Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2014-15 Legal League第17節 vs Young Guns 2015.3.7 @Ma On Shan Recreation Ground
2015年03月26日 (木) 12:19 | 編集
Kick off: 15:00
気温: 18℃
湿度: 60%
天気: 曇

〈布陣〉
          津田哲平
         (佐藤順平)

    加藤新竝  名取一樹  小林佳樹
   (原 仁志)      (間野泰光)
               (二宮義和)

       西井敏之  齋藤 弘

 鈴木 周  吉泉光一  工藤晋一  吉村康弘
(垣崎 靖)            (西田耕二)

          益山秀人

〈レポート〉
 旧正月後の2試合目は宿敵クラウツ戦の敗北後の立て直しを図りたい試合だ。相手はリーグ首位のYoung Guns。しっかり準備をして慎重に臨みたいところだ。しかしこの日のシューターズ、皆が上手く試合に入れたかと言えばそうでもない。

「あれ、グラウンドはどっちかな?」

 集合時間を15分程過ぎた午後2時15分、MTR Heng On駅すぐ近くで原が首を傾げていた。本日の会場であるMa On Shan Sports Groundは、シューターズにとって初めてではないものの香港島サイドからは便が悪く、アップを兼ねてBoen Rdをジョギング中キャップのガールフレンドと遭遇したため時間に遅れていた原は焦っていた。と、そこに丁度良く風紀委員長二宮が通りすがる。冷静な二宮はピッチまでの道に詳しく、二人は20分の遅刻で現地に到着した。Young Gunsのような強敵に集合からこの始末、鬼と言われた前キャップ内野航平であれば、「何フワフワしてるんだ!」と怒鳴っていただろう(しかし当日内野は日本、助かった……)。

 試合開始30分前、アップ中の小林佳を異変が襲う。季節外れの蚊に刺されたような跡が膝裏に多量に発生したのだ。「俺は今攻撃を受けている! 新手のスタンド使いか!」その後、攻撃していたのはMa On Shan Ground西側にのみ生息する小さな殺人蚊(著者注1)で、相手チームの中にその使い手がいるらしいことが分かった。小林は自らを刺した蚊の針を強靭な筋肉で締め付け、抜けないようにしてしまうという、蚊針締付術を体得しており、そのおかげで事なきをえたが、刺されたのが他の部員だったらと考えると……やはり首位のチーム、試合開始前から安心できない。

 午後3時、試合は静かに始まった。シューターズのプレスの速さと、前回に敗れはしたものの0-1という結果に相手が警戒しているせいか、開始5分の支配率も五分五分、悪くない展開を予想させた。

 しかし開始6分、シューターズをアクシデントが襲う。左MF加藤が相手との接触プレーで足を捻挫したのだ。幸いグラウンド管理事務所に氷が用意されており、アイシングを施したが、プレー続行が不可能になってしまった。これに対しシューターズは新加入の佐藤を投入し、事態の打開を図る。

 するとその佐藤が早速魅せる。10分、左サイドコーナーフラッグ近くでボールを受けた後すかさず縦に突破、これが相手DFのファウルを誘いFKを得たのだ。このFKは相手に跳ね返されたものの佐藤はこの後も再三突破を試みる。

 この日のシューターズは、相変わらず出足の良い守備で度々Young Gunsの攻撃を途切れさせていたが、リーグ首位の相手を極度に警戒したせいもあり、つなげそうなところをクリアしてしまったり、やや勿体無い場面が散見された。

 Young Gunsが少しずつ支配率を上げ、シューターズが走らされる局面が増えてきた22分、思わずペナルティ前でファウルを犯すと、Young GunsのFKがシューターズのGK益山を襲う。この守護神、数日前に3月末で日本への移籍を発表していたが、実はシューターズきってのサッカーエリートであった。高校時代は1年生にしてレギュラーの座をつかみ、福島県代表として高校総体に出場。GKとしては高くない身長ながら、抜群の反射神経で活躍していたそうだ。彼の身長があと20㌢高かったらこのスポーツでご飯を食べていたかもしれないし、筆者も彼と肩を並べるGKは”マッチ”(注2)以外に見たことがない。

 前述の通り、彼は帰国を決めていた。これは筆者の勘繰りであるが、実は妄想小説家への転身を図ってのことではないだろうか。彼にはサッカーだけでなくモノを書くセンスがある。シューターズのマッチレポでもその文才を余すところなく開花させていた(編集部注:バロンドールとピュリッツァー賞のダブル受賞も夢ではなかったですね)。

 話を試合に戻そう。Young GunsのFKはゴール右隅ぎりぎりを捉えた、なかなか良いコースだ。すると益山が横っ飛びでボールに触ったように見えたが、わずかに届かずシューターズは先制点を与えてしまう。恐らく通常の益山であれば余裕のボールだったはずだが、小説のアイデアを妄想中だったのかもしれない。

 不運な失点にめげることなく走り続けるシューターズだが、26分、今度は自陣右サイドを突破される。DF陣が身体を投げうってシュートコースを塞いだが、ゴール前で繋がれ、ボックス前からまたもやゴールを決められた。Young Gunsはここまで圧倒的にゲームを支配していた訳ではないが、4分間に立て続けに得点を挙げられるのはさすが試合巧者と言うべきか(グラウンド外に飛んでいったボールを拾いにいってくれた二宮、小林両選手、ありがとうございます)。

 エンドが変わった後半、先にチャンスを作ったのはシューターズだった。5分、斎藤が相手ボックス近くで倒されると、FKで恐るべき得点率を誇る吉村が直接狙う。強烈なシュートは力強くゴールに向かっていったが、惜しくもボールはバーを越えてしまう。また8分、またもや斎藤が右足でミドルを狙うがこれは惜しくも左へ外れていった。一連のミドルシュートはハーフタイム中の「あのGK、ミドルシュートが効きそう」という斉藤の指摘に沿ったものだった。

 まだまだゲームはこれからだと、シューターズの誰もが思った9分、またもやYoung Gunsの高い決定力が牙を剥く。シューターズが右サイドから攻めに出ようというところを低い位置でボールを奪われ、そのまま右サイドを突破され、クロスから30番に決められてしまったのだ。0-2から1点返せばまだまだゲームは分からなかったという展開だっただけに、この失点は効いた。

 しかしシューターズは諦めない。15分にコーナーを得ると西井のキックに工藤が合わせヘディングシュート、しかし不運にもこれはキーパーの真正面へ。直後の22分、逆に相手CKが直接ゴールポストに当たり跳ね返ったところをフリーで決められ0-4とされてしまった……。

 その後、原のセンタリングから津田のボレーなど、最後まで諦めることなくゴールに向かったシューターズだったが、無情にも0-4のままホイッスルが鳴り、前回の0-1の雪辱を晴らすことができなかった。前後半ともに入りは悪くなかっただけに悔やまれる敗戦であると同時に、Young Gunsの決定力の高さを見せつけられた試合であった。

 これでシューターズは1/26にSamurai Bluesに3-0で勝利して以来4連敗中だ(KCC Royals戦: 1-3, Legal Head戦: 2-3, HK Krauts戦: 1-2, Young Guns戦: 0-4)。上位陣との試合が続いたとはいえ、上位を狙うシューターズにとっては悔しい結果である。追い打ちをかけるようではあるが、これまでシューターズのゴールに鍵をかけていたGK益山が3月をもって帰国する。怪我人、病人も抱え、試練は続くが、まだまだリーグは終わっていない。各人めげることなく、フワフワせずにやるべきことに取り組んでいくことが、改善につながっていくと信じたい。

注1: 民明書房刊「亜細亜暗殺と蹴球の歴史 其ノ壱香港編」(1985年、絶版)より

注2:シューターズ史上初のプロサッカー選手(ただし本業は商社マン。)マカオリーグでGKとして活躍、当時得点力不足に悩んでいたシューターズでは主にFWでプレーした。マカオで1回家に泥棒に入られている。

文/原 仁志

〈試合結果〉
Shooters FC 0-4 Young Guns

〈今季成績〉
2014-15 Legal League
8位 勝ち点22 7勝1分8敗 得点24失点22

http://www.legalleague.com.hk/seasons.php

〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉
【得点】
1位 吉村康弘 5得点
2位 津田哲平 4得点
   名取一樹
4位 新田 悠 1得点
   川端勇介
   今井雄一郎
   西井敏之
   間野泰光
   杉山俊哉
   齋藤 弘
   井頭英信
   井川洋一
   福谷健二
   田口聖教
   石黒敬司

【アシスト】
1位 間野泰光 2アシスト
   西井敏之 
   齋藤 弘
5位 Kwan   1アシスト
   小林佳樹
   石黒敬司
   吉村康弘
   星 哲史
   加藤新竝
   名取一樹
   桜井達夫
   津田哲平
   杉山俊哉
スポンサーサイト
2014-15 Legal League第16節 vs HK Krauts 2015.2.28 @Po Kong Village 2
2015年03月26日 (木) 11:27 | 編集
2015年2月28日
Kick off: 14:15
気温: 13℃
湿度: 64%
天気: 曇

〈布陣〉
           津田哲平
          (杉山俊哉)

   佐藤順平    西井敏之    間野泰光
  (石黒敬司)  (齋藤 弘)  (二宮義和)

        小林佳樹  名取一樹

 鈴木 周   工藤晋一  吉泉光一  今井雄一郎
(西田耕二) (田口聖教)      (吉村康弘)

           益山秀人

〈レポート〉
「今日のレポはアマちゃんね」

 スタメン発表、試合前の戦術確認などが終わり、各自、最終準備をするために一度は解散しかけたチームの輪を呼び戻す形で、名取主将から今週のレポ担当が発表された。「そろそろくるな~」と予感はしていたが、よりによって今日とは……。明日からいただく遅めの旧正月休暇と引き換えに課せられた試練である。

 このHK Krautsとの大一番から6日経った3月6日、金曜日の夜、試合メモを片手に必死に当日の記憶をたどっている。しかし案の定、大方の記憶は旅行先に置いてきてしまい、ほとんど覚えていない。

しかも、頼みの綱の試合メモも、試合当日、動揺のあまり控えメンバーに依頼しないままピッチに出てしまい、前半部分は空白である。

 苦し紛れ、最後の手段として、記憶に残っているシーンにスポットを当てて試合を振り返りたい。

──前半得点シーン──
 巨漢に似合わず、丁寧に細かいパスをつなぐHK Krautsに高いポゼッションをキープされ、試合開始から一方的に攻め続けられる前半となった。あわやオウンゴールという場面もあったが、我らが守護神、益山を中心に最終ラインの踏ん張りでなんとか持ちこたえる。

 しかし、前半24分、自陣の右サイドを深くえぐられ、中央付近に折り返された低いクロスを逆サイドから走りこんできた相手SMFに合わされて先制を許してしまう。

 実は前半10分過ぎ、これとまったく同じ動きで右から崩されて、ゴール前で決定的なシーンを与えてしまった。その時の左を守っていたのは私である。

 逆サイドの深い位置に攻め込まれるとどうしてもDFは相手を背負うことになる。それに加えて、私のように経験値の浅いプレーヤーは、ボールウォッチャーになってしまう。

 例外なく、この場面で私は自分がマークすべき相手選手がどこにいるか全く把握できていなかった。低い弾道のマイナス気味のクロスがゴール前に折り返され、後ろを振り向く様な格好で動き出すものの時すでに遅し、トップスピードに乗った相手SMFが走り込んできてキーパーと1対1の局面をつくられる。相手がインサイドで合わすだけの比較的簡単なボレーをミスキックしてくれたため救われたが、1失点に等しい状況を献上してしまった。

 第15節のLegal Head戦でもサイドからのクロスに対して、DF陣がボールウォッチャーになってしまう場面が見られた旨、名取主将からの注意があった。改めて、自陣サイドの深い位置に攻め込まれた場合は、ボールだけに気を取られないように声を掛け合い、ボールではなく相手に喰らい付いていくことの大切さを勉強する失点となった。

──ハーフタイムの指示──
 ハーフタイムに齋藤副主将より全体的にマークがずれている旨、注意が促される。流動的に選手が走り、余裕を持ってテンポよくパスをつなぐ相手に対してSFCは、パスが出てから動き出しているため全てが一歩遅く、自分のマークをしっかり抑えることができていない。その上やはりドイツ人、見た目通り競り合いは相当強い。気持ちで負けない、怖がらずに身体をぶつけるようと名取主将からも激が飛ぶ。

──後半──
 SFCボールで後半スタート。キックオフと同時に下げられたボールを最近ボランチでの活躍が絶賛される西井が大きく左に展開、このボールを新加入のポジションはどこでもこなせる佐藤が絶妙なトラップ。相手コーナーフラッグ近くまで持ち込みクロス、幸先の良い後半のスタートとなった。

 後半5分、佐藤→西井→齋藤→今井と滑らかなパスワークでピッチの左から右へ、斜めに横断。「サイドを基点にタメをつくって展開していく」という今季のSFCが課題として挙げているプレーを垣間見ることできた瞬間である。

 後半15分、齋藤が身体を張って得たフリーキックのチャンスに、伝家の宝刀、吉村のキックで相手ゴールに迫る。少しづつ流れがSFCに傾き始める。

──後半失点シーン──
 しかし後半27分、CKのチャンスを得るが、逆にそのこぼれを相手に拾われてカウンターを喰らう。ものの数秒で形勢が逆転、3対2の数的優位を作られて失点してしまう。攻めてはいるが決定的なチャンスを作れないまま、2点目を献上しまったイレブンは落胆を隠せない。

──後半得点シーン──
 だがその3分後の後半29分、相手右サイドからのCKを得る。帰国した井川委員長、怪我で離脱中の加藤と今までCKを蹴ってきたメンバーが不在の中、ボールをセットしたのは今日、晴れて香港留任決定との発表があったSFCの希望、杉山俊哉である。

 第14節のKCC Royals戦で、杉山は高い相手DFラインに対して、低い弾道のクロスの重要性を説いていた。正にその有効性を実証するような低く鋭いピンポイントクロスが放たれる。それを待ち構えていたのは、髪型変幻自在の石黒である。目の覚めるようなドンピシャのボレーにキーパーは1歩も動けず、ボールがネットを揺らす。いつもサッカー用品をビニール袋入れ、肩から引っさげて試合会場にくるこの男、やはりただ者ではないようだ。

 最後に傾いた流れを掴むべく、終了間際の後半32分、ハーフウェイライン手前から吉村の超ウルトラロングピンポイントキックがゴール前の齋藤の頭をめがけてキレイな弧を描くも、あと数センチ足らずにミートできず、試合終了となる。

 結果は1-2の敗北。スコアだけみると上位相手に接戦を繰り広げたようにしたようにも見えるが、残念ながら試合内容的には完全に実力の差を見せ付けられてしまう形となった。後半は大分ボールをつなぐことができたが、バイタルエリア内では決定機を作らせてもらえず、相手に脅威を与えるような攻めができなかった。

 リーグ日程の都合から、今回のKrauts戦は前半分である。3週間後の3月28日には後半戦分として再戦がある。

「ローマは一日にしてならず」短期間でこの力の差を埋めることが難しいのは周知の事実である。しかし「一眼二足三胆四力」(いちがん・にそく・さんたん・しりき)という言葉があるように、工夫次第では力の差を埋め、勝つ手段はあると考える。

※様々な解釈があるが、私の空手の師匠の教えは、見せかけの腕力以上に大切なのは観察力・フットワーク・気合いであり、「一眼」「二足」「三胆」が揃ってはじめて、本来持っている「四力」=力量を発揮することができると説く。

一眼:相手にどんなプレーヤーがいて、それぞれどんな特徴や癖を持っているか、各自今日の試合を思い出し、頭にインプットして次の試合に臨む。試合中も絶えず相手を観察して、声を出してみんなで情報を共有する。

二足:試合までの3週間、各自ができる範囲内でコンディションを維持し、例え体格的に不利で、技術的にも相手に分があっても絶対に走り負けない。最後まで諦めずに走りきる!!

三胆:チームメイトを信頼し、お互い助け合い、気迫を持って試合に臨む。

おりしも次のHK Krauts戦は、今バロンドールに最も近いと噂される男、益山秀人の大大大壮行会予定日である。今季チームのために誰よりも体を張り、ゴールマウスを守ってくれた守護神を気持ちよく送り出すためにも、同じ相手に二度負ける訳にはいけない。個人的には、虎になったつもりで相手からボールを狩り取るくらいの気合いで試合に臨みたい。

※本当にどうでもいい余談だが、興味本位で対面の選手にチーム名の由来を聞いたら、戦時中に英国人が「ドイツ人=Sauerkraut(キャベツの塩漬け)を食べる人=Kraut」と呼んでいた、ある種の差別用語が由来らしい。もちろん冗談的に使っているそうだが……。

文/鈴木 周

〈試合結果〉
Shooters FC 1-2 Hong Kong Krauts
(石黒 64分)

〈今季成績〉
2014-15 Legal League
5位 勝ち点22 7勝1分7敗 得点24失点18

http://www.legalleague.com.hk/seasons.php

〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉
【得点】
1位 吉村康弘 5得点
2位 津田哲平 4得点
   名取一樹
4位 新田 悠 1得点
   川端勇介
   今井雄一郎
   西井敏之
   間野泰光
   杉山俊哉
   齋藤 弘
   井頭英信
   井川洋一
   福谷健二
   田口聖教
   石黒敬司

【アシスト】
1位 間野泰光 2アシスト
   西井敏之 
   齋藤 弘
5位 Kwan   1アシスト
   小林佳樹
   石黒敬司
   吉村康弘
   星 哲史
   加藤新竝
   名取一樹
   桜井達夫
   津田哲平
   杉山俊哉
Powered by FC2. / RSS / .