FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
18-19 Legal League 15節 VS HK Vikings@ Happy Valley2 2019.1.26
2019年01月31日 (木) 21:17 | 編集
20190126


この日は久々のハッピーバレー#2の狭いコートで、今季リーグ前半戦最終戦。
今まで1勝しかできていないが、去年首位だったこの相手に1-0で勝利してから調子を取り戻したシューターズだけにぜひとも勝って今年も弾みをつけていきたいところ。
また、筆者も過去2年レポのときにゴールを決めているのでそのジンクスにのりたいところだ。

前半は1分に木場さんのシュートから始まり、9分には武田さん→木場さんのつなぎが惜しくもオフサイになるなど形は少しずつ作れていた。
相手の攻撃はほぼほぼ上手く抑えていたのだが、14分に相手のコーナーがこぼれたところをとられ左サイドからニアに低いシュートを上手く決められて失点。
シューターズも負けじと攻め、22分には木場さんのキックフェイトからシュートがブロックされコーナーキックに。そのコーナーキックは大外に流れたところを原さんが折り返しシュートもブロックされる。25分には今日初参加の今泉さんがシュートを打つも右に流れて外れてしまう。
そこから流れが相手に傾く。27分の相手のミドルは枠外。32分にルーズボールから相手に飛び出されるもトッティさんが飛び出しPA近くでファールで相手を止めイエローをもらうも、FKで済みこれも無事クリアして逃れる。しかし34分にはスローインのクリアボールをダイレクトのゴラッソで決められ2-0に。
最後は左サイドの順平さんから倉前さんに良いパスが出るものの最後のところで防がれゴールならず、そのまま前半終了に。

2点ならまだ追いつける、今日はまだ全員走れていると気合を入れ直し後半で逆転を狙うシューターズ。
開始早々にコーナーキックをゲットし、キッカー武田さん。ニアにいいボールが入り、筆者上原が合わせるもゴールキーパー正面に。どフリーだったし、他にチャンスも作れなかったのでここは決めたかった。。。
反対に6分、シューターズDFの裏に出されたボールからそのままキーパーと1対1にされ、冷静に決められ0-3とされてしまう。
ここからさらに立て続けに攻められるが、FKからのシュートやミドルシュートをGKのトッティさんが次々と止め、流れはシューターズに!
19分にセンターサークル前でFKを得ると、武田さんのキックから順平さんのヘディングゴールで1-3に!
さらに25分、中野さんのセンタリングを金谷さんがキーパーの前で押し込み2-3に!
これはいけるぞと盛り上がったのだったが、相手の1本のロングキックからFWに抜け出され冷静に決められ2-4に。。。
シューターズも最後まであきらめず、今泉さんが立て続けに2本シュートを打ったり、ヤスさんがCKのこぼれ球を打ったりするもゴールネットをゆらすことが出来ずそのまま終戦へ。。。

シューターズは1勝14敗の最下位でリーグ前半戦を終えることとなり、2月23日からの3部リーグに臨むこととなる。

結果的に2-4で負けてしまったが、久々の得点をとれていたこと、ここ数試合よりも最後までみんな走れていたのが個人的にはよかったと思う。
ただやはり攻めの形があまりできておらず、選手のその場の思い付きに頼った攻撃だったので、リーグ再開までに何とかチームとしての攻撃の形を作って、後半戦のリベンジを果たしたい。

文責:上原

試合結果:2-4
4得点
上原
2得点
西井
1得点 
カイト
間野
吉本
木場
垣崎
安部
中山
佐藤
金谷

アシストランキング

4アシスト 
武田
1アシスト
安部
小林
西井
中野
スポンサーサイト



18-19 Legal League 14節 VS MBFC@ Wu Shan Recreation Ground 2019.1.19
2019年01月24日 (木) 21:19 | 編集

20190119


前回の結果(0-6)を受けてアップ前のミーティングで新システム
4-1-2-3の導入について武田キャプテンから説明。
相手のサイドバックがボールを持った際には前線が詰めて自由にボールを出させない、サイドバックはセンターライン付近で相手のウィングを潰す、相手が右サイドから攻めている場合は左サイドバックは中に絞る、守備の際は3-4-3的に布陣を変える、等々の確認事項を全員で共有。
最後にシューターズは相手のゴールキックが少ない、要はシュートを打ち切れていない、結果、カウンターを食らう結果にも繋がっている。
もっとシュートを打って勝とう!とのゲキでミーティング終了。

今日の相手は12/8のカップ戦で対戦し1-2で惜敗したMBFC。
勝って雪辱を晴らしたい。

前半最初の5分は両チームともやや硬い雰囲気でボールが上手く繋がらず中盤での攻防が続く。7分に相手にFKを与えるが、難なくGK益山がナイスキャッチ。10分にも相手FKをGK益山が弾き返す。
11分にはシューターズのカウンターで木場がセンターライン付近からドリブルでシュートまで持ち込むもゴール左の枠外へ。
その後も中盤での攻防が続き、両チームともに効果的なシュートは打てない状況が続く中、35分に右サイドの裏にボールが入り大谷が詰めるもかわされセンターリングが入り、逆サイドの相手が中で競り勝ち1点を献上。
その後、シューターズの逆襲が始まり38分には間野がゴール左前からシュートを放つも枠上に。そして前半終了。
シューターズのシュートは5本と新システムでの効果は出ているだけに何とか後半に追いつきたいところ。

後半は青木、吉本、西田、小林のバック、安部、飯田、木場、間野の中盤、松本、上原の2トップでキックオフ。良い緊張感でスタートしたものの開始3分に中盤で相手にボールを奪われ、タテにボールが1本、デカいくせに速い25番に通ってしまい2失点目。早い時間に追加点を与えてしまったが早めに1点を返すべく順次、交代し走力をキープしつつ相手方に攻め入り、シュートを放つも得点は奪えず。25分には相手カウンターを再び食らい、3失点目。試合はそのまま0-3で終了となった。

試合後、新システムについてメンバーで意見交換。攻め方にバリュエーションが増えたとの好感触がある一方で中盤はポジショニングが難しくなってしまいお互いの距離感が掴めない等のやりにくさがあったとの意見も。この点は今後の改善点になりそう。また前線にボールを当ててもお互いの距離が遠くなっていると次の一手が出ない、攻撃の厚みが出ないという課題も上がった。
ゴール前ではなく、もっとセンターライン寄りで前線にボールを当ててから裏を狙う動きがあっても良い。前線の3人は流動的に動きながら攻め切ることを狙っていくことも必要、との意見もあった。

勝つために今までと同じことを止めて、新しい取り組みを始めた一試合目。
結果は残念ながら出なかったが、改善点を明確にしてそれを意識して取り組むことで次回の勝利を掴み取りたい。

文責:大谷

試合結果:0-3
4得点
上原
2得点
西井
1得点 
カイト
間野
吉本
木場
垣崎
安部
中山

アシストランキング

3アシスト 
武田
1アシスト
安部
小林
西井
18-19 Legal League 13節 VS Old Speekled@ Kwong Fuk Park 2019.1.12
2019年01月13日 (日) 09:00 | 編集
20190112.png


前半
五分五分の時間が続く

5分
右サイド阿部さんから良いセンターリング上げたにも、センターで合わせれず。

10分
相手クリアミスでショートチャンスも相手デフェンダーにはじかれる。

12分
コーナーキックは合わず得点ならず

0-1

後半
5分
センター内で相手に持ち込まれ、思わずファール
正面フリーキックから壁の頭上を越えて、キーパー反応できず。
0-2

10分
クリアを相手に拾われ、ゴール前相手FWに振り向きざまシュートでゴール
0-3

15分
ゴール前でのこぼれ球を相手がダイレクトミドルシュートでゴール。
0-4

24分
センターサークル辺りから、相手浮き球スルーパス、そのままエリア内まで持ち込まれ、シュートでゴール
0-5

28分
右サイド自陣ペナルティから阿部さん→前線上原さんへロングパス、ペナルティ内まで持ち込むもシュートはゴールを大きく外れる。

30分
右サイドから持ち込まれ、ボールを運ばれ中央FWにボール回されシュートでゴール。
0-6

総括

勝てない時期が続きチーム内でもよくない雰囲気が、、、
自分も含め、体力的な問題で、ボールを見てしまっていると思います。
改めて、フィールド内全員が、みんなを助ける気持ちで、走り切りましょう。

球際が弱く、簡単にボールロスしてしまってます。ボールロスすることで全員に負担をかけることにもなるので、球際は強くいきましょう。また、取られたら取り返す。

文責:小森

試合結果:0-6
4得点
上原
2得点
西井
1得点 
カイト
間野
吉本
木場
垣崎
安部
中山

アシストランキング

3アシスト 
武田
1アシスト
安部
小林
西井
18-19 Legal League 12節 VS BOCs@ Kowloon Tsai Paik P2 2019.1.5
2019年01月12日 (土) 08:53 | 編集

201901052.png


土曜日の18:30という家族持ちには非常に難しい時間の開催となったVS BOCs戦。
人海戦術を得意とするシューターズにも関わらず、人数が14人と戦前から厳しい試合展開が予想される。逆天王山という崖っぷちの2チームだがどのような試合展開になるのか。
松本特攻隊長のゴールに期待したい。

序盤はシューターズが押し気味に試合を進める。
ボールが倉前/松本のポジションでしっかりと収まることでいつもよりも余裕を持ってプレーしている。
松本が左に抜け出し、中の倉前に合わせるもジャストミートせず右にはずれる。
右サイドの安倍からの中への楔を倉前がまたも合わせるもDFに防がれコーナーキック。
サイドMFも果敢に前に出ることで相手を自由にさせずパスがつながるシューターズ。
ただし、パスミスを含む悪いボールの取られ方によって時折単発的なカウンターをくらうので注意。
マッスー不在の中、内野がゴールマウスを死守。
一進一退の攻防となるがお互いにその後は決定機を作れず前半終了

<前半総括>
フォワードにボールが収まるのであれば、それを追い越す動き、2人目/3人目の動き出しをしなければ相手を崩せない。またDF/MFからの安易なパスによるロストが目立つ。
困ったら大きくクリアで良い。シュート回数が少ないので積極的にシュートを打つ

後半開始
序盤から松本隊長が果敢にシュートを放つ。1分/7分と立て続けにシュートチャンスを迎えるもゴールの枠をとらえきれない。
武田/吉本もワンツー含め細かいパス交換からシュートまでいくもののキーパーの好セーブにも合いゴールがうまれない。
後半15分を過ぎるとシューターズの足が止まりだし、相手のペースに。
徐々にゴール前まで持ち込まれる展開が増えると、18分のコーナーキックにより失点。
その後反撃を目指すも足がとまったシューターズにゴール前まで運べる力は残っておらず、
そのまま試合終了。
0-1での敗戦。

<試合総括>
・前半のうちに先制点をあげるべき
・押されだすと全体のラインが下がりバランスが崩れる。
・ボールの取りどころを明確にしてどこで、誰が、どうボールを取るのか決める。

連敗が続く中ではあるが、何とかまずは1勝することで流れが変わると思う。
シューターズというチーム自体が勝ちたい、負けたくないという気持ちは非常に大事な事ではあるがそこに重点を置きすぎてしまって、最近サッカーを楽しみきれてないのではないかと思う。
いいプレーをしたら笑って、褒めて、楽しくサッカーをしていきましょう!

文責:大野

試合結果:0-1
4得点
上原
2得点
西井
1得点 
カイト
間野
吉本
木場
垣崎
安部
中山

アシストランキング

3アシスト 
武田
1アシスト
安部
小林
西井
Powered by FC2. / RSS / .