FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
SFC AWARDS 2011-2012 @京笹 2012.5.26
2012年06月19日 (火) 11:55 | 編集
2011-2012シーズンを終えて、今季の表彰者を発表する「SFC AWARDS 2011-12」が開催された。式典のスタート前から会場は大いに盛り上がり、我々のスポンサー「京笹」は貸切状態と化した。

リーグ最下位に終わった昨季を経て、斉藤前主将の提案した戦術の元、チームが一つになりリーグでは6位、そしてカップ戦では見事に優勝を果たしたSFC。リーグ戦の結果だけを見れば決して満足のいくものではないが、5勝6分5敗の成績は当初の目標である「1勝1敗1分」をクリアした成績でもある。そして、念願の初(?)タイトル。意外にも重厚なトロフィーを前に、選手たちの興奮が高まっていった。

FFL CUP優勝トロフィー
cup_20120619124901.jpg

そして、いよいよ「SFC AWARDS」の各賞の発表が執り行われた。まずは事前の投票とは関係なく、シーズンの数字だけで決まる「得点王」。6得点のアグアンことKwanの名前が呼ばれた。

-SFC得点王-
順位 選手名  得点数
1位 Kwan   6
2位 本町    5
3位 長井    4
4位 木村    2
   青柳    2

P1010814.jpg

「みんなありがとう!」と日本語で喜びを表したKwan。彼の得点力なくして、今季のSFCの躍進はなかっただろう。

さてここからは、事前の選手投票による部門賞へ。まずはポジション別の最優秀選手が発表された。

-SFC最優秀FW-
順位 選手名 ポイント
1位 Kwan  39
2位 本町  32
3位 長井  10
4位 木村  8
5位 山下  4

ここでもKwanが最多得票を取ったため、賞品は2位のマッチこと本町に贈呈された。

macchi_20120619125157.jpg

「やっぱりFWは、後ろのみんながいてくれてこそ。みんなで乾杯しましょう!」と、チームメイトに感謝の意を表したマッチ。迫力ある突破と高い得点力にさらなる磨きをかけ、来季はトップを獲得してもらいたい。


-SFC最優秀MF-
順位 選手名 ポイント
1位 井川  38
2位 青柳  28
3位 坂本  13
4位 加藤  8
5位 二宮  6

トップは「SFC AWARDS」の実行委員長兼司会の井川となり、会場はやいのやいのとヤジが飛ぶ。

yoichi_20120619125211.jpg
aoyagi_20120619125013.jpg
momo nino

「あざっす!」と簡潔にまとめ、次に進める司会者よう。試合やイベント、ブログなど、彼のチームに対する貢献の大きさは、あえてここに記すまでもないだろう。

-SFC最優秀DF/GK-
順位 選手名 ポイント
1位 三竹  37
2位 Hin   24
3位 豊田  15
4位 東園  8
5位 脇   5

ボランチとCBで獅子奮迅の活躍を披露した三竹が1位に輝いた。

mitakky_20120619125156.jpg
Hin_20120619125012.jpg

「いや、あの、なんも言えねー!」と水泳の金メダリストと同じセリフを口にした三竹。来季の去就はまだ未定だが、誰もが彼の残留を心から願っている。

次は今季最も印象に残ったゴールを決める、SFCプシュカシュ賞が明らかにされた。

-プシュカシュ賞-
順位 選手名(試合) ポイント
1位 原(FFL10)   15
2位 小泉(FFL16)  13
3位 青柳(FFL3)   9
4位 岩井(FFLC1)  8
5位 本町(FFL8/FK) 6

原のクラウツ戦の見事なボレーシュートが選ばれた。

Iwai.jpg


ただし、この日は原が欠席だったため、「裏7」を受賞した岩井が代わりに喜びのコメントを発した。「たった1点で、裏をもらいました! 次は2点を取って、表をもらいたいと思います! アシストしてくれたニノにも感謝しています!」と面積の広いお腹を出しながら、まっとうなセリフを吐いた。「マラドー、マラドー」の喝采に応えるように、岩井は二度三度と杯を煽っていった。

次は、今季のマッチレポートで最も優れた作品を選ぶ「SFCピュリッツァー賞」。

-SFCピュリッツァー賞-
順位 記者名(試合) ポイント
1位 加藤(FFL17)  31
2位 本町(FFL5)   28
3位 脇(FFL8)    9
4位 豊田(FFLC SF) 4
5位 倉田(HKJ1)   3

大方の予想通り、「家政夫のカトウ」と、主将の愚行を見事にいじくり回したマッチのデッドヒートとなり、わずかに3ポイント差で、加藤が受賞した。

Waki.jpg

ただし、加藤も欠席だったため、「裏7」の脇がいつもの微笑みを浮かべながら、受賞の喜びを語った。「みなさん、ありがとうございます。2次会も来てくれるかな!?」と、賞とはまったく関係ないコメントを残し、早くも心は次の戦地へと向かっていた。

そしてそして、大トリは今季の最優秀選手を決める、「SFCバロンドール」だ。

-SFCバロンドール-
順位 選手名 ポイント
1位 Kwan  35
2位 本町  20
3位 三竹  13
4位 豊田  6
5位 井川  5

この栄冠は、ダントツでKwanが受賞した。「最初はシューターズ、たしかに弱いチームだった。でも、みんなで頑張りました」と日本語で話すと、仲間からは大きな拍手と喝采が起こった。6月末から一年間、オーストラリアにレンタル移籍するKwan。さらに成長した姿で戻ってきてくれることを、楽しみにしたい。


toyo jo
P1010817.jpg
P1010823.jpg


飲んだらややこしいムードメーカーHassy、二次会番長に定着した脇、レク隊長から「天皇」にまで上り詰めた小泉、仕切り上手の川端、Hassy世話役に就任した倉田、秘密兵器・大滝、the 変態・益山、タオルが似合う二宮など、全員がキャラの立ったSFCの宴は深夜まで続いた。

all_20120619125014.jpg
P1010839.jpg


全選手、シーズンお疲れ様でした!

文 / 内野航平
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .