Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
Vs ブルズ @青衣
2008年05月26日 (月) 17:27 | 編集
5月11日PM4:30~
ブルズ VS シューターズ
得点:3:4
場所:青衣グランド
得点者:(シ)前半の1点は誰だっけ??
ねもと*1
前田*2

メンバー(敬称略)
GK:好田
DF:てる、まさる、原、西尾(しももと)
MF:桜井、しげ(ちば)、ごとう、はしもと(前田)
FW:しんぺい(入江)、岩井(ねもと)

どうも~。みなさんお元気ですか。てるです。
そろそろ香港の夏を感じさせる暑さになってきましたね。
いかがお過ごし?

さて、今週は、J香港戦の予定が、ブルズの都合で急遽、練習試合に変更。
といっても、やはり日本人チーム対決負けれません!

序盤はシューターズペース。
ゲストのごっちゃんの左からの切り込みから幾度となくチャンスメーク。しかしなが
ら、後ろから走りこむ選手が少なく、相手を怖がらす展開(即ちフィニッシュ!)が
なかなか出来ない状態。とはいえ、そこはシューターズ。左を起点に攻めを繰り返す
中、前半20分、着実に1点ゲット! 
しかーし、ここで踏みとどまれないのが、最近のシューターズの悪いところ。キーパ
のミスとDFのコミュニケーションミスにより2点取られ前半終了。

ハーフタイムのミーティングで攻撃、守備の修正ポイントを確認し、後半戦へ。

後半開始直後、前半と同様、左サイドを起点に相手陣内で波状攻撃。 
直ぐに同点!ねもとよくやった!
そのまま、ペースはシューターズ。が、、後半20分、相手のスーパーゴールにより、
3-2に負け越し。嫌なムードが漂い始めた後半25分、さくらいのFKをまえっちょが
スーパートラップ&シュート!3-3の同点。そして、さくらいの気合のターボエン
ジンが再フル稼働!! 後半30分。今度は、動きの中から、まえっちょへナイスス
ルーパス。そして、まえっちょゴール! 4-3の逆転!
最後は、DFラインも安定し、危険な場面もきちんと処理し、終了の笛!
あやしいながらの展開もよくやったシューターズ!

やはり、社会人サッカーは体力&根性! サッカーの女神は、そんなチームに
微笑みかけてくれると強く感じた試合でした。
これから暑い夏。みんなで一歩でも試合で多く動けるように、平日準備してきましょ
う!ちょいぎーん!
スポンサーサイト
走り込み企画 第一弾
2008年05月17日 (土) 11:36 | 編集
そろそろ夏本番です。
基礎体力が勝負の分かれ目の季節となってきました。
ということで、旧レクから企画提案です。

提案:1ヶ月間のうちで、誰が一番早く、合計距離43kmにたどり着くか。

ま、毎日毎日コツコツと走り込んで、43km(フルマラソン)に達した人が勝ちという企画です。
下の赤枠内にある"Join Challenge"から参加してください。

ただ、参加にはセンサーと iPod nano もしくは 専用スポーツバンドが必要です。飲み代よりは安いので買ってください。
詳しくはNIKE+のHPを参考に。
(センサーは靴に取り付けれれば良いだけなので、専用の靴でなくてもOKです。)

なお、参加者は自分の登録名をコメント欄に書き込んでください。
というのも、参加しやすいように、企画自体は一般公開してるので、シューターズ以外の人でも参加できてしまうんです。
ご家族の参加は問題なしですが、関係ない人がいると盛り上がりにかけるでしょ?だから削除しようと思ってます。
また、登録名は誰か判別しやすいような名前にしてください。
もちろん日本からの参加もOK。ジンヤだってタロウだって参加できるぞ!

と言う事で、入江!ダイエットの証明だ!!



パウリスタ戦
2008年05月05日 (月) 23:12 | 編集
5月4日PM1:00~
パウリスタ VS シューターズ
得点:4:3、
得点者:(シ)しょうご、ケン、前田

メンバー(敬称略)
GK:好田(しょうご)
DF:てる、福田、原、高野
MF桜井、しょうご(入江)、ねもと、前田
FW:ケン(岩井)、入江(モデル)

灼熱の太陽の下、13人の紳士が集合。
全選手が体力の不安を抱える中で、キックオフ。

序盤はシューターズペース。
開始5分、CK(FK?)から、しょうご選手がボレーシュート。いきなり先制!
続く10分には前田選手の鋭い切り込みからの
低いクロスがファーサイドに流れ、ケン選手の
右足からのシュートがコロコロとゴールに吸い込まれ。2-0!
本日の勝利を予感した選手が多い中、「サッカーで最も危険な点差」
という意味を噛み締めるめることになる。
25分、シューターズゴール前の混戦からパウ選手の目の前にボールが落ち、
シュート、福田選手もゴールカバーでボールに振れたものの、決められ2-1!
さらに前半終了間際にはシューDF「オフサイド!」ラインズマン「・・・・。」と、
オフサイドラインを割られ、2-2!の同点とされてしまい、前半終了。

ぐったり様子の選手が多い中、後半戦突入。
後半10分、ぺナ付近でワンツーに高野ついていけず、
ゴールエリア付近に、敵の9番が進入
「しょうご君頼む!防いで!」と祈ったが、あまりの至近距離の為、
JFL市原出身の名GKも無常にもゴールネットを揺さぶられた。2-3(はぁー)
しかし、シューも意地を見せる。
清商の平野を髣髴させるドリで、桜井選手が左サイドで二人を交わしパス。
ゴール前に走りこんだ前田選手が合わせ、3-3の同点。(うし!)
が、反撃ムードもつかの間、CKから勝ち越し点を許し、4-3。

その後、前田選手がラーション(94年:アメリカ大会)並みのバー直撃シュートを
放ち、また、新人モデル選手のポストからチャンスを作るも、そのまま試合終了。
壮絶な打ち合いの軍配は、パ軍に上がった。
皆様お疲れ様でした。日焼け+疲労を癒して下さい。

帰路116番のバスの中で、自分の走力と気持ちの弱さを噛み締め、
次の言葉を思い出した。
「サッカーは女・子供のやるスポーツではない、男のスポーツだ」
BY ボビー・チャールトン

レポ:高野
Take It To the NEXT LEVEL
2008年05月02日 (金) 10:54 | 編集
Powered by FC2. / RSS / .