FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
19-20 Legal League 2節 VS Scottish Eagles @ Happy Valley #2 2019.9.7
2019年09月17日 (火) 22:06 | 編集
201909071

【前半】         【後半】
20190907022019090703

感情に任せたレポ。

流石にね、2戦連続大量失点して負けちゃうと、それはそれで濃密な、重~い空気が皆の上に圧し掛かるものです。開幕してまだ2戦目で、先は長いリーグ戦が控えているとなると尚更ね、どうなっちゃうのよ、俺たち?!って。
新しい幹部に新しいシステム、昨季終盤からは新しいチームメイトも増え、心機一転勝ちに勝ちまくるはずだったのが、今からシーズン終了後の順位や、得失点差が気になり始めるような有様は、誰も予想していなかったよね。
でも俺から見たら、1戦目も2戦目も、結果が伴わなかったにせよ、内容はずっと良くなったと思っている。これだけ大量失点しているのだから、当然ミスが無かったなんて100%言えない。ポジショニング、パスのズレ、プレッシャーを掛けるタイミング、相手の長所を殺す策、そういった事のズレが少しずつ積み重なって、こういう結果になっているのは間違いない。しかしこれらは、全て修正可能だ!
自分としては、外から見ている時でも、中でプレイしている時でも、今年やっているサッカーは面白いと思っている。色々な意見が当然あって、ボールを繋げ過ぎとか、前線への大きな縦パスが少ないとか、戦術的な部分で、それぞれのポジションで自分を活かすために、こうあって欲しいと思う攻め方、守り方はあって然るべきだ。
ただし自分の見立てでは、4割はゲームを支配している、パスも繋がっている、俺みたいにバイブスのあるドリブルで3人抜きとかもしている(笑)、シュートにも持ち込めている、そして実際に得点も取っている。そういうのってちゃんとサッカーしている証拠だから、面白い。昨季は得点も中々取れなかったから、これまでの得点差は別として、一つ階段は上がったかな、と感じている。
思うに、パスやボールを扱う技術の面では、皆それなりに自信は持って表現できているんじゃないかな。他に求められるのは、挑戦的で勇敢にプレイする心と、フィジカルで一回りも二回りも勝る相手に、本気で身体で当てにいく勇気さえあれば、結果は付いてくるはず!!という事で、シーズンは始まったばかり、顔を上げて、楽しくやって行こうぜ!!

さて、以下はレポ簡潔に。。。。

<前半>
2min / 相手CK、一度ははじき返すも、2nd ボールを頭で繋げられ、ゴール手前でGKと一対一で競い負け、頭でシュート入れられる。
3min / 相手ゴール手前、3本のお洒落パスを通して最後は上様。大事な場面でふかして(笑)NO GOAL。
6min / 相手ゴール右手前からのSFCのシュートは枠を捉えず。
10min / 相手側、HALFWAY LINEからのロングパス、青と競った相手方FWがペナルティーエリア内で倒れてPK。クロスバーに当たるもボールは一度ラインを超えて得点。2対0
12min / 右サイドから繋いで最後は上様シュート、がこれも枠を捉えず。
18min / 自陣右サイドから侵入した相手ウイング、左にサイドのフリーにショートパスが通りGK1対1でシュート打たれる。左隅に突き刺さりゴール。3対0。
26min / 中央からのロングフィードがDFと相手方FWの間に落ちる。GKが詰めるがキャッチ寸前でチップで入れらる。4対0
39min / 西田さんからの縦パスが倉さんへ、倉さんが落としたところを慎太郎がシュート。しかしボールはGK正面へ。
40min / またCKのチャンス。金谷が頭で合わせるも、ボールは枠を捉えず、右にそれる。

<後半>
1min / 原さん左から駆け抜け、クロスを上げるも中山には届かず。
4min / 倉さん相手DFとGKのクリアミスから、こぼれたボールを冷静にゴールに沈める。4対1。
5min / 洋平の縦パスは中山につながり、そこから逆サイドの安部に預けるも、安部のクロスは的に当たらず。
8min / 安部の縦の抜け出しからCKを得る。またも金谷が合わせるもヘッドは外れる、その2ndボールを安部がシュートを打つも、大きく外れる。
10min / 相手右サイドから中央に切り込み、ミドルシュートを放つ。綺麗に左隅に突き刺さり。5対1。
16min / ゴールキックから前線に流れたボールを倉さん合わせるも、シュートは外れる。
20min / 相手ロングボールの処理を誤り、フリーにしてしまい、シュートを打たれる。ど真ん中に突き刺さりゴール。6対1。
25min / 後ろで回しているところ、相手FWに詰められてミス誘発される。そのままボールをゴール正面まで持って行かれてシュート。7対1。
30min / 自陣ペナルティエリア手前でパス交換される。シューDFを背負いながらも、振り向き様の一発がゴールに突き刺さる。8対1。
35min / 相手陣内、スローインから繋いでカットインを試み、慎太郎シュートを放つも枠外。
40min / 試合終了。。。。

文責:杉本

試合結果:1-9
1得点
松本
武田
倉前
スポンサーサイト



Powered by FC2. / RSS / .