Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2010-11 FFL Cup vs FD 2010.12.12 @HV
2010年12月15日 (水) 00:45 | 編集
        岩井充彦  林 進平
     (25分 齋藤 大)(36分 井川洋一)

  脇 信介              長井真悟
(25分 Kwan)             
        原 仁志  千葉朋広

  金子 学  酒井将之  福田康正  益山秀人
(55分 延寿寺)          (55分 内野航平)

             Hin


前節の敗戦をきっかけに団結を誓い、CUP戦の初戦に挑んだShootersは、試合前のミーティングで、以下の4つの約束事を確認した。

①守備時には4-4-1-1の基本陣形を崩さず、ハーフラインの少し前からプレスをかける。特にサイドハーフはしっかりと戻る。
②指示の声を徹底(マノン、ターン、フリー等、パスを出した後に周りの状況を知らせる)。励まし、盛り上げの声を常にかける。
③低い位置ではシンプルにプレーし、前線へのボールは相手の最終ラインの裏に蹴る。相手コーナー付近を目掛けて、それをFWと同サイドのサイドハーフが必ず追ってミスを誘う。
④最終ラインは勇気を持って押し上げて、中盤をコンパクトにする(バックラインが統率)。

そして、なによりも、
絶対に競る!(身体を張る)
声を出して元気に!(集中を切らさない為にも常に声を掛け合う)

その話し合いの甲斐もあってか、酒井、福田からのロングボールをシンプルにSMFが追いかける攻撃でリズムをつくる。林、岩井、脇、長井が前線から追い込み、前半序盤には今季初先発の脇が左サイドからグラウンダーのクロスを送る。岩井がスルーし、走り込んだ林がとらえるが、惜しくも枠の外へ流れてしまった。

その5分後、熱くなり始めたピッチでアクシデントが発生。脇が相手GKと激しく交錯し頭を強く打ち、ラインの外に運び出される。その後無事ピッチに戻ったが、数分後にはKwanと交代した。前半は概して全員でファイトし、大きな展開で主導権を握った。また、終了間際に与えたPKも、PKストッパー・Hinの威圧感もあり、ボールは枠の外へ転がっていった。

0-0で折り返したシューターズは、いいムードを保ったまま後半を迎えた。しかし、Hinのスーパーセーブなどで序盤こそ失点を回避していたものの、相手の2トップの崩しから先制を許すと、右サイドからの折り返しにヘディングを合わせられ、追加点も喫する。2点を追う終盤には、井川、Kwanの惜しいFKなど見せ場もあったが、最後までゴールは遠く、そのままタイムアップの笛が鳴った。

カップ戦はこれで敗退となってしまったが、次につながる収穫も得られた一戦だったはず。今後も約束事を決めて、チーム全体が同じ方向を向いていくべきだ。

リーグは一時ウィンター・ブレークへ入るが、年明け1試合目で良いスタートが切れるよう、それぞれに自己管理を怠らず備えたい。

<今節のポイント>
やはり後半の弱さを克服すべきだ。スタミナ、集中力を最後まで保ち続けたい。その一方で、酒井からの大きな展開からチャンスをつかんだり、バックラインでの不要なつなぎを減らした点など、ポジティブな面もあった。また、前半最大のチャンスは、千葉→金子→脇→岩井→林と、パスをつないで崩した。そして、後半の2トップにも大きな可能性を感じた。新しい年は、熾烈なポジション争いが待っているかもしれない。

文/内野 航
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .