Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
年内ラストゲーム!
2008年12月18日 (木) 10:13 | 編集
メンバーのみなさま

昨日はお疲れ様でした。あの程度の相手にまた0-0引分けというフラストレーション
のたまる試合でしたが、負けた訳ではないし来年の課題という事で良しとしましょう。

それにしても審判の香港人よりのジャッジってなんとかならないんですかね???
他のリーグってもっとヒドイって言いますよね。オフサイド何回見逃してんだよって感じ
でしたよね。(スイーパーやってたのでKYな空気感じましたよ)

VS Men United(香港人チーム)

(前半)               
   くどう もも
さくらい     こばやし
   たけ まさる
はら ようすけ いしかわ
     ちば 
    はっし~

(後半)
こばやし → JITE
まさる   → いわい(後半10分)

【結果】 0-0 ドロー

 前にも1度やった事のあるチームでその時は引き分け。試合後に’何であんなチーム
に引き分けたんだ??’とブツブツみんなで文句を言った事をまさるさんが覚えていて
今日はキッチリ勝ちましょう、なんて気合いを入れて試合開始。
 お互いスロースタートで正直なところスピード感のある展開ではなかったですね。

課題1:どんな相手でも自分たちのサッカーをしましょう!
・手離れ良く走ってボールもらう。サッカーはボールを持っている人以上にもらう人の動き
 が大事です。

・それと焦らない事。フリーでボールを受けているのに慌てない。

・マークを外してボールをもらう。相手をしょってボールをもらうのはケースbyケースです。
 走ってマークを外してボールもらう。そうすれば多少トラップが雑でもボールを取られる
 リスクは減ります。止まってボールをもらおうとするから視野が狭くなってパスコースが
 限定されてしまう。ボールも回らない。

はい、続きです。
総評するとフィニッシュまで持って行く回数が少なすぎました。コーナーキックも前後半で
1回だけ。シュートで終わる為の押し上げ、サポートを心掛けましょう。(簡単すぎますか?)

今回は趣向を変えて独断と偏見でメンバー採点をしてみました!

はっし~さん 8.0点 →終始安定したキーパーっぷり。固定していいですか。
ちば      5.5点 →ひざが痛くて思う様にプレーできず、あと審判にムカつく。
ようすけ    6.0点 →イエローもらったからマイナス1.0点。内容は安定していて良
はらさん    6.5点 →ディフェンスは安定。攻撃時のロングボールをもっと。
いしかわさん  6.5点 →ディフェンスは安定。右サイドの攻守の献身的なサポート良
まさるさん   7.0点 →2か月ぶりの復帰戦で全く問題無し。早く完全復帰を!
たけ       6.5点 →好守に安定。勝負パスをもっと期待!
さくらいさん   6.5点 →左サイドからの攻撃を牽引。しつこい守備をもっと期待。
こばやしさん  6.0点 →よく走ってくれてました。ポジショニングとマークをもう少し。
くどう       6.0点 →期待の4試合連続ゴールならず。期待を込めて
もも       6.0点 →今度、トラップの特訓します。期待感あり!
いわいさん   6.5点 →後半投入でチームの運動量アップ良。慌てずにプレーを期待。
JITE      5.5点 →まだ未知数でよくわかりませぬ・・・

こんな感じでしょうか?あくまでも独断と偏見です。
勝ってたらもっと甘いんですけど。

以上、試合を見てない人にはよく分からないレポ終了です。
スポンサーサイト
Vs Lamma
2008年12月08日 (月) 10:50 | 編集
日時 12月7日 15時 キックオフ
場所 九龍仔公園 No2
対戦相手 Lamma
結果 2-1 勝ち 得点者:工藤 関野

気温は涼しく、絶好のサッカー日和。今日は関野さんが約1年ぶりにshootersに参戦。
FW 工藤 関野
MF 馬場 桜井 たけだ もも
DF 原 ようすけ 千葉 うっこ
GK 橋本
40分交代 馬場→小林 もも→Jide
55分交代 工藤→岩井 
65分交代 小林→高野 Jide→わちさん 
対戦相手は人数不足により前半の約30分間を10人でプレー。相手が10人の間にたたみかけたいshootersはFW関野にゴールキック含めパスを集めて攻撃の起点としようとする。
前半20分程、右サイド桜井が駆け上がりそのセンタリングを工藤がヘディングで合わせ、先制する。この後相手が11人に増える。
その後も2,3度大きなチャンスを迎えるが得点には至らず、DF、GKの好守によりさしたる危険もないまま前半を終える。
後半は前半よりも相手にゴール前に攻め寄られることが多く、後半10分程、マークが詰め切れずに右サイドやや角度のあるところからシュートを決められ、相手に得点を与えてしまう。
少し空気が沈んでしまうが、その後shootersは2人の交代を2度する。危うい場面もなんとかこらえつつ、後半30分頃には関野が左サイドのペナルティエリア角辺りからゴール右隅いっぱいにシュートを放ち、キーパー反応しきれず得点する。
この1点をなんとしても守り切りたいshooters、入江副キャプテンによるいつもより多めの「残り6分」「残り3分」「残り1分」コールを頼りに気を抜かずに主審のホイッスルを待ち、2-1で試合を終えた。
Powered by FC2. / RSS / .