Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
J リーガーズ戦 (Aリーグトーナメント) 
2005年05月29日 (日) 00:00 | 編集
試合開催日:29/May
場所:ハッピーバレー
●1-2 得点 廣森
 
   仁也  森(前田)
      aitani
 高木       廣森
(千葉)  桜井

君嶋   テル 近藤   タツ
               (大野)

       ゾノ
      |___|


本日はトーナメント準決勝。
しかし勝ち進む以上に負けられない相手がそこには居ます。そう!本日の相手はJリーガーズ。試合前まではお互い色んな情報の集めあいがあったようでしたが、結局最後は気力の戦いになりそうです。いざ試合開始!

前半。ピーッと主審の笛の直後の開始1分、相手サイドMF(24番久保さん)が裏を狙い出たスピードでそのままDFタツさんを振り切る。スパーンと見てるこっちまで気持ちいいくらいに抜かれ、それでも落ち着いた24#はゴールエリアまでえぐりマイナスへ折り返しのパス、それをあわせた30番(岡部さん)がシュート!すばやく反応したGKゾノが手に当てるもボールは転々とゴールへ。。。っとそこにテルさんが必死にカバーに戻りスライディングで蹴り返す。「よしゃあーー」っと思ったが、ポストの内側に当たってしまいゴールイン。。0-1
その後、慌てリズムで何度も攻めたてられますが、気合十分キャップ近藤を中心に相手攻撃をしのぎます。そして出ました!最近のシューターズは得点のにおいを感じたら全員攻撃。中にセンタリングで放り込んだ球を皆で押し込むがGKにも阻まれ入らない。。しかしこぼれたボールを高木がトラップして廣森へパス。廣森トラップから落ち着いて(もたついて?)押し込み、気力の同点!1-1。その後はお互い決め手を欠き前半終了。

後半、シューターズ押し気味で試合が進み、「勝てる」雰囲気で油断したのか、後半半ばの集中力が切れた所を、相手に同じような形でえぐられ折り返し、相手がシュートした瞬間は、相手3人に対し、シューはゴール前0人という完全に崩された形で再逆転。1-2。
その後は全員攻撃で攻め立てるも、相手も体を張った全員守りで1点を守られタイムアップ。。。終了間際のキミシーマンジャストミートスペシャリングシュートも惜しかった。。。
今まで負けた記憶は無いというほど王者シューターズを守り続けてたのですが、残念ながら敗れてしまいました。
しかし今までの戦いでも楽に勝てた試合は無く、ただ単に負けて無かっただけかも知れません。
この敗戦で思い出した『勝欲』。また皆で勝利に向かって突き進んで行きましょう!
スポンサーサイト
Powered by FC2. / RSS / .