駆ける美容業界のパイオニアブランド、トニーアンドガイ。
広東語・英語・日本語など操る文句なしの国民的プレイヤー。

△キューティビューティー:デビュー1年目が過ぎ、香港の芝にも慣れ馬番を目標得点8番へ変更。
結果を残すべくなんとか得点争いに食い込む。プレイも気になるがやはり抜け毛が気になるこの季節!秋のAGAキャンペーン実施中!
たくさん発毛して最高の年越しを過ごしたい方は今すぐこちらにお電話を!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レースの時論公論

結果:0-1(負け)

楽しく勝つためのレポとして、まずは一人ひとりの個性やプレイスタイルを改めて理解する必要があると思い、
自由に書かせてもらいました。もう勝手に自己満足。笑 

1年も加入しているとだいぶ顔も馴染み、打ち解け、はしご酒、陽平のためのゴーゴーバー、まっさんのためのチャイナ会etc 
これまで楽しいことばかり。ようやくチームの一員として担ってきたかなと感じる今日この頃です。

サッカーは単純に言えば11人で相手ゴールにボールを入れて競うだけ。

前半7分の失点シーン。中盤からの一本のスルーパスー>FWがトラップうまくボールを流してゴール。 
複雑でもなく非常に縦一本のシンプルな失点でした。終わってみれば0-1。簡単なようで大きな1点。

11人で相手ゴールにボールを入れる過程でポジションやフォーメーション、作戦等があるわけですが、
その前に味方(人)をよく知る必要があるスポーツでもあるなと。

味方の個性や特徴もしっかりと理解しその技量も生かして、相手ゴールにボールを近づけていく。これに尽きると思います。

相手ゴールにボールが近ければ近いほど得点チャンスも生まれ、点が取れる、勝利に繋がる。
相手ゴールにボールが遠ければ遠いほど得点チャンスも生まれず、点が取られる。負けに繋がる。
FWととしての角度からの強い意見ですが攻撃は最大の防御。ゴールに向かう姿勢がない限り勝つことはありえないと思ってます。

ゴールに向かう姿勢はいろんなかたちがあるにしろ、もちろん個々の体力やスキルアップ、体づくりも非常に関わってくる大事な要素。
そこは皆さん社会人、ご察しのとおり勝つためにゴールに向かう姿勢をどこまで作り上げていくのかは自分次第です。


戦術論を語るとキリがないですが、もう誰が入ってもチームとして型にはまってきた4-4-2(前1トップ気味)の不動の布陣。
よいと思います。続けていきましょう!

キーパー/ディフェンス->ボランチに当てるー>周りが動き、ボールを運ぶ選択肢が増えるー>前線に繋がっていくー>ゴールに近くなるー>シュートを打てばいつかは入る!

2019112402

2019112403

2019112404

2019112405


最後まで一読いただきありがとうございました。

そしてサッカーをさせて頂けるこのチームに改めて感謝いたします。

倉前洋介

試合結果:0-1

3得点
松本
武田
倉前
1得点
中尾
中野
金谷
間野
吉本

トシさん(パウ)

3アシスト
中尾
2アシスト
武田
1アシスト
吉本
倉前
上原
Powered by FC2. / RSS / .