Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2012-13 Legal League Div.2 第19節 vs Team Shotgun 2013.4.13 @Kowloon Tsai Stadium
2013年04月19日 (金) 18:15 | 編集
天気:晴
Kick 0ff: 16:30(35分ハーフ)

〈布陣〉
       Kwan    石黒敬司
             (大瀧 準)

 Pon                 名取一樹
(間野泰光)            (中村岳士)

       井川洋一  橋本 譲
      (益山秀人)(原 仁志)

 渕脇 穣  内野航平  田口聖教  西井敏之
(倉田昌彦)(豊田統士)      (二宮義和)

            Hin

〈レポート〉
ここ数日間続いたぐずついた空模様が一転、この日は久々の快晴に! 天然芝のピッチは雨を吸ってスリッピーな状態だったが、優しい日差しの射す中、気温は25℃前後と絶好のサッカー日和となった。迎える相手は現在リーグ3位のTeam Shotgun。香港人チームながら侮るなかれ、安定感のある守備陣とスピードのある攻撃陣をもった好チームだ。調子を上げている我らとしては、ここらで上位を食い、勢いに乗りたいところ。この一戦には、純正Shootersメンバーの19人が集まり、キックオフの笛が鳴った。

開始早々の1、2分、相手の攻撃がオフサイドと思われたが、笛が鳴ることはなくFWにボールが渡る。だが、ここはGK Hinの好セーブにより、難なく逃れる。続いて、相手チーム中央より右サイドに展開され、相手FWのタッチミスによりボールはサイドラインを割る。でも何故か相手ボールとなり、早いリスタートからFWに右サイドを突破されクロスを上げられるも、キヨの正確なクリアによりピンチを難なく逃れる。

どうも今日の審判はハズれのようだ。立ち上がりから相次ぐ誤審疑惑にチーム内に嫌な空気が立ち込めた。

そんな雰囲気を打開したのは、我らがアグ。相手ペースで進んでいた前半8分、Hinの長いゴールキックから相手DFがクリアミスすると、ボールはアグの足元へ。視野の広さは広大なオージーで育んだのか、GKが飛び出していた所を見逃すわけもなく、小野伸二よろしく芸術ループはそのままゴールへと吸い込まれた。ゴール後の叫び声は、広東語だから分からなかったが、「マダ、得点王ネラッテルヨ!」、そんな風に聞こえた。

早い時間のリードに勢いづいたShootersは続く10分、渕脇のフリーキックにハッシーが反応、良い飛び出しだったが、惜しくもキーパーにボールを取られた。その後、一進一退の攻防が続き、疲労の影が見え始めたShootersは徐々に相手にペースを譲り、20分辺りに、立て続けに相手にCKを取られてピンチを迎えるも、全員で守りきった。

この流れを変えるべく、原、倉田を投入。ロングボールを多用し、サイドからの攻撃を試みるが、ぬかるんだ芝生のせいか、パスミスも散見され、逆に相手にサイドを突破されるシーンが目立ち始める。リードしているShootersだったが、主導権は相手に渡り、幾度となく決定的なピンチを迎えるも、全員の献身的な守備や相手のミスに助けられ、前半が終了した。

「相手はスピードも体力もあるが、守備陣はそれほど高いレベルではない。特にGKは穴だ、遠めでもシュートを打とう」。前半を終えて一同の見解は一致し、後半を迎えた。

後半開始早々SFCは次々にFKを獲得するが、追加点には至らず。その後、前がかりになった相手の裏を突き、相手陣内でフリーで持てるようになり、井川のミドルシュートなどで積極的に攻める。逆に相手は豊富な運動量を誇るウイングを多用し、幾度となく危ない場面を作られるが、Hinの好セーブによりピンチを逃れる。そして再び流れを変えようと、原、オ―タキ、ガクシを投入。すると、直後の20分に試合が動く。

SFCが左サイドの良い位置でFKを獲得、キッカーはアグ。申し分ない、そう筆者は思った。幾度となく不安定なプレーを見せていた相手GKは、今回もボールを弾くのが精いっぱいだろう。マークの薄い今なら、ボールに触れば得点も狙える、そんな風に筆者は企んでいた。

審判の笛が鳴り、アグが鋭いキックを蹴り込むと、ボールは壁を超えて直接GKの手前へ。

「落とせ!」願いを込めてペナルティーエリアに走りこむ筆者。

「ポロリ」、「オー! キタ!」ポロリ好きで有名な筆者にとっても、ピッチ上の「ポロリ」はまた格別だった! すかさず筆者は目の前のポールを右足でゴールに流し込む。これがダメ押しとなる2点目になったのだった!(編集部注:実はリードしていた場面だったので、アグがFKをセットした際に左サイドをするすると上がっていくJoに、主将は「下がっていて」と言いそうになっていたとか)

2点を追いかける相手は、焦りのせいか、ラフプレーやファウルが多くなる。審判の微妙な判定に不満を示し、口撃もしかけてくるが、大人のSFCは挑発に乗らず、やんわりとかわして見せた。そして、相手の終盤の猛攻をしのぎ、試合終了。完封勝利を収めたのだった。

ここだけの話、筆者は例のごとく後半25分頃から足がつっていたが、ピッチで勝利を噛み締めたかった為、踏ん張っていた。左サイドを破られて、失点しなくて本当によかった。

振り返れば、終始やや劣勢の展開だったが、少ないチャンスを生かし、全員で守りきった熱い試合だった。助っ人に頼らなかったのもこの試合の大きなポイントで、Shootersならではの戦い方のお手本の様な試合になった。

文/Jo

〈試合結果〉
Shooters 2-0 Team Shotgun
(Kwan 8分、渕脇 55分)

〈今季成績〉
2012-13 Legal League Division 2
10位 勝ち点18 5勝3分11敗 得点29失点36

http://www.legalleague.net/seasons.php

〈今季チーム内ランキング〉
【得点】
1位 松本晴人  8ゴール
2位 本町知貴  4ゴール
3位 松本桂一  3ゴール
4位 石黒敬司  2ゴール
   小泉 創  
   Kwan
7位 大瀧 準  1ゴール
   越智公大
   Ken
   吉村康弘
   Kwong
   木村幹也
   西井敏之
   千葉朋広
   坂本桃太郎
   川端勇介
   渕脇 穣

【アシスト】
1位 井川洋一  3アシスト
   関口貴之
3位 石黒敬司  2アシスト
   原 仁志
   Kwan  
   松本晴人  
7位 東園 剛  1アシスト
   二宮義和
   小泉 創
   坂本桃太郎
   岩井充彦
   田口聖教
   本町知貴
   名取一樹
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .