Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2012-13 Legal League 第4節 vs Hong Kong Krauts 2012.9.22 @Ma On Shan
2012年09月25日 (火) 22:33 | 編集
Kick Off: 16:30 (35分ハーフ)
天候:晴

〈布陣〉
        小泉 創
       (本町知貴)

青柳隆弘     石黒敬司     岩井充彦
       (山下 猛)   (坂本桃太郎)

     吉岡賢俊    東園 剛
    (井川洋一)

渕脇 穣  橋本 譲  田口聖教  倉田昌彦
(Pan) (大瀧 準)

        本町知貴
        (Hin)


〈レポート〉
前節の無失点での初勝利から1週間、シューターズはこの良い流れを試合に生かすことができるのか? 1勝2敗で迎えたLegal League第4節の相手は、長年のライバルであるHong Kong Krauts。このドイツ人チームは、シューターズと共に、昨季終了後にFootball For Life League(FFL)を脱退し、Legal Leagueに籍を移してきた。彼らは一昨季のFFLを制している強豪だが、今季開幕前のプレシーズンの親善試合では、SFCが井川とPanのゴールで2-1の勝利を収めている。両選手とも揃ったこの日、SFCは勝利を現実的な目標に据えていた。

さらに、本町の元チームメイトで、一緒に草サッカー日本一になったチームで主将を務めていたヨシオこと吉岡も助っ人として参戦! 吉岡と本町のコンビネーションが炸裂するのか!? 先週同様に相手に先制されないことが勝利への鍵になるだろう。

立ち上がりはクラウツが主導権を握る。体格を生かしてセカンドボールを拾うと、左サイドから一気にゴール前へ攻め込み、開始1分で相手FWからシュートを浴びるが本町のセーブでことなきを得る。

5分には、山下が相手ファウルを受け、FKを得る。これを東園が狙うが得点には繋がらなかった。逆にその4分後には、またもや相手に左サイドをえぐられて危ない場面を作られ、センタリグを上げられるが本町が安定したセーブを見せる。

シューターズはなかなかチャンスが作れず、攻め込まれる場面が続く。そして15分、DFからゴールキーパーへの不用意なバックパスを相手FWに奪われ、GKとの1対1をきっちりと決められ、先制を許してしまう。

しかし、その後はシューターズも反撃に転じると、ペナルティーエリア外の中央付近から吉岡がシュートを放つも、枠をとらえられなかった。すると今度は自陣で相手にフリーキックを与え、守備陣が体勢を整える前にボールを入れられ、長身の相手選手がフリーのヘッドを合わせてスコアは0-2に。

前半は二つの避けられた失点を重ね、2点のビハインドという苦しい状況でハーフタイムへ。いま一度、全員で約束事を確認し、気を引き締めて後半に臨んだ。

後半の立ち上がりもクラウツの怒涛の攻めを受け、3分、4分とシュートを浴び、危ない場面を迎えた。しかしここからシューターズも見せ場を作る。東園のシュートで反撃の狼煙を上げると、後半からボランチに入った井川が、中央から左サイドへ大きく展開。井川と入れ替わる形で左ウイングを任された吉岡が、これをきれいにトラップし、ドリブルで持ち込んでクロスを上げる。そこにトップ下の石黒が詰めると、相手DFがたまらずハンド。そのPKを本町が落ち着いて決めて、1点差となる。

さらに追い上げるシューターズはその数分後、相手DFの不用意なバックパスを石黒がインターセプトする。GKに詰め寄られながらも、ボールは石黒の前にこぼれ、そのままボールをゴールに押し込んだ。加入後2試合目の新戦力が値千金の同点ゴールをゲット!!

スコアは2−2となり、試合を振り出しに戻したシューターズは、山下や大瀧らが身体を張ったディフェンスでフィジカルで優る相手に対抗する。複数のイエローカードが提示され、ピッチ上は激しく熱を帯びる。

ここから反撃に移りたいシューターズだったが、なかなかボールが繋がらず思うような形を作れない。逆に相手チームは細かいパスを繋いで、ゴール前まで簡単に運び、危ない場面が続く。その後も劣勢の状況が続き、中盤で奪われたボールをカウンターで一気に運ばれ、ついにゴールを割られてしまう。

その後、相手エリアの脇からFKを得て、井川の巻いたボールは渕脇のヘディングを引き出したが、惜しくもポストに嫌われてしまう。すると、その直後にダメ押しの4失点目を喫し、万事休す。奮闘も及ばず、2-4の敗戦に終わった。


〈総括〉
やはり、まずは前半に失点をしないことが重要だと思います。前半を0-0で折り返すために、DFはセーフティーファーストを心がけた方がいいでしょう。対戦相手は身体の大きい白人が多いので、競り合いに勝つのは難しいかもしれないが、球際でどれだけ激しくできるかというのが、その後のセカンドボールを拾うためのポイントになりそうです。次節はまず無失点を目標に頑張りましょう!

文/坂本桃太郎

〈試合結果〉
Shooters FC 2-4 Hong Kong Krauts
(42分 本町、55分 石黒)

〈今季成績〉
2012-13 Legal League Division 2
9位 勝ち点3 1勝3敗 得点4失点8 

http://www.legalleague.net/seasons.php


〈今季チーム内ランキング〉
【得点】
1位 大瀧 準  1ゴール
   松本桂一
   本町知貴
   石黒敬司

【アシスト】
1位 井川洋一  1アシスト
   東園 剛
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .