FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
パウリスタ戦 (Aリーグ公式試合)
2006年06月12日 (月) 10:48 | 編集
試合開催日:11/JUNE
場所:何文田
対戦相手:パウリスタ
試合結果:○ 2-1
得点者:けん、関野
報告者:じんや

HKJリーグではJリーガーズに快勝、最近は練習試合でも負け知らずとノリノリのシューターズ。今週はAリーグ公式戦、しかも相手はもうひとつの日本人チーム「パウリスタ」。ここ2試合の対パウリスタ戦は共に「scoring draw」。真正面からのノーガードの打ち合いのような試合ばかり。

普段はメンバーの行き来も多く仲の良い2チームだが、今日は試合前から緊張感が漂いチーム間の会話は殆どない。
グラウンドに馳せ参じたシューターズメンバーは19名、これに加え奥様、龍君・よし君を若頭とするかわいい愛息・愛娘数名、総勢30名近い大勢力。相変わらずのめちゃめちゃ高い出席率だ。はっしーキャップからは「今週は勝つ為に全員を出すことは難しいかもしれないが全員が気持ちをひとつにして戦おう。」という力強いコメントもあり意気高揚。

そんな中、今回の執筆者であるじんやはなんと集合時間に30分の遅刻。。。雨でタクシーはつかまらないし、MTRは俺がホームに着いたとたん出発しちゃうし、ミニバスにのったら渋滞にハマって結局途中下車、ホンハムから登り坂をグラウンドまでサンダルでダッシュしたし。。。皆さん、グラウンドには早めに出発して集合時間は守りましょう。

さて、最近長雨の続くこの季節、今週は朝方雲のすきまから晴れ間が見え「お!今週は。。。」と思ったが、午後は雨模様でやっぱり重馬場・雨中の試合。試合前に雨が降り始め、奥様・お子様は一時避難する中、以下スターティングメンバーでスタート

FW 関野隊長 まえっちょ
MF じんや   ケンケン
  千葉ちゃん シザーズよし
DF 林っち テル はっしー
       ヒロ
GK     タツ

正GKがいない。。。タツさん、持ち前のバネでがっちり宜しく!と思ったけど、実はアップでハイボールをキャッチしようとしたら早く飛びすぎて、着地と同時にキャッチしてたのを横目で見てしまった。。。でも正GKじゃないのにやってくれるタツさんの心意気に感謝しつつ「タツさん本番強いから大丈夫ですよ!」と心の中でこっそり励ましながら試合開始。
相手も結構メンツは揃っていたようだが、最初はシューターズのペースで展開。DFはテル、ヒロが堅実にクリアをして難しいグラウンドで早めに相手攻撃陣の芽を摘んだ。はっしーキャップ、林っちも自分のマークを堅実にこなしつつ、丁寧なフィードで攻撃の基点となった。無理に持たずにシンプルに蹴る雨の日サッカーがしっかりできていた守備陣でした。
よっしーは相変わらず豊富な運動量と伸びる足でさっさと相手MFのボールをカットして前にフィードするgood job、いつもは暑さにやられて「ヘロヘロっす」といっている千葉ちゃんが今日は前から後ろから大活躍。相手のいやがる所でボールをもらうあのオーバーラップはじわじわとボディーブローのように効いてたな。
ケンケンは相変わらずのボールタッチと狙いのはっきりとしたラストパスで攻撃を組み立て、ブルドーザー関野隊長、まえっちょが相手ゴールに突進。関野隊長は相手が何人いようが相変わらずのボディーコントロール、見事です。まえっちょはグラウンド状態なんて関係ないとばかりに突破を連発。雨でボールが止まるからいつもみたく「スピード出しすぎてゴールキック。。」なんてことも無かった。やはりまえっちょは重馬場に強い。
スタート時密かに気になっていたタツさんだが、これが試合が始まるととても無難なセービングを披露。やっぱり本番に強いのか?

とこんな感じでノリノリのシューターズ。前半、じわじわ攻め込む中、関野隊長がぺナ外でボールをキープ。スっと1人をかわしてシュート!と思ったらシュート直前に相手が後ろからタックル。これがPKとなり蹴るのはケンケン。相手のGKはかなり巧いと聞いていたが、その通りだった。ケンケンのコースを狙ったシュートに反応してはじいた!が、ケンケンは落ち着いてこぼれ玉を綺麗に決めてシューターズ先制。1-0。
一方、パウリスタパウリスタは一昨年ぐらいから急速にメンバー補強が進み、この先制点にもあまり焦りも見えず。かえって冷静になった。サッカーを雨の日用に切り替え、早めに裏にフィードするサッカーを展開し、じわじわ攻め込んできた。雨でかなりグラウンドが水浸し状態となる中、相手FWが深い切り替えしで林っちをかわし、ミドルシュート。シュート自体は強烈ではなかったが、グラウンドを「ツーン」と滑るシュートだったので、するっとゴールに入ってしまった。。1-1。これは林っちがかわされた後に誰も当たりにいかなかったのが点を許した最大の原因。カバーリングが大切ということです。こういうポイントは敢えて反省点として認識しておきましょう。
ともあれ、両チームともライバル心はバチバチと燻っているもののさすがひどいラフプレーはなく、緊張感を保ったまま前半終了。

後半ははっしーキャップがGKをやる以下布陣でスタート。
FW 関野隊長 まえっちょ
MF じんや けんけん  
  千葉ちゃん よし
DF 林っち テル タツ
       ヒロ
GK     はっしー

相手はMFやFWにかかる選手を若干交代、やや攻め重視のスタンスをとってきたらしく、じわじわとパウリスタペースで後半が進む。このムードを断ち切ったのが、われらがキャップはっしー。相手の得点チャンスを見事に防いだキャップは本日のMOMといってもいいでしょう。
① DFが完全に裏をとられ一対一になったはっしーGK、突進してくるFWになんと5メートル向こうからスライディング!見事ボールを奪い去った。
② さらに右サイドからのFK、相手は正GKじゃないはっしーに向け直接シュートを狙ってきたが、はっしーGKは正GKバリのパンチングで好セーブ
③ さらに左サイドを突破され、ぺナ内ではっしーGKが上半身からスライディング、相手は足からスライディング、思いっきり交錯して一瞬ヒヤっとしたが、なんと怪我したのは相手。。。はっしーGKは???ボールを抱えて思いっきり前にフィードしていた。。。おそるべしはっしーGK。
さてこのプレーで流れが変わり、次第にシューターズペースに。林っちが相手にタックルし、こぼれたボールをじんやが関野隊長のずーっと前にクリア。みんなこれはGKだな。。と動きが止まったが、これを関野隊長があきらめず突進しなんと相手GKより早くタッチ、トーキックでゴールに流し込んだ。2-1!さすが特攻隊長、あのあきらめない姿勢、全員肝に銘じましょう。
頑張っていた千葉ちゃんが後半途中で「ヘロヘロっす」状態を宣言、久しぶりに戦線復帰した西尾が中盤上から前線で走り回り、シューターズ行け行けモード。グラウンド外からのメンバーの声が早め早めのポジション修正を後押しして無難な試合運びを続け、最終的に隊長のゴールが決勝点となり、2-1でまたまた勝利!!!いやー、やっぱり勝つと気持ちいいですね。
最近、本当に全員サッカーができているシューターズ。この調子でまた頑張りましょう。
スポンサーサイト



Powered by FC2. / RSS / .