FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2010-11 FFL第6節 vs Paulista 2010.11.7 @CBSG
2010年11月09日 (火) 22:59 | 編集
           長井真吾

   齋藤 大     Kwan     岩井充彦
                 (25分 坂本桃太郎)

        小下憲人  Pan
            (65分 酒井将之)

 益山秀人   千葉朋広  橋本 譲   内野航平
                  (60分 井川洋一)

            Hin


リーグ序盤の大一番、日本勢対決に今季初勝利を賭けた第6節。大量に助っ人を集めてきたパウリスタに対し、Shootersは純粋な少数精鋭で挑んだ。

序盤からロングパスとショートパスをうまく使い分けたShootersは、前節までの課題となっていた推進力を取り戻した。また守備陣は、サイドにタレントを揃えるパウリスタの攻撃に高いラインで対応し、45分を無失点で終えた。

だが、後半序盤、一瞬の隙をつかれ先制点を許す。CB千葉の攻め上がった直後に逆襲を受け、手薄になった守備陣が左サイドを崩されて、ゴールを奪われてしまった。さらにその後、エリア内でファウルを取られPKを献上。GK Hinが一度は止めるも、こぼれ球を押し込まれ0-2となった。

だが、Shootersも益山の見事なミドルで、すぐに1点差に詰め寄る。これで勢いを得たチームは、KwanのGKとの1対1や、途中出場のキャプテン井川のダイビングヘッドなどで相手ゴールに迫るが、どちらもわずかに枠を外れ、同点ゴールには至らなかった。

そして一進一退の終盤に、試合を決定づける3点目を押し込まれてしまい、そのまま試合終了。

初勝利は次節に譲るも、気持ちの籠った一戦を終え、課題は一段とクリアになったように思える。敗戦が続いているが、気持ちだけは切らさずに、問題をひとつずつ修正していきたい。

次節こそ、初勝利を!


<試合結果>
Shooters FC 1-3 Paulista
(55分 益山)


<今節のポイント>
今シーズン、未だ勝利を挙げられないなか、最大の課題はやはり得点力不足となるだろう。ゴールチャンスを増やすためには、2、3列目からの飛び出し、パス&ゴー(ワンツー)の多用、サイドバックを絡めた厚みのある攻撃、そして何よりも周りの選手とのコミュニケーションをもっと高める必要がある。また、クロス時にはエリア内の人数をもっと多くしたい。


文/内野 航
スポンサーサイト



Powered by FC2. / RSS / .