Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
17-18 Legal League 第5節 VS vs Young Guns@Kowloon Tsai Paek P2 10/14(Sat) 曇り 25℃
2017年10月15日 (日) 20:05 | 編集
第5節

Image_5節いとまん

国慶節を経て、3週間ぶりのリーグ戦、今日はイトマンのラストマッチ。
約半年の短期駐在。リーグ戦にはあまり参加できなかったけれど、
繊細なボールタッチと豪快な胸毛を併せ持つナイスガイ。
香港を離れてしまうのは残念だけれど、「Once Green, Forever Green」、
是非東京シューターズにも参加して、またサッカーしましょう。
試合後の挨拶がイトマン同様言葉にならず、涙で終わった前々主将をはじめとする仲間達が歓迎してくれるでしょう。それにしても飛んだね(笑)、胴上げ。

以下試合経過。
前半
"3 自陣右サイドで3本パスを繋がれミドルシュート、梶くん弾きCK
"4 CK、一度競り勝つも、ペナあたりでフリーの相手にミドルシュートを打たれ失点。0-1
"23 ハーフ付近ボール奪取からショートカウンター。青ちゃん抜けていいトラップもオフサイド
"30 自陣ゴール前混戦からゴールを奪われるもハンドのアピールが通り、ノーゴール。
"37 ハーフ付近ボール奪取から西井くんミドルシュート、惜しくもポスト。

前半は両チームともKick & Rushの場面はほとんどなく、繋ぐサッカー。中盤で潰しあい、シュート数、決定機ともに少ない展開。1点差にめげる雰囲気はなく、逆転へ向け後半へ。

''45-47 トーレスが果敢に前に突っかけファールを貰いFK。
    FKのこぼれがCKとなり、3本続けてCK。高橋くんのCKが素晴らしく、
    得点の匂いがするも相手DFに拒まれる。
"49 相手エース30番が後半から本職トップに入っていたが、本領発揮。
    自陣左サイドをぶち抜かれクロス、ダイレクトシュートはバーに救われる。
''50 ハーフ付近ボール奪取、こばはん遠目から得意の右アウトミドル、惜しくも枠外。
''53-59 ミドル2本、サイドからのクロスにダイレクトシュートがポスト。防戦一方。
''60 ペナちょい外直接FKを沈められる。0-2。
"69 相手エース30番シュート、枠外
"71 相手エース30番シュート、枠外
"74 相手ミドル、枠外
"75 相手スルーパスからGK1対1となり失点 0-3
"76 DJのボールキープから中盤を経由してまっちゃんダイレクトシュート、
    惜しくもポストをかすめる
"79 中盤ボールロストからショートカウンター、ほぼGK1対1で失点 0-4

後半は終始相手ペース。要因としては筆者としては以下の印象。
#30番が後半からトップに入り、キープ力が活きた
# 相手はシュートもしくはゴールラインを割って攻撃が終わり、SFCがカウンターできなかった
# 相手はボールロストからのプレスが全体的に早く、SFCが奪った後にいい形でポゼッションできなかった。

今後へ向けて、下記提言をしたいと思います。

「未来のプレーの判断材料になる指示の声をもっと、過去のことは試合後に反省会を」
 
周りのポジションの仲間に「カバー後ろにいるから前でチャレンジしてね」、「ともかく遅らせて~」、「こっちパスコースあるよ」等のこれからするプレーの判断材料になる声をもっと出していくことで、よりチームとして一体感のある守備、攻撃ができていくのではないでしょうか。

サッカーはある種「判断を楽しむスポーツ」だそうです。判断のために「観ておく、観る」ことが大事ですが、「周りからの声」はなかなか難しい「観ておく、観る」ことを大いに助けます。仲間がよい判断をして楽しくサッカーが出来るよう、周りの声で支援できるといいですね。

一方、なんらかヘボいことをやらかした結果については、ハーフタイムや試合後に「あの場面はああすべき」という反省会をして、次回同様の場面で繰り返さないよう努力する、というのがいいと思います。試合中に「ヘボ!」って過去の判断、もしくは技術のこと言っても次のプレーがよくなるわけじゃないですものね。

まだまだシーズンはこれから。巻き返しましょう!

文責:西田

※以下、試合後と送別会後の胴上げの様子です。

Image_胴上げイトマン1

Image_胴上げイトマン2

Image_胴上げイトマン3

Image_胴上げイトマン4

Image_送別会イトマン1

Image_送別会イトマン2

Image_送別会イトマン3

Image_送別会イトマン4

Image_送別会イトマン5

Image_送別会イトマン6
スポンサーサイト
17-18 Legal League 第4節 VS SAMURAI BLUE @Happy Valley No2 9/23(Sat) 晴れ 30℃
2017年10月15日 (日) 19:37 | 編集
メンバー(フォーメーション)
image4節
image4節

前節、今シーズン初勝利を納め、その波に乗って今節も勝利を目指した、Shooters。
前シーズンとは異なり連勝を続けているSAMURAI。(弱小チームとは思えない)
シーズン前の練習試合では勝利を納めた相手だが、助っ人が多く実力が未知数。
いつものKick Offより遅めのため、動きやすい気温。Shooters名物総力戦も更に活かせそう。

前半(0~20)
・相手チームのFW、トップ下、ボランチの3人のポジションが流動的でCB、MFでのマークが
やや中途半端になりながらも、FW含め全体的に下がり気味でスタート。
ピッチが狭くプレッシャーが早く感じるも、繋ぐ意識を忘れずに展開。
・FirstシュートはSAMURAI。左サイドをえぐられ、シュートされるもGKマッスーのスーパーセーブ。
・Shootersも武田、カッキ―がシュートするも枠外。
・SAMURAIの波状攻撃を何度か受けるも、チーム全員守備で凌ぎ、前半半分終了。

Shooters名物一斉交代

前半(20~40)
・今節から新規加入の稲田さんが右CBへ。軽やかなボールタッチ。今後期待大!
・一斉交代早々にSAMURAI10番がドリブル侵入からのシュート。CKを奪われる。
タッチが細かく嫌な存在。(著者も見習いたい)
・右CKからダイレクトボレー。。。。SAMURAI先制(0-1)
・先制されるもShootersも諦めずに反撃!
・モトさんがロングフィードから抜け出し、シュートするもGKキャッチ。
・この後もスルーパスからまたまた抜け出したモトさん。シュートは惜しくも枠外。(モトさんに得点の予感)
・前半終了間際にもまた×3モトさん!松本さんがドリブル突破からクロスに合わせようとするもシュートならず。

前半終了。

後半(40~60)
・後半開始早々に相手カウンターを受け失点。(0-2)
・ShootersもCKのチャンス。武田の早いボールも金谷に合わず。
・以降やや防戦気味に試合が展開となるもDFライン、GKが踏ん張も、ミドルシュートを打たれ失点。(0-3)
・ややゴールから遠い位置でFKを獲得。キッカーはレジェンドカッキ―。ボールはゴールへ!!(1-3)

Shooters名物一斉交代(モトさんに期待!!)

後半(60-80)
・高橋さんが前線から激しくプレス。
・SAMURAIもスタミナやや切れとなり、Shootersの流れに。
・松本さんが中央でボールをキープからのミドルシュート!!ボールはネットを揺らした!(2-3)
 (試合後松本さんコメントで、高めに弱いGKだと思ったので、迷いなく打ったとエースらしいコメント。今後やはりこのエースに期待大)
・この勢いで同点、勝ち越しを狙うShooters。SAMURAIも10番を中心に持ちこたえ、試合終了(2-3)。

総括
3点先制されるも、それ以上の失点を許さず、2点を取り返したことは評価。
まだまだ、チームで点を取れる予感は薄く、個人能力に頼りがち。
経験値が異なるサッカー好きが集まっているのがShooters。どんな時でも楽しく(時にはぶつかり)、勝つサッカーを!
2週間のインターバルです。個々の止める、蹴る、走るの能力を上げ、次節勝利を!!

文責:武田
Powered by FC2. / RSS / .