Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2010 HKJ2節 vs Bulls 2010.8.22 @Happy Valley
2010年08月26日 (木) 18:14 | 編集
               林 進平
              (小泉 創)

        斎藤 大   千葉朋広   クワン
       (竹内将之)        (岩井充彦)

            井川洋一  橋本 譲
           (原 仁志)

      益山秀人  入江紀行  西尾拓朗  パン
     (金子 学)(福田康正)      (内野航平)

                ヒン 


久々の公式戦となったHKJ第2節のBulls戦。第1節のパウリスタ戦を落としているだけに(1-2の敗戦)、どうしても勝利が必要な試合だった。

前日深夜の雨による最悪のピッチコンディションで、キックオフの笛が鳴る。すると開始数分後に、Shootersがあっさりと先制。右サイドをドリブルで駆け上がった千葉からの折り返しに林が合わせ、GKがつかみ損ねたところに斎藤が詰めた。公式戦初得点を挙げた斎藤は、得意のドリブル突破など、随所に光るプレーを見せ、チーム内での存在感も日に日に増している。今季のキーマンの一人となるだろう。

対するBullsは左サイドの43番を中心に攻め立てるも、Shootersは鉄人西尾を中心とした安定感ある守りで対応。久々に戦列復帰した入江や、その後に投入された福田による安定した最終ラインは、新シーズンもShootersの堅守を支えてくれるに違いない。

その後、ハンドによるPKを決められ同点とされるも、1トップの林が立て続けにネットを揺らす。こぼれ球に詰めて勝ち越し点を奪い、千葉からの絶妙なスルーパスに抜け出して冷静にシュートを沈め、リードを2点に広げた。数日前に、来季の背番号9を与えられた新たなエース候補は、シュート技術にも磨きをかけ、前線のメインキャスト争いに名乗りを上げた。

容赦なく照り続ける強烈な陽射しは、選手たちのスタミナを奪っていき、後半は若い選手をそろえたBullsにペースを握られる。終了10分前に1点を返され、さらにバーをたたくシュートに肝を冷やしたが、西尾を中心にその1点を守りきり、3-2で勝利。数ヶ月ぶりの公式戦にも、最高の結果を手にした。

新戦力も定着しつつある中、このゲームを決めた新エース候補の林の2得点がハイライトだろう。来たる新シーズンに向け好材料を得たshooters。この勢いでFFL初優勝を狙う。

<試合結果>
Shooters FC 3-2 Bulls
(斎藤 3分、林 18分 32分)

<今回のチェックポイント>
中盤でボールを落ち着かせるプレイヤーの重要性を痛感した試合展開。千葉、井川、原、酒井、奥村、小下らをどう生かすかが、新シーズンの行方を左右することになるだろう。

文/内野航一
コメント
この記事へのコメント
誤字脱字がない!!大変よく出来ました◎ しかし相変わらずシューはリードしててもゲームが終わるまで安心して見れないねぇ。。 ということで、日曜日のJリーガーズ戦が楽しみです!!
2010/08/26(木) 18:32 | URL | 副賞 #-[編集]
qpnzMPnatV
2011/07/26(火) 16:27 | URL | KazukoByrg #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .