Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2012-13 Legal League 第17節 vs BOCs 2013.3.9 @Happy Valley #6
2013年03月13日 (水) 17:58 | 編集
Kick off: 15:00
天候:晴
気温:24℃

〈布陣〉
         石黒敬司
        (千葉朋広)

   松本桂一  山下 猛  坂本桃太郎
  (井川洋一)(間野泰光)  (Kwan)

      原 仁志  加藤新竝
   
渕脇 穣  田口聖教  内野航平  二宮義和
                 (倉田昌彦)
           Hin

〈レポート〉
Happy Valley ──。いわずと知れた香港競馬のメッカのひとつだ。水曜・日曜の開催日は満員の観客の熱狂に包まれるが、晴天の土曜日の午後はのんびりした空気が流れている。競馬トラックの内周を利用したコースにはジョギングを楽しむ人々、フィールド内に設けられた複数のグラウンドでは社会人リーグのほか、学生サークル、キッズサッカースクール、と各々が汗を流している。人工芝のグリーンが鮮やかに映え、ビリオネアが住む高層マンション群の中にフッとあいた空のブルーとのコントラストがとても綺麗だ。

本日の相手はBOCs。香港人を主体としたチームだが、公用語は英語のようだ。ユニフォームはスパークリングオレンジ。

対する我々Shootersはブリリアントグリーン着用のため、この対比もいかにも華やかで、はた目にも気分の上がる対戦である。しかし、暑い。気温は24℃だが人工芝の照り返しを考えるとグランド上はゆうに30℃を超えていそうだ。この厳しいコンディションが、最後まで試合のカギを握ることになる。

開始直後、Shootersの動き出しは早い。早々の2分、左サイドの松本がえぐった後のクロスに2列目から走りこんだ山下がシュート。惜しくもミートせず得点にはならなかったが、チームの好感触を感じさせる。しかし──。

つかの間の5分。自陣ゴール左前の競り合いで内野が痛恨のハンドを犯し、相手にPKが与えられる。これを冷静に決められ、先制を許してしまう。

しかし、Shootersのモチベーションは高く、失点による変化はないようだ。DFラインを高くキープし、全体としてコンパクトに連動できている。原、加藤の両ボランチによるプレスも充分に効いており、相手の出鼻を抑えている。オフェンス陣は、CFの石黒がサイドに流れ、両サイドMFとのショートパスからの突破で何度となく敵陣深くまで切り崩す。制圧したサイドからのクロスボールに、山下らの2列目が飛び込む攻撃が効果的。10分、13分とチャンスが続き、さらに15分、左サイドで石黒とのワンツーで抜け出した松本が、シュート気味の速いクロスを供給。山下にドンピシャかと思われた瞬間、処理にあわてた相手DFの左足にあたり、ボールはゴールへ豪快に蹴り込まれる形となった。

これでスコアは振り出しに戻った。その後もShootersの攻勢は続く。コンパクトに保った中盤でパスは面白いようにまわり、井川、加藤と続けざまにミドルレンジからのシュートを放っていく。Shootersのプレッシングに、相手の攻撃は単調とならざるを得ず、何回かのFKによる攻撃はあったものの、終始SFCが主導権を握ったまま前半を終える。誰もが手応えを感じ、表情は明るい。

ただ、容赦のない日差しがチームの体力を奪っていた……。

後半は、1トップに千葉、トップ下に石黒、左MFにKwan、原をCBに下げて、井川をボランチに入れた。開始5分、井川 → 山下 → Kwan → 千葉と細かくつなぎ、長い距離を走り込んだ加藤がシュートを打つが、惜しくも外れる。その後も左サイドのKwanを起点にトップ下の松本、1トップの千葉らを中心に攻撃を続けるが、10分過ぎより徐々に選手たちの足が止まり始める。

ディフェンスとオフェンスの距離が開き中盤が埋まらなくなる。攻撃は単調になり、どちらの攻撃も迫力を欠いていく。15分、パスを受けた千葉が個人技でGKとの1対1をつくるも、シュートは惜しくも枠を外れた。その後は中盤の空いたスペースを相手に奪われ、徐々に形勢は相手へ。特に相手左サイドからの攻撃に手を焼く。Shootersもつかの間の休息をとったスターターを2回目、3回目の交代で投入し挽回をはかるも、流れを戻すにはいたらなかった。

25分、GKのHinがハイボール処理のせめぎ合いのなかで相手に痛打されるなど、試合も荒れてきた。そして、終了間際の34分、ハーフライン近くからのFKが絶妙のクロスとなり、強烈なヘディングを放たれながらも、Hinが左手本で間一髪のスーパーセーブを披露し、どうにか引き分けのまま試合終了を迎えた。

【試合を終えて】
後半途中までのようにプレスが効いてコンパクトな陣形を保てていれば、奪った後のパスもつながりやすくなり、個々の連動した動きが相手に脅威を与えていた。しかし課題としては、それが維持できなくなってくる後半の乗り切り方か。個々のスタミナとフィジカルの強化をいま一度促したい。

文/ヤス

〈試合結果〉
Shooters 1-1 BOCs
(15分 OG)

〈今季成績〉
2012-13 Legal League Division 2
10位 勝ち点15 4勝3分8敗 得点24失点29

http://www.legalleague.net/seasons.php


〈今季チーム内ランキング〉
【得点】
1位 松本晴人  7ゴール
2位 本町知貴  4ゴール
3位 松本桂一  3ゴール
4位 石黒敬司  2ゴール
   小泉 創  
3位 大瀧 準  1ゴール
   越智公大
   Ken
   吉村康弘
   Kwan
   Kwong
   木村幹也
   西井敏之
   千葉朋広

【アシスト】
1位 井川洋一  3アシスト
   関口貴之
3位 石黒敬司  2アシスト
   原 仁志
   Kwan    
4位 東園 剛  1アシスト
   松本晴人
   二宮義和
   小泉 創
   坂本桃太郎
   岩井充彦
   田口聖教
   本町知貴
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .