Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2012-13 LL Champions League Group B最終節 vs Legal Head 2013.2.16 @Tsing Yi North East
2013年02月20日 (水) 15:29 | 編集
Kick off: 15:00(35分ハーフ)
天候:晴
気温:23℃

〈布陣〉
         小泉 創

  坂本桃太郎  関口貴之  二宮義和
  (Kwan)  (木村幹也)(越智公大)
              (Kwong)

      原 仁志  益山秀人
     (井川洋一) (Sam)

渕脇 穣  千葉朋広  豊田統士  Pan

           Hin 

〈レポート〉
青衣といえば空港からの帰り途にエアポートエクスプレスで通る駅──、多くの人はそのようなイメージを持っているのではないだろうか。人口約20万人、すなわち香港全体の3%に満たない居住者を擁するこの島は、面積にして約11平方キロメートル、埋め立て地を含めても東西南北それぞれ5キロ未満という小島である。島の南東部にはCT9と呼ばれる24時間稼働の一大コンテナターミナルがあり、今日の試合会場となった青衣東北公園からは、海側に係留する大型コンテナ船がみてとれ、背後には対岸のマンション郡がそびえたつという、いかにも香港らしい景色だ。

土曜日午後3時、晴天。人工芝。カップ戦のグループステージ最終節、相手は1部リーグ下位チームのLegal Headである。ここまで0勝1分け3敗のシューターズとしては、前回のKrauts戦で見せた勢いを維持して、ここは是非とも勝ち点3を手にしたいところだ。

負傷中の記者を除いて、当初集ったのが11名だったため、よもや交代要員なしでの試合かと思われたが、試合開始までに木村、越智、香港人軍団のKwan、Kwong、Samが駆けつけた。木村はまたもや勤務先の昼休みを活用しての参加である。前回はアップなしで走り出したらさすがの若い身体も悲鳴をあげていたが、今日はホイッスルまでに少し余裕があり、入念にストレッチをしていた。

香港マラソンのランナーズパックを受け取るため、到着の遅れている井川に代わり、小泉がスターティングメンバーを告げる。準会員の頼れる男、関口をトップ下に据え、最終ラインは千葉・豊田のコンビで固め、キックオフに臨んだ。

開始直後の2分、渕脇の奪ったボールが小泉につながり早々のチャンス。残念ながらシュートにはつながらないが、こぼれ球を拾った渕脇が左に持ち込みCKを得る。続いて左サイドのスローインからゴール前に攻め込み、6分にはペナルティーエリアすぐ外で相手DFからボールを奪った関口がシュートまで持っていく。さらには、千葉のオーバーラップから坂本、再び左サイドに走りこむ千葉、関口、益山と、Shootersがたたみかけるように敵陣を襲う。相手の中盤のプレスが緩く、序盤からSFCが主導権を握っていた。

10分にはPanからのやや短めに出たパスが奪われて持ち込まれるが、ゴール前へのパスをHinが捕らえ、事なきを得る。そして16分に、到着した井川の指示により坂本と二宮に代えて、Kwanと越智が投入される。病み上がりの坂本は普段のフットワークが発揮できていなかった。続いて22分、小泉と越智のポジションに木村とKwongが入る。越智は前回負ったハムストリングの肉離れが再発してしまい、短時間での交代となった。

相手陣地でのプレーが続くなか、23分に均衡が破れる。左サイドから木村がドリブルを仕掛け、強いシュートを放つ。弾かれたところを投入されたばかりのKwongが、落ち着いてゴール左にきれいに決めた。続く26分には、原→千葉→関口→木村とつながった後、Kwanが前線に持ち込み低いシュートを飛ばす。DFをかすめて僅かにそれた弾道は、そのままゴール左隅に吸い込まれていった。

28分には益山に代えてSamを投入。大きく簡単なパスを起点に、中盤からの展開がダイナミックになると、30分には関口が抜群のテクニックを活かして前線にボールを送り、木村がつまりながらもシュートまで持っていった。続いて、千葉がオーバーラップで再び魅せ、スピードを活かしたドリブルであわやゴールまでもっていくかと思われたが、シュートではなくヒールでKwanにつなぎ、そこから渕脇が受けるが狙いきれなかった。

後半、関口が下がり小泉・木村の2トップに変わる。開始早々の2分、その二人が見事な連携を見せ、小泉、木村、小泉とつながり、ゴールを狙うが残念ながら枠にいかず。前半同様のスタートダッシュに勢いを得たかに思われたが、ここでシューターズが失点を喫する。5分、中盤手前左サイド寄り、千葉の頭を越えた敵のパスが、手薄になった中央につながり、シュートを放たれると、あえなくゴール左に決められてしまった。その直後もペナルティーエリアすぐ右目で直接FKを与え、テクニシャンの敵キッカーが繰り出した球はきれいな弧を描いてゴール左上にぐんぐん引き寄せられる。あわや連続失点かと思われたが守護神Hinのパンチで九死に一生を得る。

だが、ここで崩れないのが最近のShooters。気を取り直して7分、Kwanが左サイドで3人のDFに囲まれながらも、見事なのキープ力を披露。中央遠目につなぐと、原がトラップから前に押し出し、木村がフワリと浮かせてゴール右側にチームの3点目を決めた。

中盤に差しかかると、やや疲れが見え始めたShootersDF陣に対し、10番をまとった相手のナイジェリア人選手がすさまじい突破を見せる。長身の14番のゲームメイクからパスを受けると、黒豹のような身のこなしで複数のマーカーを抜き去り、何度となく危ない場面をつくり出す。これには、豊田と千葉の“鉄壁のCBコンビ”も手を焼かされ、後半20分には、右サイドのクリアミスからピンチを招き、追加点を奪われた。

その後も相手の10番の脅威は変わらなかったが、守護神Hinのビッグセーブや、DFと守備的MFの献身的な守りで1点差を守りきり、SFCが勝ち点3を獲得した。

〜あとがき〜
今日は1部の相手チームに対して、非常にパスワークもよく、流れに乗って繰り返し相手ゴールに近づけていた。中盤の細かいパスに加え、大きくな展開もあり、変化に富んでいた。後半は体力が落ちてきたところで、相手の個人技に巻き返された感もあるが、全体的に内容は悪くなかったと思う。今日の1勝でカップ戦の成績は1勝1分3敗、勝ち点4で6チーム中4位でグループステージを終えた。今季のカップ戦からはこれで姿を消すことになったが、今季初の連勝を挙げた意味は大きい。

ただ、試合終了後に、ボールが2つなくなってしまっていることが発覚。隣のチームが誤って持っていった可能性もあるが、試合開始前と終了後に球を集めたり、担当者がしっかりと責任を持つなど、管理を徹底すべきだろう。

文/ガクシ

〈試合結果〉
Shooters FC 3-2 Legal Head
(Kwong 23分、Kwan 26分、木村 42分)

〈今季成績(カップ戦)〉
2012-13 Legal League Champions League Group B
4位 勝ち点4 1勝1分3敗 得点4失点10

http://www.legalleague.net/seasons.php


〈今季チーム内ランキング〉
【得点】
1位 松本晴人  7ゴール
2位 松本桂一  3ゴール
3位 大瀧 準  1ゴール
   本町知貴
   石黒敬司
   越智公大
   小泉 創
   Ken
   吉村康弘
   Kwan
   Kwong
   木村幹也

【アシスト】
1位 井川洋一  3アシスト
   関口貴之
3位 石黒敬司  2アシスト
   原 仁志
4位 東園 剛  1アシスト
   松本晴人
   二宮義和
スポンサーサイト
2013年春節企画:日本人4チーム合同練習試合 2013.2.9 @Kowloon Tsai Park #2
2013年02月13日 (水) 16:05 | 編集
Kick off:13:00
天候:晴

〈レポート〉
中国暦最大の祝祭日を控えた春節大晦日、人の流れが途切れることのないチムサーチョイもこの日だけは閑散とする。在留邦人においては連休を活用して帰省する者、旅行に出かける者、あるいは香港に残る者とさまざまである。そんな中、日本人4チーム合同での練習試合が開催。2月の風がやや肌寒く感じられる中、総勢約30名のサッカー好きが集った。

この日も最近の恒例になりつつある出身地東西対抗戦となり、「ウェスト」、「セントラル」、「イースト」の3チームが組まれ、25分×3本の総当り戦が行われた。以下、簡単にではあるがレポートする。


【第1試合】セントラル(白) 3-0 イースト(青)
関西出身者を中心としたセントラルが3ー0で快勝。幾度となく前線に鋭く切り込み2ゴールを決めた白のFW17番(岡島/ブルズ)の活躍が目立った。開始5分、やや前のめりとなっていたGKの背後を突いて右サイド遠目から直接ゴール。12分には左サイドを突破し、クロス気味のシュートが直接ネットを揺らして追加点に。17分にはハットトリックに迫ったが、DFに阻まれ、そのこぼれ球をSFCの岩井が押し込み、試合を決定付けた。

残り10分間はイーストが反撃に転じ、浮き球を頭で押し込むかと思われるシーンや、右コーナー付近からヒールでの股抜きという見せ場も作ったが、惜しくも得点ならず。最後はイーストの右CKが大きく逆サイドへ抜けてホイッスルが鳴った。ちなみに岩井はこの日、愛息のサッカー練習のため早退していったが、ピッチを去るその後ろ姿はワンチャンスを確実に決めた親父の威厳に満ちあふれていた。

【第2試合】ウェスト(緑) 3-0 セントラル(白)
九州出身者に神戸と姫路出身の選手を加えたウェストが、1試合目と同じスコアで勝利。セントラルは連戦の疲れからか、ブルズの関口と加藤を中盤に並べながらも、思うようにポゼッションができず、全体的に精彩を欠いた。開始4分、左サイドを突破した14番(高橋/J)のシュートをGKが弾き、9番(西牟田/J)が決めて緑が先制。その後もウェストの鮮やかなパスプレーが続く。左コーナー付近での意表をつくヒールパスに始まり、SFCの東園と井川のダブルボランチのパス交換から右サイドの黒木へ渡り、クロスを入れてゴールに迫った。そして16分には、中央での混戦をきっちりフォローした東園が左足のミドルシュートを決めた。

19分には西牟田がDFの背後にトラップをうまく転がし力技で突破、中につないで高橋が落ち着いて決めた。終了直前の25分には左中央からフワリと舞い降りた浮き球にSFCの右SB今井がボレーでミートするが、大きく上にそれて試合終了。「とてもそんな技術はありまへん……」と試合終了後に謙遜の弁を述べた。

【第3試合】イースト(青) 1-0 ウェスト(緑)
試合開始直前に到着した中村(J)が大阪出身にもかかわらず、人数の少ないイーストに入り、連戦のウェストを相手に25分を通じてイーストが主導権を掌握。15分、中村が中央左寄りからこの日一番の強烈なシュートを放ち、GKの頭上を破った。

直後の16分には千葉が中盤右サイドからゴール前に絶妙のクロスを送るが、走りこんだ中村には僅かに合わず。続いて17分、再び千葉が右サイドを突破して中を狙うが見方にはにつながらなかった。ウェストも終盤の21分、25分とシュートを放ったが決まらず、最後の5分はイーストの猛攻でゴール前が混戦となるが、ウェストが気合いで守りきり、得失点差で優勝を飾った。


結果は各チーム1勝1敗ながら、得失点差で1位ウェスト(+2)、2位セントラル(0)、3位イースト(ー2)に。一年ほど前から始まった東西対抗だが(今回で3度目)、西高東低の傾向は変わらず。いずれにしても、「楽しかった!」という声も多く、年末やシーズンオフの恒例行事として定着させていきたい。

今日も爽やかな一日でした!

文/ガクシ@坐骨修復に2ヶ月?!
2012-13 Legal League 第15節 vs Hong Kong Krauts 2013.2.2 @Kwong Fuk Park
2013年02月05日 (火) 18:26 | 編集
Kick off: 15:00(35分ハーフ)
天候:晴
気温:25℃

〈布陣〉
       山下 猛  松本晴人
      (木村幹也)

 原 仁志              二宮義和

       関口貴之  井川洋一

 渕脇 穣  吉村康弘  橋本 譲   John
(倉田昌彦)       (Pan)  

            Hin

〈レポート〉
原因不明の頭痛に悩まされ、救急でアドベンに行ってCTをとってもらったけど、結果はノーマルだって。原因は、ストレス?? 背骨のゆがみ? 眼鏡が合ってない?? それとも歯のかみ合わせが悪いんじゃない?? って適当な理由を並べられて、それでも頭痛は良くならないから、毎週末いろんな科の病院に通っているはっし~です。

今週は、歯医者に行っていたら集合時間に間に合わなくて、人数が沢山いたら、頭も痛いし見学かな?? って思ってたらなんとまぁ……ぐるすけを見るかぎり人数が足りてないじゃん! 気分も頭も重めに現場に急行するや、どこかでみたことのある二人の選手が! ぶるずのセキ君と、もう一人誰かな?? って思ったら、同じくぶるずのまっちゃん。これは鬼に金棒です。

試合が始まるや、二人のところにボールを送り込むと、収まる収まる。ほんと吸い付いちゃって、外れないぐらいのかんじで。いつもはソーセージ(編集部注:ドイツ人を例えているのでしょうね。ちょっとレイ●ズムの匂いがしますけれども)の圧力に押されっぱなしで、中盤を制圧されがちな試合の流れが、この日は全く逆! 中盤にボールが収まったと思ったら、左の原ちゃん、右のニノへボールが配給されまくり。そうこうするうちに、中央が開いたと思ったら、ダイレクトパスの連発で原ちゃんに決定的チャンス! 惜しくもシュートは明後日の方向に飛んでいきましたが、得点チャンスもたくさんです。

そんなこんなで前のめりの攻撃陣に拍車をかけるべく、倉Tが交代で入ってきた! これは何か起こるぞ……っと思ったとき、彼が視界から消えていた。しかも、相手の攻撃がそのサイドへ展開され、ボランチの主将ヨウがスペースを埋めて、倉Tと挟もうとするが、彼はいない。ヨウが大きな声で、「クラっさん」と呼ぶが、なんと倉Tはピッチ外でレガースをつけていた。一体、なにをやっているやら(笑)。

そんな中、守備の局面では、CBヨシの冷静なプレーが周りを落ち着かせてくれて、隣で一緒にコンビを組んでいた頭痛持ちの私はとってもらくち~ん。ただ、試合の流れはシューターズがキープしたままで、決定的チャンスもあったが、ボールが枠に入らず、前半は終了した。

後半へ、主軸メンバーはそのままにして、先制点を狙う。開始早々の5分、中央でボールを受けたセキが、一気に右斜めに走り出したまっちゃんの元へ絶妙のパス。お手本どおりのトラップに、これまたお手本どおりのゴールへパスするような綺麗なシュートで、ボールはゴール左隅に吸い込まれた! シューターズ先制! “これぞ速攻”というきれいな流れに、ソーセージはまったくついてこれず、うなだれるばかり。

先制点が入っても、気持ちにゆとりが出ないのは、私だけでしょうか(編集部より:わかりますよー。リードを守りきれないのが今季の流れですもんね)。 そんな私が追加点を切望していた13分、右側のコーナーキックにボールをセットしているのは、セキ! 何か起こりそうと目線をピッチ前方に向けると、CBヨシがするすると上がっている。そして、セキからの綺麗な弾道のボールがヨシの頭にどんぴしゃ! ずっどーんと一発! ソーセージ、微動だにできず。

先制、中押しとくれば、ダメ押しといきたいところで、そのタイミングが17分に訪れる。左サイドでボールをキープした原ちゃんが、これまた流れだしたまっちゃんにスルーパスを配給。これまた綺麗にトラップすると、すぐさま左足を振り抜き、またもや逆サイドのネットを揺らした。まっちゃん、本日二点目!(編集部注:出場3試合で7得点。驚異的な決定力です)

これで意気消沈したソーセージは、些細なプレーで苛立ちはじめ、25分にはプレーのいざこざでヨシに押し寄る場面も。そんな相手を尻目に、シューターズはその後、チーム全員の集中した守りで相手に得点を与えず、久しぶりのクリーンシート。先制、中押し、ダメ押しで試合の流れを作ったこの日の試合は、本当に気持ちの良い勝利となりました。

文/Hassy

〈試合結果〉
Shooters FC 3-0 Hong Kong Krauts
(松本晴 41 48分、吉村 54分)

〈今季成績〉
2012-13 Legal League Division 2
10位 勝ち点11 3勝2分8敗 得点16失点27

http://www.legalleague.net/seasons.php

〈今季チーム内ランキング〉
【得点】
1位 松本晴人  7ゴール
2位 松本桂一  3ゴール
3位 大瀧 準  1ゴール
   本町知貴
   石黒敬司
   越智公大
   小泉 創
   Ken
   吉村康弘

【アシスト】
1位 井川洋一  3アシスト
   関口貴之
3位 石黒敬司  2アシスト
4位 東園 剛  1アシスト
   松本晴人
   二宮義和
   原 仁志
Powered by FC2. / RSS / .