FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
HKJ VS パウリスタ
2008年07月14日 (月) 23:20 | 編集
日時:7月6日(日)12:30-
場所:HV・人工芝
対戦相手:パウリスタ
天気:晴れのち土砂降り

先日アクシンデントで没収試合となったJリーガーズ戦に引き続いての香港Jパウリスタ戦。
負けられない試合ということをみんな理解していて18人も集合!
これがチーム力ってもんでしょ。スバラシイ!
更に今回から期待の新人小下くん参入!
前回の山田さんのように初回からの活躍に期待が掛かる。
一方パウリスタは集まりが芳しくなく、このまま猛暑になれば体力的優位に立てる!
と思った矢先、山の向こうから暗い雲、、、香港人が皆ダッシュで逃げ出すのと同時に
土砂降り!!!
豪雨は程なく治まり気温は快適に。。。って事はパウにとって神風ならぬ神雨やんけ!
しかし人数優位には変わらず、千葉キャップが試合前気合を入れ直し、試合開始!
 
      入江(千葉→桜井)
          シゲ
根元(岩井)         Hassy(前っちょ)     
    千葉(山田→小下) 桜井(千葉)
           てる
ようすけ(福田) まさる でらっち(Hassy→山田→小林)
           ゾノ

試合開始後、しばらく細かくつなぐ試合運びに翻弄されパウペースで試合が進む。
前線の二人がめまぐるしくポジションチェンジを繰り返すのにDF陣の対応にズレが
生じ、てる・まさるの指示が飛ぶ。
中盤からのチェックもなかなか馴染まず、しばらく相手のペースで試合が運んでいる中、
とうとうペナルティエリア角から相手7番の強烈ミドルシュートをくらい、ゾノが反応するも
失点を許してしまう。(0-1)
途中右サイドの崩しからちっちゃいおじさんが桜井に落とし、桜井が左足を一閃するもGK正面・・・。
前半はこのまま膠着状態が続き、危ない場面もてる・まさるのコーチングにより回避。
ようすけがスパイク故障で途中退場なのが痛かった・・・。
攻めも決定的なチャンスを作り出せないまま終了。

気温は上がらないが後半は相手の動きも鈍るはず。
前っちょ投入、千葉キャップをFW起用でチャンスを狙う。
がしかし、後半開始直後、またもや細かいパス回しで自陣深くまで攻め込まれ、
怒涛の攻めを食らう事に。
いまいちディフェンスのバランスが取れず、苛立ちがつのる中、相手シュートがゴールを大きく外れるもキリモミシュートも雨のせいでラインギリギリで止まってしまう!
全員が危ないと思いつつ足が止まり、走りこんだ相手9番が追いつきセンタリング、
相手FW小島がヘディングで合わせて2-0。
あとが無いシューターズ、期待の新人小下投入、姿が消えた千葉CAPを呼び戻して
桜井をFWに。
ここから遅まきながらエンジンが掛かりだす!
再三、前っちょさんを基点にしてチャンスを作り出す。
桜井、シゲとゴール前までボールを運ぶも惜しいところで得点につながらない。
確実に流れが来ている!ここから大量得点!と意気あがる中、右から前っちょさんを
追い抜いて前試合の救世主山田くんが駆け上がる!これを相手DFがライン際でやむなく
反則でとめる。。。と、ここで山田くん起き上がれずただ事では無い様子。
急遽小林さんに交代。
(後日診断で山田さんは靭帯断裂の重症。一日も早い復帰を待っています!)
それでもシューの勢いは止まらない。
桜井のキーパー1対1を外す惜しい場面や、小下くんの惜しいフリーキックなど、
ギリギリのところで入らない。
そしていよいよこの時が!アメリカ人寸前根本選手が放ったシュートが光の矢の如くゴールを襲うと相手DFが思わずハンド!!このPKをキャップ千葉が落ち着いてゴーーーーーーール!!!(1-2)
やっともぎ取った1点。
そのあとも桜井の折り返しを岩井がシュートするもチェンジアップはサッカーでは三振取れずGKがっちりキャッチ。
その後も相手ゴールに迫るも、パウの粘り強い守備に阻まれ試合終了。

人数も多く、流れもつかんだのに勝てなかった悔やまれる試合となった。
ここ数試合、前半に攻められる時間多く、自然と早い段階で失点してしまうが、あとから
流れをつかんで追いかけるといった流れの試合が多い。
作戦通りという見かたもあるが、前半の戦い方は工夫が必要。
FWは前半シュート数が課題。
DFはてるさんが安心して帰国できるよう、これからの試合をよく考えて守ろう。
残り試合、全部勝ちますよ!!!

根本さん最後の公式戦。御疲れ様でした!
収穫は小下くんの加入。
ボランチの位置でどっしりと構えて球出しをしてくれる頼れる存在になってもらえると期待。
痛いのは山田さんの負傷。
焦らず、でも早く帰ってきてください!
 
個人的に感動した事。
試合後のアニキの焼豚。

おわり
スポンサーサイト



Powered by FC2. / RSS / .