FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
IKE(Irish)Athenry戦
2006年12月16日 (土) 00:55 | 編集
12月10日 ディアドラリーグ 
vs IKE(Irish)Athenry
結果:0-2 負け

本日の試合はディアドラリーグ第2戦目。またまたシューターズには新しいメンバーがやって参りました。まえっチョ紹介のワッキーさんと桜井さん紹介のヒデくん。アップ(鬼回し)を見てもなかなかのボールタッチではないですか。最近はメンバーがどんどん増え今のシューターズさんはホンマ祭り状態やで。
今日の相手は、前回大江のスーパーミドルシュートとまえっチョの神トラップゴールで2-1で下したIrishチーム。中盤にキーマン(←トッティ似)がいて結構手ごわい相手です。試合は、前半、前日酒を抜いて試合に挑んだテルのキレキレディフェンスと10キロ45分で走ったと言う無駄な体力リーマンタツが相手の攻めを尽く跳ね返し、抜かれても廣森がフォローし、そこからカウンターを仕掛け、トップのまえっチョと白澤が攻めるという理想的な流れ。攻められる時間、シュート数は相手のほうが多かったが、決定的な場面はシューターズの方が多く佐藤のシュートやコーナーキックからのシュートなど、あともう一歩という場面が次々と出る。お互い集中力を持続したまま前半は0-0で折り返す。
後半は期待の新人ワッキーの投入。シューターズのガッツリプレーに少々戸惑うも時間が経つにつれ徐々馴染んでゆく。しかし相手のでかい”壁”に弾かれ、攻撃にとにかく耐えに耐える時間が増え、相手のループシュートがゴールの上に乗ったり、シュートがバーに当たるなど、絶体絶命のシーンを神憑りな運と集中力でなんとか凌ぐ。そんな中問題のシーンは起きた。相手のスルーパスにGKゾノが前へ出る。しかし相手が先に足に当てゴール前中央に折り返す。無人ゴールに Irishチームが力ずくで押し込もうとするもシューDF陣が体を張って止める。そして一瞬こぼれた玉を相手が長い足でスライディング気味にシュート。しかーし!ゴール前にカバーに入っていたハッシーが肩(というか胸より)で防ぎ大きくクリア!「よっしゃーー!守りきった!」と誰もが思った瞬間、審判「ピー、ハンド、退場。」となんとハッシー1発レッド。マジかよ、、こりゃひでぇ。皆の必死の抗議も覆らずそしてPK。でも、ちょっと自信があったGKゾノは相手の立ち足、助走等、相手を分析していると、なんと相手キッカーは主審のホイッスルの前に蹴ったではないか(詳しく言うと、蹴ったのとホイッスルが同じくらい)。しかも、そのシュートはゴロゴロの遅い球で完全にタイミングを外して膝がガクガクになり、とうとう失点。0-1。その後は10人のシューターズに対しノリノリのIrishチームが攻めてくる。ポジション修正もままならないまま、相手のパスが中央に通り、それを決められて0-2。流を変える為、次々とメンバーチェンジを行うも結局点を奪う事が出来ずタイムアップ。残念ながらIrishチームとの第2選目は負けてしまいました。勝てる雰囲気があっただけにちょっと納得いかない試合でしたね。例えるなら、もうすぐプレゼントが貰えるのにサンタさんが税関で捕まって荷物を全部没収された感じ?ちょっと違うか。。。 とりあえず次は勝ちましょう!
スポンサーサイト



Powered by FC2. / RSS / .