Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2011-12 FFL第15節 vs TWF 2012.5.20 @KTP
2012年05月22日 (火) 16:55 | 編集
2011-12 FFL最終戦 vs TWF 2012.5.20 @KTP2
天気:快晴 体感気温35度
Kick Off : 9:40(前半40分、後半30分)

<システムとメンバー>

            小泉 創           
          (30分 本町知貴)

   川端勇介     岩井充彦     坂本桃太郎
(30分 越智広大)(30分 木村幹也)   (41分 山下 猛)

         青柳隆浩    Pan
               (41分 松本桂一)

   渕脇 穣  東園 剛  三竹美彦  倉田昌彦
                      (41分 西尾拓朗)

             Hin



その男は背負っていた。

今日の最終戦で勝利を挙げれば、先代の齋藤主将と固い契りを交わしたリーグ5位の目標に手が届く。ここで何としても目標を現実のものとしたい。今やFFLカップ王者チームの主将である男は、大きくてややなだらかなその肩にプライドを背負っていた。

男は、このうだるような暑さ、前日のチャンピオンズリーグ決勝観戦による寝不足、そして焼酎の飲みすぎによる三日酔いももろともせず、大一番を前に試合前のミーティングに熱を込めた。

「前半は0-0で行こう、後半にきっとチャンスがある」

9時40分、試合開始の笛が鳴る。対戦相手のメンバーが揃わず予定より10分遅れだ。

前半5分、開始から布陣をコンパクトに保っていたSFCのDFとGKの間に相手のロングボールが入る。前世はFWの男Hinが果敢に飛び出すも、競り合いで相手FWの前にボールがこぼれ落ち、ボールは無人のゴールへ吸い込まれていった。

ややアクシデンタルな開始早々の失点により、スコアは0-1となる。だが、シューターズ戦士達の切り替えは早い。そして、背負う男の声が響く。「まだ時間は充分にあるぞ!」

前半8分、ボランチの青柳がやや離れた位置からFKを見舞う。惜しくも枠を外れたが、ここから徐々にシューがボール支配率を上げていく。

中盤右サイドでの攻防が続く。上水から駆けつける男倉田、日本語ツカエル男Pan、豊富なスタミナを売り歩く男坂本を中心にSFCが押し込んでいくが、幾度となくサイドラインへボールを逃がされる。アメフトのような展開。いや、誰もヘルメットはかぶっていない。

今日はCBをこなすSFCを知り尽くす男東園、そして鉄壁の男三竹が安定感を発揮し最終ラインで相手の攻撃を弾き返す。Delightな男小泉、神の手を持つ男岩井が前線で積極的に動き回るが、なかなか縦パスも繋がらず、ジリジリした展開が続く。

前半29分、鉄壁の男三竹から丁寧に上げられた前線へのフィードに合わせた男が、ゴール右側へのシュートでネットを揺らす。キーパー触れずっ! いや触らず。。。オフサイドの笛はすでに鳴っていた。

審判から、「われ、次もやったらインペルダウン(編集部注:架空の監獄のことだそうです)へ送るぞ! ボケ!」と指導を喰らったその男は、笑って誤魔化す男River Edge(編集部注:「川」の「端」。いや、念のためね)であった。

その1分後、River Edgeが交代。岩井、小泉も道連れに。この中年隊に替わって投入されたのは、ジャニーズの新ユニット、マッチ(本町)、ミキヤ(木村)、オッチー(越智)の新生少年隊であった。デビュー曲の「仮面舞踏会2012」はミリオンを軽く超えているとか。

ハーフタイム、背負う男から檄が飛ぶ。「後半は30分。時間が無い、初めから飛ばしていけ!」

そう、だらだらした相手チームのせいで試合開始が遅れたことにより、グランド使用の終了時間が迫っていたのだった。1点ビハインドの中、SFCは時間だけでなく、管理人の制服おばちゃんの視線との戦いも強いられることとなった。

一方、夏風邪で高熱の体をおしてベンチ入りしていた心も体も熱い男橋本は、各メンバーの発言を引き出し、戦術の整理を促す。全快を待つ。そこへ、SFC日本支部からの強力助っ人が美しい花嫁を連れて登場する。往年のシュー戦士かつ新婚ホヤホヤの男西尾の凱旋であった。幸せオーラがひととき、ベンチを包み込む。
 
後半は、花嫁の前で玄人の技を見せてやると息巻く西尾に加え、40歳を越えてなお走れる男理論派山下と財務諸表を読みながら走れる男会計派松本が参戦。パパな男達千葉、長谷川も家族を引き連れこの大一番に声援を送る。

試合再開後、SFCの怒涛の攻撃が始まる。後半6分、クロスに本町が合わせるが惜しくも枠を逸れる。その2分後には、相手ゴール前の混戦からこぼれ球をマッチが強烈なシュートを放つもGKの正面に。

ロングパスと中盤での繋ぎを組み合わせ、押し気味に試合を運ぶシューターズ。カウンターを喰らっても、東の園にそびえ立つ三本の竹が立ち塞がり、現世はGKで食っていきますHinが見事なセーブでゴールを割らせない。後半に入り、さらに運動量を増してきた冷静と情熱を併せ持つ男渕脇がボールを落ち着かせ、うまくためを作り、青柳、松本が前線へ配球する。

後半10分、淵脇→木村→松本と流れるようなボール運びから、クロスがマッチの元へ渡るもゴールならず。後半12分、ハッピービームで敵をなぎ倒す西尾が右サイドをワンツーで崩して、ゴール前まで駆け上がり、凱旋シュート(玄人の技)を打つが、惜しくも決まらず。

後半18分、後半早々に負傷した足をかばいながらもプレーを続けるオッチーこと快足の男越智が折り返したボールを、マッチこと突破する男本町が左足でジャストミート。しかしGKがキャッチ。

その後立て続けに、スローインからのボールを受けたミキヤこと音速の男木村が音速ドリブルで2人を抜き、ゴール左側角度の少ないところから音速シュート。GKが弾いてコーナーへ。あの速さ、バイクには跨っていないように見えたが……。

コーナーキック後、ゴール前の混戦で相手選手が顔を負傷、動けなくなる。相手チームは時間をゆっくりと使う。それに付き合う審判……。SFCには時間がない! 業を煮やした背負う男は、「Get out!!」と叫び続ける。

ここからやや荒れ模様に。時間がないSFCは全員で押し上げ、さらなる猛攻を仕掛ける。

「このままでは終われない。」

誰もがそう思っていた後半28分、松本の計算され尽くしたスローインが敵陣中盤で前線を俯瞰していたその男に渡る。

青いイナズマ男こと青柳がキタ!

密集した敵を避け、うまくフリーでボールを処理したイナズマ男は、まるでFKを蹴るように、優雅に左足を一閃。20mはあったか、電光石火のギュンギュン曲がるシュートは山下のヘッドもGKの手もかわし、ゴール右隅に直接突き刺さった!

ぐおおーーーーーるっ!! 残り2分の劇的な同点弾で追いつき、スコアは1-1に。「いつか決めるぜイナズマしゅううっとおー!」、翼世代の少年達の挨拶はいつもこれだった。

「もう一点!」

勝利を最後まで諦めないSFCは気力を振り絞りたたみ掛けるが、職務に忠実な制服おばちゃんがプレー中のピッチに乱入、無情にもそこで試合終了の笛を聞くこととなった。

2012年5月20日午前11時、SFCの2011-12 FFLは幕を閉じた。

最終戦で勝利は飾れず、リーグ5位の目標にはあと一歩届かなかったが、もう一つの契りであった「勝率5割」は見事実現。これら2つの目標を前幹部が明確に示し、現幹部が浸透を推進し、選手各自が自分のこととして達成を追及し続けてきた。この事実が、昨年最下位から得失点差での6位へのランクアップを成し遂げた原動力となっていることは言うまでもない。

加えてFFLカップ優勝も手に入れた。SFCはFFLの歴史にしっかりと足跡を刻み、今期限りでFFLを去ろうとしている。

「俺達は成長している。」
試合終了後、光る汗を拭いながら選手達は口々に言った。

We are crazy about football! No one can stop us!
We are Shooters!!

To be continued…

文/川端勇介


〈試合結果〉
SFC 1-1 TWF
(68分 青柳)

〈今季リーグ最終成績〉
6位 勝点21 5勝6分5敗 23得点26失点

〈チーム得点ランキング〉
[リーグ&カップ]
1位 Kwan   6得点
2位 本町知貴 5得点
3位 長井真悟 4得点
4位 木村幹也 2得点
   青柳隆浩 
6位 川端勇介 1得点
   岩井充彦
   Hin
   原 仁志
   坂本桃太郎
   二宮義和
   小泉 創
   松本桂一

[香港J-League]
1位 木村幹也 1得点
   Kwan
スポンサーサイト
2011-12 FFL第17節 vs Paulista 2012.5.6 @Tsuen Wan RP
2012年05月09日 (水) 20:23 | 編集
日付:5月6日(日)
場所:TSUEN WAN RP
天気:曇り
Kick Off : 16:30(40分ハーフ)


【家政夫の加藤がミタ】
前節が雨天中止で、2週間ぶりの試合となったものの、相手が宿敵パウリスタということもあり、出席率の気になるJT弟(川端)までヤル気満々で登場? このTSUEN WAN RPは前回もそうでしたが、グランドは試合直前まで開かない! 使わせない! しっかり管理されているんですね。はい。そんなハプニングにも動じることなく、ストレッチと軽いアップをグラウンド外で済ませ、予定より2分遅れ位で試合開始。

システムとメンバーは以下の通り。


         小泉 創           
      (25分 本町知貴)

   岩井充彦  木村幹也  川端勇介
(20分 Kwan)(55分 加藤厚志)(25分 長井真悟)

      松本桂一  青柳隆浩
    (30分 井川洋一) 

長谷川望  三竹美彦  大瀧 準  豊田統士
          (41分 坂本桃太郎)

          Hin


ここ連日の雨により、グラウンドには田植え前の田んぼ?(言い過ぎでーす)のようなぬかるみポイントがあちこちに。非常に悪いコンディションの中、試合開始早々は相手にややボールを回される展開に。前半2分、相手にコーナーキックのチャンスが訪れる。しかし、相手クロスのこぼれを岩井が体を張ってパスカット。あんな突進されたら相手も怖っただろうと、家政夫も呆然。

ガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ

続けて4分、右からのグラウンダーで、「抜けたら危ないよ!」という場面にも、長谷川がナイスカット。12分、相手11番がエリア手前(やや右)で倒されFKのチャンスが与えられるも、Hinが難なくセーブする。18分、ヤギちゃんこと青柳のドリブル(中央)が左サイドへ走り込んだ長谷川へショートパス、そこから中央へクロスを入れるも得点には繋がらなかった。

相手の勢いがやや陰り始めた23分、ついに均衡が破れる。相手陣内へ押し込み、前線でゴールを背にボールを受けたJT兄(小泉)が、相手DFを背負いながら飄々と周囲を見回しバックパス。フリーで受けた大瀧がそのままゴール前に蹴り込むと、シュートなのかパスなのか判然しがたい微妙な緩いハイボールが、相手GK前でイレギュラー気味にワンバウンドし、クロスバー(左)にやんわりとヒットする。その跳ね返りを、どこからともなくGKの目の前まで走り込んでいた松本が、冷静に足で押し込んでゴーーーーール♪ SFCが1点を先制!

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ  イェ━━━━━ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ━━━━━━イ!!

その後、勢いに乗りたいShootersは、ぬかるんだピッチに体力を奪われ、いつもより早くニコチン不足に見舞われたJT兄弟に代わり、本町と長井を投入する。加えて、得点シーンでのゴール前へのダッシュで「すべてを出し切った」松本に代わり、井川がピッチへ。

交代直後、長谷川からのナイスクロスが前線の本町へ。家政夫が思うに、あの時の彼の心情としたら、『今日も点を取るぞ! 今日は蹴ろうかなぁ? (日向)小次郎ばりのタイガァァァーシューーートォ♪』といった感じ(イメージは下記リンクへ)。しかし、本町は勢い良くボールへダッシュするが、惜しくもオフサイドの判定で不発なり。


http://www.youtube.com/watch?v=ia3hIzfVP8g


その後もDF4人の堅守と、2ボランチがしっかりと相手攻撃の芽を摘み、決定機を与えず、前半終了(2分短い38分)。

【前半に家政夫がベンチからミタ】
足場が悪い中、集中して良く頑張ったと思います。あのピッチコンディションでは個人の技量を十分生かしきれず、ミスが多くなりがちかと思いますが、大きなミスもなく、1点リードしたこともあり、外からは安心して見ていられました(はい、無失点でしたので、結果論とも言えます)。何よりもDFを中心にお互いをカバーしながら、現チームの掲げるコンパクトなサッカーが見事に体現されていたように思います。ディフェンス時はコンパクトにして相手に中盤でのスペースを与えず、攻撃時は散開してスペース作り、広く使う、の繰り返しですね。


さて後半……

ハーフタイムに大瀧が退いて坂本が右SBへ入り、豊田が中央へ。開始早々、これまた相手の右サイドから左サイドまでDFを横切るスルーパス。いきなりあぶなぁーい場面も、オフサイドの判定で事なきを得る。46分、Hinから前線へダイレクトでゴールキックが渡ると、本町はDFをうまく置き去り、キーパーとの1対1の局面かと思いきや、抜かれた相手DFがマッチを抑え込んでイエローカードを受ける。KwanのFKは左にそれてしまい、岬君ばりのブーゥメランシュートォ♪ はお預けに。もう上記のYoutubeを見たと思いますが、ストイコビッチのFKのような(実際はKwan=黄金のレフティーですから、逆足ですけどね)。

そんな中、本日2度目の得点シーンが、48分に訪れる。前線で相手GKのゴールキックが低いライナーとなり、本町がすかさずカット。右に走り込んでいた長井へパス、そしてさらに中央の木村へ、見事なダイレクトパスが通る。早かったなぁ、あのパス回し。相手も完全に置いていかれてました。

(゚Д゚≡゚Д゚)ドコドコ?

そしてドフリーとなった木村が絶妙なトラップでこれを受けると、中央からやや左へ切り込んでGKの動きを見ながら、アウトフロントで強烈なシュートを放つ。地を這うような弾丸シュートは、ゴール右隅へ突き刺さった~~♪ 木村の3試合連続得点により、スコアは2-0となり、突き放しに成功! イメージでいきますと、三度目ですけど、Youtubeの松山君のイーグルショットのような。。。

ところが58分(筆者自身、交代の為にアップしていて見てませんでしたけど!)、相手にCKを与えてしまい、相手キッカー(元SFCながら相手の助っ人として登場した杉浦)がピンポイントでライン際のファーサイドへ蹴り込み、待ち構えた2~3人がヘッド? で中へ折り返し、そのまま押し込まれて失点。スコアは2-1に。

嫌な空気が漂うなか、木村に変わって加藤を投入。加藤は緊張のあまり、落ち着いていられなくって、交代直前にタバコ2本も吸い溜め、誰よりもニコチンを欲していた、と後日の事情聴取で明らかに。

-y( ´Д`)。oO○

64分、右サイドの長井のドリブルから、中央へパス。当然相手DFは本町のマークへ集中すると、すかさず加藤が後ろから走り込んでそのままトラップ、シュート♪ と思われた矢先、本町へチョロパスを選択する。さすがの本町も、あまりのチョロさに驚いたのか、フリーで受けるも、マッチまでチョロっとシュートに終わってしまう。

「味方をも驚かせるチョロパス。今後は極力控えたい。そう思っている」と覚えたての日本語を話す外国人のように、加藤本人が事情聴取で明らかにしていたとか。

65分にさしかかった頃、カウンターの応酬が続き、前半よりも中央にスペースが出来始める。そんな中、本日の衝撃的シーンが(火サスの音楽でも流したいくらい。テテテテ、テテ、テーレー♪)。途中出場の加藤が中央でまたしてもカットしたボールを、混戦の中で1㍍隣の井川へチョロパス。慌てる井川! 当たり前ですよね、周り敵だらけだったし。

"エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?

相手にカットされてあれよあれよと、自陣へカウンターで攻め込まれ、三竹がなんとか止めて、相手コーナーに。この不要な相手CKを与えたことが災いし、1点目の失点とほぼ同じパターンによって、2点目を献上(CKの精度も高かった)。ついに追いつかれてしまう。

「味方をも驚かせるチョロパス。今後はもう使うまい」と、その後、やや日本語が上達した異邦人のように、加藤本人が事情聴取で明らかにしていたとか。

試合時間も残りわずかの終盤、Kwanがドリブルで30㍍ほど左サイドを駆け上がり、角度の無いところからゴールへ蹴り込み、ボールはキーパーをすり抜けるも、相手DFのクリアで得点ならず。Kwanはライン際から蹴り込んでいたので、入ったはずだ! と猛抗議していた(広東語だからわからんけど、けっこうな罵詈雑言だったらしい)。

コラコラコラコラ~ッ!(`o´)

ラインズマンは最終ラインまで追いついておらず(まあ、いつものことですね)、疑惑のシーンとなった。何とか決勝点が欲しいところだったが、ロスタイムにまたしても立て続けに相手CKのチャンス、同じパターンで中央で合わせられるも、長谷川が体を張って何とかぎりぎりクリア。体に触れなければ、間違いなく3点目献上でしたよ。

結局どちらも追加点は決められず、そのまま無念のホイッスル。

【後半、グラウンドから家政夫がミタ】
2点を先制しながらも、CKだけで追いつかれてしまうという残念な結果に終わってしまいました。セットプレーのディフェンスでは、ボールを見がちになるため、切れ目、切れ目の声かけ、マークの確認を意識付けするという、課題が明確になったかと。それとチョロパスはダメです。はい、反省、猛省しております。

次週はカップ戦決勝ですね! 頑張りましょう!

文/家政夫のカトウ


〈試合結果〉
SFC 2-2 Paulista
(23分 松本、48分 木村)

〈今季成績〉
6位 勝点20 5勝5分5敗 22得点25失点

〈チーム得点ランキング〉
[リーグ&カップ]
1位 Kwan   6得点
2位 本町知貴 5得点
3位 長井真悟 4得点
4位 木村幹也 2得点
5位 青柳隆浩 1得点
   川端勇介
   岩井充彦
   Hin
   原 仁志
   坂本桃太郎
   二宮義和
   小泉 創
   松本桂一

[香港J-League]
1位 木村幹也 1得点
   Kwan
Powered by FC2. / RSS / .