FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2013年春節企画:日本人4チーム合同練習試合 2013.2.9 @Kowloon Tsai Park #2
2013年02月13日 (水) 16:05 | 編集
Kick off:13:00
天候:晴

〈レポート〉
中国暦最大の祝祭日を控えた春節大晦日、人の流れが途切れることのないチムサーチョイもこの日だけは閑散とする。在留邦人においては連休を活用して帰省する者、旅行に出かける者、あるいは香港に残る者とさまざまである。そんな中、日本人4チーム合同での練習試合が開催。2月の風がやや肌寒く感じられる中、総勢約30名のサッカー好きが集った。

この日も最近の恒例になりつつある出身地東西対抗戦となり、「ウェスト」、「セントラル」、「イースト」の3チームが組まれ、25分×3本の総当り戦が行われた。以下、簡単にではあるがレポートする。


【第1試合】セントラル(白) 3-0 イースト(青)
関西出身者を中心としたセントラルが3ー0で快勝。幾度となく前線に鋭く切り込み2ゴールを決めた白のFW17番(岡島/ブルズ)の活躍が目立った。開始5分、やや前のめりとなっていたGKの背後を突いて右サイド遠目から直接ゴール。12分には左サイドを突破し、クロス気味のシュートが直接ネットを揺らして追加点に。17分にはハットトリックに迫ったが、DFに阻まれ、そのこぼれ球をSFCの岩井が押し込み、試合を決定付けた。

残り10分間はイーストが反撃に転じ、浮き球を頭で押し込むかと思われるシーンや、右コーナー付近からヒールでの股抜きという見せ場も作ったが、惜しくも得点ならず。最後はイーストの右CKが大きく逆サイドへ抜けてホイッスルが鳴った。ちなみに岩井はこの日、愛息のサッカー練習のため早退していったが、ピッチを去るその後ろ姿はワンチャンスを確実に決めた親父の威厳に満ちあふれていた。

【第2試合】ウェスト(緑) 3-0 セントラル(白)
九州出身者に神戸と姫路出身の選手を加えたウェストが、1試合目と同じスコアで勝利。セントラルは連戦の疲れからか、ブルズの関口と加藤を中盤に並べながらも、思うようにポゼッションができず、全体的に精彩を欠いた。開始4分、左サイドを突破した14番(高橋/J)のシュートをGKが弾き、9番(西牟田/J)が決めて緑が先制。その後もウェストの鮮やかなパスプレーが続く。左コーナー付近での意表をつくヒールパスに始まり、SFCの東園と井川のダブルボランチのパス交換から右サイドの黒木へ渡り、クロスを入れてゴールに迫った。そして16分には、中央での混戦をきっちりフォローした東園が左足のミドルシュートを決めた。

19分には西牟田がDFの背後にトラップをうまく転がし力技で突破、中につないで高橋が落ち着いて決めた。終了直前の25分には左中央からフワリと舞い降りた浮き球にSFCの右SB今井がボレーでミートするが、大きく上にそれて試合終了。「とてもそんな技術はありまへん……」と試合終了後に謙遜の弁を述べた。

【第3試合】イースト(青) 1-0 ウェスト(緑)
試合開始直前に到着した中村(J)が大阪出身にもかかわらず、人数の少ないイーストに入り、連戦のウェストを相手に25分を通じてイーストが主導権を掌握。15分、中村が中央左寄りからこの日一番の強烈なシュートを放ち、GKの頭上を破った。

直後の16分には千葉が中盤右サイドからゴール前に絶妙のクロスを送るが、走りこんだ中村には僅かに合わず。続いて17分、再び千葉が右サイドを突破して中を狙うが見方にはにつながらなかった。ウェストも終盤の21分、25分とシュートを放ったが決まらず、最後の5分はイーストの猛攻でゴール前が混戦となるが、ウェストが気合いで守りきり、得失点差で優勝を飾った。


結果は各チーム1勝1敗ながら、得失点差で1位ウェスト(+2)、2位セントラル(0)、3位イースト(ー2)に。一年ほど前から始まった東西対抗だが(今回で3度目)、西高東低の傾向は変わらず。いずれにしても、「楽しかった!」という声も多く、年末やシーズンオフの恒例行事として定着させていきたい。

今日も爽やかな一日でした!

文/ガクシ@坐骨修復に2ヶ月?!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .