Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2010-11 FFL第8節 vs CMS 2010.11.21 @CBSG
2010年11月24日 (水) 22:55 | 編集
           林 進平
        
    益山秀人   長井真吾   岩井充彦
  (41分 Kwan)       (25分 坂本桃太郎)

        原 仁志  廣森 智
            (41分 奥村 徹)

  近藤直樹  福田康正  酒井将之  Pan
   (41分 千葉朋広)(63分 入江紀行)(56分 金子 学)

            Hin


未勝利のまま迎えた第8節、相手は3位のCUHK。技術に優れた中盤が積極的に主導権を握る好チームで、昨季はShootersが1分け1敗と負け越している。この日も、勝利の前には高い壁が立ちはだかっていた。

だが、ふたを開けてみると、水色と白がピッチを染めた。

Shootersは前節までの問題点を修正し、シンプルなプレーでリズムをつかむ。そして、開始から10分も経たないうちに、原がエリア内の混戦からシュートを沈め、先制点を奪う。さらに、長井の2度のお膳立てから、岩井、益山が次々に決定機を迎えたが、どちらのシュートも相手GKに防がれてしまった。

一方、最終ラインは酒井を中心に統制の取れた守備でゴールを許さなかった。酒井の落ち着いたプレーと福田の熱い守りでピンチを防ぎ、近藤は得意の左足を用い展開役も担った。

前半を1点リードして終えると、後半からは奥村、Kwan、千葉らを投入。だが、前半からの勢いも次第に薄れ、徐々に相手のボールを追いかける展開となる。途中、奥村が顔を蹴られてピッチを離れる場面もあり、夜のCBSGには不穏な空気が漂い始めていた。

そして、残り時間も10分を切った頃、不可解なプレーが起こる。

GK Hinが相手と交錯しながらボールを弾く。「ラインを割っていた」とHinやDFは言ったが(筆者の位置からは見えなかった)、主審はプレーを続行させ、クロスからあっけなく同点ゴールを決められてしまった。多くの選手の集中力が途切れ、フッとテンションが緩んでしまうと、ピッチの中は時間が止まったように見えた。

反撃の時間はほとんど残されておらず、またしても勝利を逃したShooters。勝負運、ツキ、あるいは日頃の行い……、何が悪いか分からないけれど、つかみかけていた白星がこの日も手元からこぼれていった。

ただし、サッカーそのものは悪くない。内容でも優っていた前半に、希望を見いだすことは十分できる。不可解なジャッジに泣いたのも確かだ。

次の相手は、現在リーグで首位を独走中のHKK。第1クール(今季は3クール制)最後の試合で、首位チームを叩けば、一気に波に乗れるだろう。

ジャーマン上等、かかってきなさい。気持ちだけは絶対に負けず、集中力を切らすことなく、初白星をつかみたい。

文/黒崎 洋

<試合結果>
Shooters FC 1-1 CUHK
(8分 原)

<今節のポイント>
よく言われる“魔の時間帯”。前後半の開始後と終了前の5分、それに得失点後、それらの時間帯にはゴールが入りやすいとされるが、理由のひとつには集中力があるのかもしれない。味方同士で声をかけあい、集中力を高め、失点を防いでいきたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/11/26(金) 03:52 | | #[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .