Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
Vs TWF
2008年11月03日 (月) 23:31 | 編集
日曜日夜6:30集合、久しぶりのナイターゲームであった。
また長年GKとしてシューターズのゴールを守ってきた好田が帰任となり、新人の岡崎がゴールマウスを守る
最初の試合でもあった。
FW 橋本、重松
MF 橋本、馬場、杉浦、桜井
DF 石川、ようすけ、福田、原
GK 岡崎
交代
40分:橋本(MF)→あけ、岡崎(GK)→橋本、重松(FW)→岩井
60分:石川(DF)→入江、馬場(MF)→千葉
Man of the match
橋本(FW)
(試合経過)
前半開始早々、バックパスの連携ミスからPKとなり、早速相手チームに1点を与えてしまう。
しっかり守備を固めて自分たちのサッカーをやっていこうという矢先だっただけに、やや重たい雰囲気が
チームを覆った。
しかしそんなチームを救ったのが点取り屋のFW橋本であった。
前半15分(頃)左サイドMF杉浦の上げた絶妙なクロスをドンぴしゃりのタイミングのヘディングでゴールに
叩き込み、流れをチームに引き戻す。余りに鮮やかな一連のプレーは、近年まれにみるビューティフルゴール
であった。さらにその5分後、右SB石川が後ろから放り込んだクロスが、混戦からゴールに吸い込まれる。
またしてもFW橋本の相手GKへのの絶妙なフェイントが効いた局面であった。
その後時折相手のカウンターを受けることもあったが、シューターズがFW, MFを含めたディフェンスができて
いたこともあり、ゲームはシューターズペースで進んだ。
後半に入りシューターズ怒涛の攻めが期待されたが、前半で逆転してしまったせいか、パスが回らない上、
イージーミスを散発し、攻めきれない。相手が守備を固めたこともあるが、相手のゴールエリア内にボールが
なかなか運べずに、チャンスらしいチャンスがなかなか作れない。そうこうしているうちに後半20分、パスミス
からカウンターにあい、自陣ゴール右隅にクリーンシュートを決められてしまう。このチームには勝っておかな
ければ、と誰もが思ったが足が動かず、後半20分は相手の時間となってしまう。その後は結局お互いに大き
な見せ場もなく、2-2の引き分けでゲームは幕を閉じたのであった。
試合全体を通してみると、FW, MFを含めてディフェンスは最後まで崩れず、崩された失点というのはなかった。
相手の時間もあったものの、大方シューターズがペースを握っていたのではないか。それだけに2失点が悔や
まれるゲームであった。
スポンサーサイト
Powered by FC2. / RSS / .