Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
ふつうなしあい
2008年07月31日 (木) 10:00 | 編集
日時:7月27日(日)13:00キックオフ
場所:将軍澳のまた奥、宝林(まえださんホームグランド)
気温:日焼け日和
結果:1-0 勝利
報告者:いりえ

前日土曜に引き続き、久しぶりに2日連続のゲーム。
性懲りもなく集まったサッカー○カは13名。
土曜日出席者は日焼けしたてで顔が赤い。
真昼間に遠いグラウンド、しかも人工芝ってやりたくないなぁ、がみなさんの本音?
二日酔いあり、日本から帰国したてあり、柔道&お酒でボロボロあり…。
試合前に不安なメンバーたち。

また本日より新人加入者あり。名前はてつやくん。
モデルハンターさくらいを介して入部いただきました。
これからもよろしく。

メンバーは下記のとおり。
GK こうだ
DF はしもと ようすけ ちば たかの
MF まえだ こんどう ぞの つばさ
FW てつや(いりえ) しげまつ(いわい)


カーペットみたいな人工芝で、クッション全然なしのグラウンド。
約2年ぶりのため、トレーニングシューズのほうがいいことをすっかり忘れておりました。
ゲーム中はみなさんよくすべってたねぇ。

ゲーム前に暑い中アップしているのはシューターズのみ。
となりのベンチに2人いる、と思えば審判。
相手チームが一人もいません。なんでやねん。
ようやく集まったのは試合開始予定時刻30分後。なんでやねん。
しかも8人。
やっぱり助っ人要求あり、しぶしぶ2日連続で相手チームに入ったいりえ。
FWやってくれ、とのことでポジションに入るも、9人チームでFW3人もいます。
仕方なく勝手にDFやってました。

ゲームは変則15分4本マッチ。
試合開始より、相手が少ない&運動量少ないため、パスがよく回り主導権を握る。
しかしいつものように決定力不足、ここ一番でなかなか点が入らない。
そこでセンターからパスを受けた左MFのつばさ、外へ行くと見せかけて中をえぐる。
相手DF(ちいさいおっさん)がついていけず足を滑らせ、もがいている間にシュート、ゴール!
もちろん、このもがいていたおっさんとは…誰でしょう。

いずれにせよ、つばさの2日連続得点で先制点!
よしよし、これからいきまっせ~。
といいながら主導権を握るも1-0のまま。

ゾンビルールのため、2本目以降は入れかわりたちかわり。
人数が足りた相手に、なかなか点が取れません。
とちゅうで準幽霊部員こ○どうの靴底も取れたせいもあり、しっくりパスが回らない。
サッカー久しぶりのてつやくんも、大活躍のお日様にやられてふらふら。
でもしんどい時に声が出るようになったシューターズ。
励ましあい、けなしあいながら暑い中熱いサッカーでした。

3本目以降、満を持してA級(重量級)戦犯登場です。
まえださんのスーパーセンタリング、いわいさんの落とし、ぞの、つばさのスーパー平行パス、しげまつからの縦パス。
相手が動けないため、パスがどんどん回る。
それらのパスは全てFWへ。
A級戦犯は2日連続相手チームでプレーしたためか、2年間在籍のシューターズへの恩返しが見られない!
シュートはあさっての方向か、キーパーへのやさしいパスかどちらか。
ことごとくチャンスをつぶし(5回以上?)、まわりはため息どころか失笑続き。
だれがこんなやつをFWに…。

結局恥ずかしながら、遅刻者だらけのチームに1点のみでした。
決定力不足のこのチームの建て直し方法はただひとつ。
A級戦犯はクビ!

ということで、これからは水の買出し(ねこ除け兼ねる)、タイムキーパー、人数足りない時の誘い役に徹します。
サッカーせずに日焼けしてやる!

以上反省文でした。
乱文お許しください。

報告者:いりえ@自虐的じゃなくて現実逃避、無我夢中。
(反省してない?)
スポンサーサイト
vs good fellas
2008年07月28日 (月) 09:56 | 編集
日時:7月26日

場所:アバディーン(人工芝)

対戦相手:Good Fellas

天気:晴れ(猛暑)



土曜という事で中々人が集まらないが、なんとか12人集まり土曜日の真昼にサッカー。

暑いので水分補給をマメにしながら、ウォームアップを開始するが、対戦相手が明らかに人数が足りていなかったので2人助っ人として相手に貸してしまうというサブの居ない状態で試合スタート!!!

1本目 (皆さんのポジションなど覚えてないです・・・。申し訳ありません)



結果1-1



一本目の時点で相手が足りてなかったので、つばさと入江副キャップが相手チームへ。

試合が始まり相手のラフプレーにイラつきながらもシューターズ冷静にボールを回すが、中盤でつばさにボールカットされミドルレンジからのシュートを許してしまい、スーパーだふっちゃったシュートは右の隅っこへ突き刺さりゴールを許してしまう・・・。

気を取り直してボールを丁寧に回して真ん中で桜井さんがタメを作り、サイドに散らしそこから攻撃、という形で攻めるが最後のラストパスが繋がらず硬直状態がしばらく続く。

Good Fellasに攻められるシーンもあるが、DF陣の体を張った守りでフィニッシュを許さないマーベラスな守り。

終了間際に相手サイドバック(ジョンやったかな?)の空振り?で後ろに抜けたボールに、パウからの助っ人だいすけさんが冷静にゴールへの優しいパスで1-1。



2本目



2-0(でしたよね?)



2本目は両チームともバテバテな感じでしたが、さすがシューターズ!要所②で走り負けませんでした。

試合はゆっくりな展開で進んでいましたが、サイドを起点にクロスなどで攻めるいい感じの展開でした。

DFも引き続き、1対1の局面でも負けていなかったので完璧でしたね。

中々点が入らない中、シューターズの「メッシ・橋本」の高速ドリブルでペナまでえぐり、足をひっかっけられPKゲッツっ!!

そのまま橋本さんが「思いっきり蹴ったった弾丸」シュートでPKを左に突き刺して1点目!!

2点目は思い出せないのですが、同じような展開でだいすけさんが決めて2点目。



3本目

2-0



3本目はもう気力と根性でしたね。DFは堅実な守備で1つのチャンスも許さず硬く、素晴らしかったです。

またまたサイドを起点にクロスや個人でサイドをえぐったりなど、いい攻撃でした。相手が疲れているときにあの攻撃は、すごく有効でしたね。1点目はゴロの早いクロスにゾノさんが反応っ!!!!っと思いきや空振りフェイントでだいすけさんまでボールをスルーしてナイス結果オーライパスでした笑

終了間際につばさの、ウルトラしょぼいミドルシュートがキーパーの股を抜けて2点目。

そこで試合終了!!



シューターズの圧勝でしたね。暑い中、全員がしっかり走ってとても良い試合でした。





良かった点:要所で走り負けない

     :短いパスのつなぎ

     :DFの押上げ

     :中盤でのDF参加

     :サイドから始まる攻撃(千葉キャップと入江副キャップが言っていた、サイドが起点になるゲームが出来ていました)

     :FWの楔の動き





  改善点:パスを出した後の動き。パス&ゴー。パスで終わらずに、動いて次のパスコースを作りましょう。

     :ボールへのアプローチ。DFはペナ近くで突っ込むタックルだと抜かれた後に、シュートまで持っていかれる確率が高いので、しっかりと体の重心を低くし、シュートコースを消すのがペナ近くでのベストプライオリティーです。(絶対に取れるという確信がある時は、突っ込んでもモーマンタイです。)

     :声を出しましょう。しんどい時にこそ励ましあいながらやりましょう。(こういう声によって、次からはミスせずに頑張ろう!っという、モチベーションに繋がるとおもうので。

     



自分の反省みたいな感じになっちゃいましが、この時期にサッカーすると体力つくと思うので暑いけど頑張りましょう!























誤字脱字や文法の間違いについては問い合わせはご遠慮ください・・・。  





つばさ  



HKJ VS パウリスタ
2008年07月14日 (月) 23:20 | 編集
日時:7月6日(日)12:30-
場所:HV・人工芝
対戦相手:パウリスタ
天気:晴れのち土砂降り

先日アクシンデントで没収試合となったJリーガーズ戦に引き続いての香港Jパウリスタ戦。
負けられない試合ということをみんな理解していて18人も集合!
これがチーム力ってもんでしょ。スバラシイ!
更に今回から期待の新人小下くん参入!
前回の山田さんのように初回からの活躍に期待が掛かる。
一方パウリスタは集まりが芳しくなく、このまま猛暑になれば体力的優位に立てる!
と思った矢先、山の向こうから暗い雲、、、香港人が皆ダッシュで逃げ出すのと同時に
土砂降り!!!
豪雨は程なく治まり気温は快適に。。。って事はパウにとって神風ならぬ神雨やんけ!
しかし人数優位には変わらず、千葉キャップが試合前気合を入れ直し、試合開始!
 
      入江(千葉→桜井)
          シゲ
根元(岩井)         Hassy(前っちょ)     
    千葉(山田→小下) 桜井(千葉)
           てる
ようすけ(福田) まさる でらっち(Hassy→山田→小林)
           ゾノ

試合開始後、しばらく細かくつなぐ試合運びに翻弄されパウペースで試合が進む。
前線の二人がめまぐるしくポジションチェンジを繰り返すのにDF陣の対応にズレが
生じ、てる・まさるの指示が飛ぶ。
中盤からのチェックもなかなか馴染まず、しばらく相手のペースで試合が運んでいる中、
とうとうペナルティエリア角から相手7番の強烈ミドルシュートをくらい、ゾノが反応するも
失点を許してしまう。(0-1)
途中右サイドの崩しからちっちゃいおじさんが桜井に落とし、桜井が左足を一閃するもGK正面・・・。
前半はこのまま膠着状態が続き、危ない場面もてる・まさるのコーチングにより回避。
ようすけがスパイク故障で途中退場なのが痛かった・・・。
攻めも決定的なチャンスを作り出せないまま終了。

気温は上がらないが後半は相手の動きも鈍るはず。
前っちょ投入、千葉キャップをFW起用でチャンスを狙う。
がしかし、後半開始直後、またもや細かいパス回しで自陣深くまで攻め込まれ、
怒涛の攻めを食らう事に。
いまいちディフェンスのバランスが取れず、苛立ちがつのる中、相手シュートがゴールを大きく外れるもキリモミシュートも雨のせいでラインギリギリで止まってしまう!
全員が危ないと思いつつ足が止まり、走りこんだ相手9番が追いつきセンタリング、
相手FW小島がヘディングで合わせて2-0。
あとが無いシューターズ、期待の新人小下投入、姿が消えた千葉CAPを呼び戻して
桜井をFWに。
ここから遅まきながらエンジンが掛かりだす!
再三、前っちょさんを基点にしてチャンスを作り出す。
桜井、シゲとゴール前までボールを運ぶも惜しいところで得点につながらない。
確実に流れが来ている!ここから大量得点!と意気あがる中、右から前っちょさんを
追い抜いて前試合の救世主山田くんが駆け上がる!これを相手DFがライン際でやむなく
反則でとめる。。。と、ここで山田くん起き上がれずただ事では無い様子。
急遽小林さんに交代。
(後日診断で山田さんは靭帯断裂の重症。一日も早い復帰を待っています!)
それでもシューの勢いは止まらない。
桜井のキーパー1対1を外す惜しい場面や、小下くんの惜しいフリーキックなど、
ギリギリのところで入らない。
そしていよいよこの時が!アメリカ人寸前根本選手が放ったシュートが光の矢の如くゴールを襲うと相手DFが思わずハンド!!このPKをキャップ千葉が落ち着いてゴーーーーーーール!!!(1-2)
やっともぎ取った1点。
そのあとも桜井の折り返しを岩井がシュートするもチェンジアップはサッカーでは三振取れずGKがっちりキャッチ。
その後も相手ゴールに迫るも、パウの粘り強い守備に阻まれ試合終了。

人数も多く、流れもつかんだのに勝てなかった悔やまれる試合となった。
ここ数試合、前半に攻められる時間多く、自然と早い段階で失点してしまうが、あとから
流れをつかんで追いかけるといった流れの試合が多い。
作戦通りという見かたもあるが、前半の戦い方は工夫が必要。
FWは前半シュート数が課題。
DFはてるさんが安心して帰国できるよう、これからの試合をよく考えて守ろう。
残り試合、全部勝ちますよ!!!

根本さん最後の公式戦。御疲れ様でした!
収穫は小下くんの加入。
ボランチの位置でどっしりと構えて球出しをしてくれる頼れる存在になってもらえると期待。
痛いのは山田さんの負傷。
焦らず、でも早く帰ってきてください!
 
個人的に感動した事。
試合後のアニキの焼豚。

おわり
Powered by FC2. / RSS / .