Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2014-15 Legal League Div 2 第9節 vs BOCs 2014.11.22 @Po Kong Village
2014年11月25日 (火) 12:26 | 編集
Kick off: 19:00
気温: 22℃
湿度: 65%
天気: 晴

〈布陣〉
         西井敏之
        (井頭英信)

   加藤新竝  名取一樹  小林佳樹
        (福谷健二)(間野泰光)

      齋藤 弘  井川洋一
           
鈴木 周  星 哲史  工藤晋一  今井雄一郎
(桜井達夫)            (Javeed)

         益山秀人

〈レポート〉
仕事を片付け、客先をうっちゃり、粛々とユニフォーム姿に着替えた戦士達が今日もピッチに集まってくる。「今日は8人か……」

といっても、これは水曜日21時のKings Parkの風景だ。我がShootersは週に一度、有志を募って平日夜にトレーニングを行っている。前シーズンに内野前主将が提唱するもシーズン中に消滅してしまった習慣を、今シーズンに再び呼び起こし、名取現主将から全員へ課されたテーマ、「昨日の自分を超える」ために行っている自主連だ。といっても、各人がそれぞれ第一線で業務をこなす中での社会人チーム。家庭もあり、職場や住まいがまちまちであるゆえ、ピッチを持ち、コーチをつけて出来るわけではない。

だから通常は大枚が必要な、プライベートの施設であるKings Parkの片隅を拝借、つまり占拠して、倉庫の前の空き地をちょこっと使わせてもらう。つまり“モグリ”のトレーニングである。遠い昔、ウン10年前にストリートで始めたサッカーを、ウン10年後、シワが増えてヒゲヅラとなった今、思い出しているノリである。

しかし縦30メートル、横15メートル程度の“俺たちのグラウンド”は、それはそれでしっかり汗を流させてくれる。斉藤副将の監修の下、ボールを扱いながらどれだけ速いスピードで精度の高いプレーができるかをコンセプトに、基礎練習を繰り返し、最後は倒れこむほどの激しさで各人が追い込みをかけているのだ。

そして迎えた土曜日のLegal League第9節、BOCs戦。果たして、この練習生の中から、試合を決定づけるヒーローが生まれる──。

これはSFCが誇る猛者たちのお話である。

序盤から、まずはこの男が魅せる。小林佳樹──今季からフル参戦の単身赴任男は、神戸育ちの上品な関西弁とは裏腹に、香港の路上でも眠れてしまう命知らずの武闘派である。柔和な語り口の奥に潜む凝り性は相当なもので、ビジョガー(もはや死語か……)さながらに紅勘から尖沙咀までのおしゃれシーサイドデッキの朝ランを欠かさない。マークを外すテクニックもピカイチで、相手DFだけでなく、客先からのマンツーマンも振り切り、練習の常連となった強者である。

前半9分、中央右でボールを受けた小林は鋭くターンし、相手陣内にドリブルで切り込む。試合前の斉藤副将からの「今日は前から行って、点を取って勝ちたい」の言葉通りに、相手プレスの一瞬の遅れを好機と、右足を振る構えを見せる。ミドルレンジではあるが、シュートなのか!? その瞬間、疾風のごとき黒い影が右サイドの大外を駆け抜ける。同時に、ボールを要求する声が聞こえた。

「こばはん!」

右SBの今井雄一郎──“おとな機関車トーマス”(編集部注:先日のBBQでは“おしゃれAV●優”って呼ばれてましたけど)の異名をとるこの男のダッシュ力は、チームでもトップレベルだ。昨シーズンの練習中にゲロを吐いたリベンジに燃え、今シーズンは日々のランニングで身体が見るからに引き締まっており、ますます黒光りに磨きがかかる(編集部注:あ、だから、おしゃれなにがし、なのね)。あれだけ腰を落とした姿勢でスピードを維持できる強力な筋力は、かの“イタリアの種馬”(編集部注:パンツェッタ・ジローラモのことでしょうか。走る姿は見たことないですが)とも見まごうほどである。

“黒い種馬”の突進を傍目に捉えた小林は、すかさずパスに切り替え、今井のスピードを殺さぬよう、文字通りの絶妙なスルーパスを通す。走り込んだ今井はワントラップ後、その勢いのままに迷わず右足を振り抜く。Goooaaaalllll!!!!!

誰もが待ち望んでいた3試合ぶりの得点は、こうして練習生同士のコンビネーションから生まれた。右サイドの角度のないところから、GKのニアにぶち込んだそのゴールは、中田英寿が98年のイタリア・セリエA、ペルージャでのデビュー戦でユベントスを相手に叩き込んだあの初得点を彷彿とさせる興奮があった。

ちなみに、今井家のShootersへのサポートも特筆に値する。愛娘が観戦した試合は、第2節Samurai Bule戦、第4節Legal Head戦、ともに勝利。そして、今宵は愛妻の観戦試合でまたまた白星。これを(二人の)勝利の女神と呼ばずして、なんと呼べるか。

そして時間は過ぎ、後半20分。左からのクロスボールがゴール前に流れたところを猛然と追いかける、もう一人の猛者がいた。

斉藤弘──言わずと知れたShootersの副将であり、トレーニングの総監督である。彼の練習方針は、ボールを使いながら負荷をかけること。いかにトップスピードや厳しい状況下で正確にすばやくボールを扱えるか。これがテーマである。豊富な経験から明快で理にかなった練習メニューの数々は、実際の試合でもそっくりなシチュエーションが数多くみられ、練習生に驚きを与えると同時にさらなるモチベーションをもたらしている。

ただし、彼が選手たちにメニューを課すときの、あの目の奥の何かを見逃してはならない。かすかにほの蒼く揺れて見えた時、その後の練習生にはヘドを吐く苦痛が待っているのだ。そういえば、丁寧に淡々と説明するその口元に、ほんのすこし笑みが浮いたような……。やはりこの男、Pではなく、Sである。

さて、齋藤は流れたボールをボランチのポジションから猛然とダッシュし、ゴール右、タッチラインギリギリまでチェイスして、ワンバウンドをダイレクトでセンタリング。正確なミートでスピードをコントロールしたボールは格好のマイナスのクロスとなってゴール正面へ向かう。Shootersの裏から出てくる攻撃陣に相手はマークを付ききれない。そのゴール前の空いたスペースにしっかり走りこんでいた男がいた。

名取一樹──背番号10の重責を背負いながら、まめな連絡メールと巧みな決め台詞でチームを牽引するShootersの現主将である。勤務時間の3分の1をShooters業務に費やすほどチーム愛にあふれる彼は、いつもの酔うと上から目線ついでに、ただの連絡係でしかない筆者を、あろうことか「鬼軍曹」という架空のキャラクターに仕立て上げた張本人でもある。練習と試合をこなすほかに、自宅付近の200段の階段ダッシュを含む、1周2.5キロのロードコース4セットを自らに課している。まさにトレーニングの鬼とは彼のことである。試合中も咳き込み続け、喘息持ちか? と疑うほどのひ弱さを見せていたのも今や昔。体力の飛躍的な向上とともに、もともとの技術力が輝きを放ち、もはや、チームの中盤を支配する大黒柱である。

ちなみにこの試合へ臨むにあたり、斉藤副将から「カズさんって、トーマス・ミュラーに似てますよねっ」とW杯 2大会連続5得点のドイツの至宝とおだてられ、勤務時間の残りの3分の1をYou Tubeを見あさることに使ってしまったという……。イメージトレーニングも、まさに鬼レベルである。

さてさて、斉藤のクロスに軸足を沈めつつタイミングをはかった名取は、腰のバネをいかして右足のボレーでネットを揺らした。Goooaaaalllll!!!!!。

2014年ブラジルW杯準決勝──歴史から消えることのないブラジル対ドイツ戦。CKからではあったがトーマス・ミュラーが決めた先制ゴールのダイレクトボレ-を想起させる、高い技術のつまった実に素晴らしいゴールだった。

この2得点により、Shootersは2-0で勝利。不断の努力が実を結ぶことを証明し、今後のさらなる飛躍を予感させる内容だった。

しかし、かく言う筆者はといえば、同じく練習生の左SB鈴木周の斜め前方への絶好のサイドチェンジを、あろうことかトンネル……。 「このために練習してるんじゃねぇ~かぁ~!!!」と鬼の斉藤副将からカミナリを落とされる始末だ。道のりはまだまだ遥かかなた……、軍曹かたなし。とほほ。

この記事は練習と得点シーンにフォーカスしたものだが、試合を振り返ると、70分を通して、内容でも相手に優っていた。サイドからえぐる攻撃が随所にみられたのは、ひとえに早い飛び出しで相手ボールをインターセプトしたDF陣が、ショートカウンターの起点となっていた証である。また、応援で駆けつけてくれた福谷らセントラルMFのキープ力が溜めをつくり、サイドの飛び出しを可能にしたことも大きい。フィニッシュのシーンも、逆サイドの選手が中央へきちんと絞れていたため、ゴール前に人数をかけることができた。しっかりチームが連動した、気分のよい勝利である。

試合後──。勝った後のビールは格別にうまい。今シーズンも太っ腹にスポンサーフィーを納めていただいた京笹様での勝利の美酒は最高である。興奮覚めやらずにしゃべりにしゃべった気はするが、筆者はすでに、話した内容をまるで覚えていない……。ただ、何杯飲んだかとうに分からなくなった日付変更後、井頭英信のShooters最年長ゴール更新宣言が出たことだけを記憶にとどめ、この日の勝利の幕引きとしたのであった。

まだまだ、進めShooters!!!

文/ 口パク軍曹


〈試合結果〉
Shooters 2-0 BOCs
(今井 9分、名取 55分)

〈今季成績〉
2014-15 Legal League Division 2
5位 勝ち点12 4勝0分4敗 得点11失点7

http://www.legalleague.com.hk/seasons.php


〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉
【得点】
1位 津田哲平 3得点
   名取一樹
2位 吉村康弘 2得点
3位 新田 悠 1得点
   川端勇介
   今井雄一郎

【アシスト】
1位 間野泰光 2アシスト
2位 西井敏之 1アシスト
   Kwan
   小林佳樹
   齋藤 弘
スポンサーサイト
2014-15 Legal League / Champions League Group D 第2節 vs Team Shotgun 2014.11.8 @Wu Shan Recreation Playground
2014年11月11日 (火) 15:01 | 編集
Kick off: 15:00
気温: 23℃
湿度: 74%
天気: 曇り

〈布陣〉
         井頭英信

   西井敏之  名取一樹  小林佳樹
  (内野航平)      (間野泰光)
  (小林春男)

      原 仁志  井川洋一

鈴木 周  吉泉光一  齋藤 弘  西田耕二

         益山秀人 

〈レポート〉
「寒っ」とこぼしながら14名の選手がTuen Munに集合した。香港の長い夏の終わりを感じさせる肌寒い小雨模様のなか、チャンピオンズリーグ(カップ戦)の試合に臨む。リーグ第2節のSamurai Blue戦の4-0の快勝がCLにもカウントされているため、我がSFCは現在、グループリーグで暫定首位に立っている。この日の相手は1部のTeam Shotgunだが、一昨季には2部で対戦しており、1勝1分の成績だ。相性は良い。これを維持すべしと、試合前に主将の名取が全員に気合を入れてからキックオフを迎えた。

開始1分、自陣左サイドで相手ボールが外に出て、SFCのスローインと誰もが思い、相手も引き始める。しかし、Shotgunの右ウイングは何故かドリブルを止めず。線審がまさかの「出てません」のジャッジを下していたのだ! SFCの左サイドを深くえぐられ、タッチライン沿いからフリーでグラウンダーのクロスが入る。中央のFWに合った時は失点を覚悟したが、幸運にもバーに救われ、早々の失点はなんとか逃れた。Legal Head戦の「キックオフからのロングフィードがオフサイド判定」に次ぐ、不可解なジャッジであった。

勢いに乗るTeam Shotgunはその後も怒涛の連続攻撃をみせるが、GK益山を中心に全員が集中力を切らさず、立て続けのCKもなんとか耐え忍ぶ。しかしながら11分、またしても相手右ウイング(※編集部注:この12番には終始やられましたなあ)にくずされ、タッチライン沿いからグラウンダーのクロスが入る。開始1分とほぼ同じ状況で再びバーに救われるも、今度は詰められて、ついに先制を許す。

反撃に出たいSFCは15分、中盤で西井→井川と繋がり、そこから小林へスルーパスを送るが惜しくも通らず。さらには再び井川から、前方の間野にパスが通りそうになるが、ボールは間野のかかとに当たり、チャンスにはならなかった。結局、前半はこのまま0-1で終了。

諦めないSFCは、後半開始直後に立て続けに好機を得る。後半5分、名取の気合いのポストプレーが相手のファウルを誘い、ハーフウェーライン付近でFKを得る。齋藤からいいフィードが入るも、これはオフサイドの判定に。さらに1分後には、西井が身体を入れてボールをキープし、またもファウルを受けて先ほどと近い位置でFKを得る。齋藤からの鋭いボールが送られるも、間野と西井は惜しくも触れなかった。

12分、敵陣深くで名取と井頭がチェイスした結果、GKのミスキックが間野の目の前に。ワントラップして無人のゴールにシュート、ゴーーールと思ったが、逡巡してしまう。パスを選択しがちな間野が早い判断から右足をふりきってシュートを撃つシーンを、次の試合で期待したい。

しかし、後半は交代できる控え選手もほぼおらず(※編集部注:井川がハーフタイムで去り、西田は負傷)、スタミナもなくなっていき、地力で大幅に優るShotgunが終始主導権を握り続けていた。後半だけで、13本のシュート(枠内10本)を浴び、3つのゴールを奪われ、合計0-4で試合終了。

後半の失点シーンはまとめて振り返りたい。

9分、SFCのゴールキックがダイレクトで跳ね返され、ボールはDFとGKの間へ。クリアのあたりそこないをGK益山がキャッチしたところ、バックパスの判定(え、マジで?)が下され、間接FKから見事にネットを揺らされた。15分、中盤の深い位置で西井が身体を入れてキープしたところ、ファウルの判定が下る。エリア付近からのFKを直接決められて0-3。最後は終了間際の35分、相手の強烈なシュートを益山のスーパーセーブで一旦はポストへ逃れたが、相手に詰められて4失点目を喫した。

スコア的には大敗、試合後の雰囲気は最悪……と思いきや、意外にも前向きなものであった。少ない参加人数で出ずっぱりの選手が大半の中、誰一人サボらず、全力を出し切った後の清々しさ。個々で負けてもCBを中心にカバーしあいながら相手の猛攻を受け続け、走りきり、やりきった感覚はあったか。

ただし、冷静に振り返れば、大敗以外のなにものでもない。ニュートラルに見れば、力は相手が数段上。ピッチの内外からみて、今後の課題として下記が挙げられるかと思う。

①あと2、3歩早くプレスを
齋藤の戦術がかなりチームに浸透し、前でコースを限定してSBもしくはボランチで取る、という意思は随所にみられていた。しかしながら参加人数が少なく体力的にきつかったこと、Team Shotgunクラスになると貰う前の駆け引きが必要なこと、しばしば前線が深追いしすぎて敵SBがフリーになってしまったこと等の要因でなかなかいい形でボール奪取できる場面がなかった。この日は1部のチームと対戦し、自分達のなにが通用して、なにを改善すべきなのかを、それぞれに学べたいい機会だったはず。これを教訓として、今後のリーグ戦で「あと2、3歩」プレスが早くなり、いい形でボール奪取する回数を増やしていきたいものである。

②取った後に「クリアではない選択肢」を
筆者を筆頭に、ボール奪取した後、あまりにも繋げない。ボールを奪ってもクリアしかしていないから、せっかくのマイボールを相手に渡すことになり、波状攻撃を受け続けた。奪った後の選択肢を広げ、やみくもに蹴るだけではなく、なるべく味方にパスを出せるようになれば、今後のSFCの成長に繋がるはずだ。それをどれだけ意識して続けられるか、MF・FWがどれだけ呼んでボールを引き出せるか。繋げるところと、最低でもハーフラインを越える大きなクリアをすべきところの判断力をチームと個人で改善していきたい。

〈余談〉
筆者西田は前半18分にふくらはぎの肉離れを再発させてしまい、おそらく全治2ヶ月となりました。チーム全体のアップはしっかり行っていたものの、そういえばいつも自分自身でやっているストレッチのメニューにサボりがあったような……。古傷や弱いところ等はテーピングやサポーターで保護する、平日もストレッチをする(今週多忙でサボってたんですよ……泣)など、各自、ケガの予防を怠らずに! 左足を地面につけない状況で、来週から日本出張です。ひ〜〜〜〜〜!

文/西田耕二

〈試合結果〉
Shooters 0-4 Team Shotgun

〈今季成績〉
2014-15 Legal League / Champions League Group D
4位 勝ち点3 1勝0分1敗 得点4失点4

http://www.legalleague.com.hk/seasons.php

〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉
【得点】
1位 津田哲平 3得点
2位 吉村康弘 2得点
   名取一樹
3位 新田 悠 1得点
   川端勇介

【アシスト】
1位 間野泰光 2アシスト
2位 西井敏之 1アシスト
   Kwan
2014-15 Legal League Div 2 第8節 vs TWF 2014.11.1 @Ho Man Tin East #2
2014年11月05日 (水) 13:37 | 編集
Kick off: 16:30
気温: 26℃
湿度: 64%
天気: 曇り

〈布陣〉
          津田哲平
         (井頭英信)
         (松下素之)

 加藤新竝     齋藤 弘     西井敏之
(Kwan)    (新田 悠)   (間野泰光)
                  (二宮義和)
                  (内野航平)

       井川洋一  名取一樹

 鈴木 周  吉泉光一  吉村康弘  西田耕ニ
(原 仁志)            (小林佳樹)

          益山秀人

〈レポート〉
ここ数年TWFとの試合はいつも拮抗した結果、僅差で競り負ける試合の記憶が多い。3勝3敗とイーブンな成績にあるSFCはFootball For Life League時代からの宿敵を相手に4勝目を目指し、CBに吉村を起用、井川、名取をダブルボランチに置いて、加藤を左SHに起用、前半の内での先制を目指す。

相手チームの選手が足りず10人しかいなかったキックオフ直後から、SFCは前線からのプレスが機能し、左SBの鈴木の激しい守備でボールを奪い、名取から齋藤を経由しオーバーラップした右SBの西田へつなげてクロスを入れる形など、ピッチの左右を使った展開で試合序盤のペースを掴む。

CKの場面では加藤が精度の高いニアサイドへのボールを入れるも、守備重視のTWFをなかなか崩せない。それでも、流れはSFCにあった。久々に左MFで出場した加藤と、積極的にオーバーラップを仕掛けた鈴木の攻撃参加で、相手を押し込む良い攻撃が出来ていた。

連動した守備が出来ているSFCだが、試合を通じてボールを奪った後に前線が裏へ抜け出す意識の低い。また、良いボールが出ても、オフサイドを取られる場面が多く、相手DFとの駆け引きの必要性も感じられた。

この日、普段より一枚後ろのCMFで出場した名取や、CKのこぼれを拾った西田が積極的にミドルを放ち、さらにはゴール正面で得たFKを吉村が狙うも相手壁に当たり、得点には繋がらず。

そして、25分頃にはこの日最大のチャンスが訪れる。右CKを担当した井川のキックは低いボールになり、エリア内での混戦を生み出す。そこから津田が粘って、もう一度右サイドの井川へパス。オフサイドを避けるために一度下がった井川はそのボールへ走り込み、劣悪なピッチにバウンドが変わったにも関わらず、右足で絶妙なクロスを上げる。相手DFの頭を越えて落ちたボールは、SFCの2選手がフリーになっているゴール前に届くも、手前で合わせた西井のヘディングは惜しくもバーを越えていった。

逸機後のことわりか、試合は徐々に相手のペースになっていく。1トップに投入された井頭が年齢に似合わない抜群のキレとターンでカウンターの起点になるも、主導権を取り戻すには至らず前半を終える。

後半から加藤をボランチへ移し、Kwanを引き続き左MFで起用して先制を狙う。

しかし先制点を求めるあまり、前掛かりになった所をカウンターで狙われ、鈴木が必死の戻りを見せるも相手の見事な切り返しからのミドルで失点を許してしまう。

Kwanから津田、さらには齋藤の単独突破も実らず、新田と井川の2トップにして同点のチャンスを伺うSFC。だが、ボックス外からの相手FKをニアサイドできれいに頭を合わされて0-2。その後、SFCはさらに攻勢を強めていったが、結局最後までネットを揺らすことはできず、そのままタイムアップの笛を聞いた。

それほど技術に差がある訳ではない相手に対し、簡単に繋げる所を蹴ってしまったり、繋ぎの精度が低くなったり……。チーム全体が焦りにやられた感の強い試合だった。

チーム状態、雰囲気は決して悪くなく、ここで気持ちを切らさない様に全員で盛り上げて、まずは折り返しまでに可能な限り勝ち点を稼いで、上位進出の機会を待ちたい。

ただし、この日はベンチからのポジティブな声掛けが毎試合出来てきている中で、前半は特にピッチ内での声が非常に少なかった様に見える。

我々の武器は多くの選手が集い、一体感と声出しで勢いを生み出すところにあるはず。もう一度、各選手がチームを盛り上げる声を出すことで、自分達の強みを再認識したい。

文/内野航平

〈試合結果〉
Shooters 0-2 TWF

〈今季成績〉
2014-15 Legal League Division 2
9位 勝ち点9 3勝0分4敗 得点9失点7

http://www.legalleague.com.hk/seasons.php

〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉
【得点】
1位 津田哲平 3得点
2位 吉村康弘 2得点
   名取一樹
3位 新田 悠 1得点
   川端勇介

【アシスト】
1位 間野泰光 2アシスト
2位 西井敏之 1アシスト
   Kwan
Powered by FC2. / RSS / .