FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2011-12 FFL第12節 vs Millenium 2012.2.19 @KTP #2
2012年02月21日 (火) 20:27 | 編集
2011-12 FFL第12節 vs Millenium (40分ハーフ)


       小泉 創  長井真悟
  (41分 倉田昌彦)
  (60分 林 進平)

 Kwan               岩井充彦
                 (22分 橋本 譲)

       内野航平  三竹美彦
    (26分 井川洋一)

 齋藤 大  豊田統士  福田康正  青柳隆浩
           (41分 武田誠司)
           
           Hin


今回は試合前からの不穏な動きに気づけなかった。なんと遂に、私、福田がレポを担当することになったのだ。文才のない小生にとっては何とも辛いところ。よって皆のような華麗なる文章は書けないので、心してあとを読むように。

【試合内容】
前半は、正直に言って非常に内容の悪い戦いに終始した。相手は最下位で、しかも人数が足りず10人でキックオフ。シューターズは前週の敗戦を受け、全員でアップを真剣に取り組むが、いかんせん朝が早い(異例の9時半キックオフ)。皆、なかなか身体が起きず、なんとなくだれた感も漂う。

開始早々から相手のペースに合わせてしまう試合展開が続く。相手が10人である分、いつもよりも変にボールが持てるためミスパスを連発する。見所は皆無に近く、なんとなくボールが周り、なんとなく攻撃するが、決定打はゼロ。守備面でも決定的な場面はなく、大きなミスもさほど無し。見るべきところはKwan、長井の飛び出し程度だった。

後半から、前夜の二日酔いが抜け切らぬ福田に代えて、ぴちぴちの新人、武田(彼もまた3月末で帰国らしい…)を投入する。また小泉を代えて、これまたぴちぴちの新人倉田が登場(深圳・野生王国から移籍)。そして、攻撃を活性化しようと齋藤を前線に上げ、倉田はSBに。

再開の笛が鳴ると、相手チームがShootersばりのロングキック攻撃に出て、DFから前線へ次々とボールを放り込んでくる。一方のSFCは、前半から一人気を吐いていたkwanがミドルシュートで相手ゴールを襲うが、なかなか得点に結びつかず。なんとなく、ずるずるいってしまいそうな、嫌な予感が漂う。
 
試合展開が変わったのは後半20分。少し疲れの見えた倉田に代え林を投入し、齋藤を左SBに、橋本を右SBに戻してから。すると橋本は、水を得た魚のように再三オーバーラップを仕掛け、攻撃を活性化する。21分には、インターセプトからセンタリング、22分には自らシュートと立て続けに相手陣内で躍動する。24分にはKwanのシュートのこぼれ球に林が飛び込んだが、惜しくも触れなかった。しかし、明らかに流れが良くなってきていると誰もが感じていた(?)後半28分、ついに均衡が破れた。

「アグが右サイドからシュートを蹴りたそうにしていた」と述懐する井川が、右サイドからのKwanのスローインに駆け寄り、簡単にワンタッチで戻す。すると25番は、得意の右45度からミドルシュートを放ち、ボールはGKの頭上を越えて、ネットを揺らした。ゴーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーール!!! 
(編集部注:飛び出ててビックリしました。さすがフクさん↑)

終盤には相手にゴール前でのFKを与えるなどしたが、全員の粘りでこの1点を守りきり、何とか勝ち点3を手に入れた。 

【総括】
残念ながらお世辞にも良い試合内容とは言えないが、とにかく勝利したということが大事だ。苦戦の原因は色々あろうが、やはり今までの勝ちパターンを再度認識する必要があると思う。気になった点は、DFはもってのほかだが、前線、中盤の選手で少しイージーなプレーが目立ったこと。ヒールキックの失敗、弱いバックパスなど、せっかくの攻撃の芽を摘み取ってしまう場面が多々見られた。

【今節のMVP】
今節のMVPは散々名前の出ているKwanでもハッシーでもなく、80分を通して安定した守備と走力を発揮した三竹さんを推したい。守備的MFも板についてきており、ピンチの芽を再三摘み取っていた。拍手!!!

文/福田康正


〈試合結果〉
Shooters FC 1-0 Millenium
(68分 Kwan)

〈今季成績〉
5位 勝点15 5勝2分4敗 17得点17失点

〈チーム内得点ランキング〉
1位 Kwan   6得点
2位 本町知貴 5得点
3位 長井真悟 4得点
4位 青柳隆浩 1得点
   川端勇介
   岩井充彦
   Hin
   原 仁志
   坂本桃太郎
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .