FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2013-14 Legal League Div. 2 第2節 vs TWF 2013.9.14 @Kowloon Tsai Park #2
2013年09月16日 (月) 19:59 | 編集
Kick off: 18:30
気温: 30℃
天候: 曇

〈布陣〉
       越智公大
      (間野泰光)

  Kwan   名取一樹   中村岳嗣
(川端勇介)(石黒敬司)(坂本桃太郎)

    井川洋一  三竹美彦
    (Ted)

Pong  齋藤 弘  内野航平  橋本 譲
(井頭英信)    (田口聖教)(倉田昌彦)
                (西田耕二)

       東園 剛

〈マッチレポート〉
これまで8年間にわたってシューターズを支えてきたHassyこと橋本にとって、最後の公式戦となるかもしれないTWFとの一戦。功労者を盛大に送り出すべく、総勢20名の選手たちが夕方のKowloon Tsai Parkに集結した。第1節を引き分けで終えたSFCは、前所属リーグ時代からの宿敵TWFを相手に勝ち点3獲得を狙った。

試合前にプレスの掛け方、ボールの取りどころを決めて、積極的なプレスを前提としたコンパクトな守備をする方針を全員で確認し、試合に臨む。

開始早々からそのプレスがハマり、前半中盤にはエース越智がドリブルで持ち込み、角度のない所から左足を一閃。ニアサイドを豪快に打ち抜く見事なゴールで、先制点を奪った。全体の動き方が決まり、さらに先手を取ったことから、SFCは完全に主導権を握る。引き続き果敢なプレスで相手を押し込むと、高い位置で井川がボールをカットして越智へパス。エリア付近でシュートを放つと、ボールは相手DFのハンドを誘った。このPKを越智自身が冷静に決めて、2-0と理想的な形で試合を折り返した。

後半も引き続き良い形で試合を進め、FWで出場した橋本が名取からの絶妙なスルーパスから決定機を迎えるなど、チャンスはつくりながらも追加点が決まらない。

すると足が止まりだした終盤にSBのボールロストから失点。この失点で完全に試合の流れが変わり、試合終了間際にはスローインから簡単に突破を許し、同点ゴールを献上。悪夢の様な後半の2失点で引き分けに持ち込まれ、試合はそのまま終了を迎えた。

前半は完全に支配していただけに、何とも後味の悪い試合となってしまった。後半に追加点が奪えなかったこと、2点のアドバンテージを活かせずリスキーなボール回しをしてしまったことなど、原因は多々ある。そして、後半終盤はチームとしてやるべき事があやふやになってしまった様にも感じる。

リードしている時は大きく蹴って相手陣内でサッカーをする様な試合運び、交代でDFの枚数を増やし逃げ切る様なしたたかさを身につけないと、1部昇格は見えてこない。

リードしているにも関わらず、バタバタとして終盤に失点を重ねて、勝利を逃すことが非常に多いSFCだが、あくまでリードしている時はセーフティーファーストを意識しなければならない。

とはいえ、順位表だけを見れば2試合を終えて勝ち点2の暫定5位と決して悪くはないので、各選手しっかりとこの教訓を活かし、今後の糧としたい。

最後にSFCに多大な貢献をしてきたHassyにチームを代表して、最大限の感謝の気持ちを伝えたい。

「本当に今まで有難う御座いました! そして、香港にまた戻って来て一緒にサッカー出来ることをチーム一同、期待しています! お疲れ様でした!」

文/内野航平

〈試合結果〉
Shooters FC 2-2 TWF
(越智 20分、 32分)

〈今季成績〉
2013-14 Legal League Division 2
5位 勝ち点2 0勝2分0敗 得点3失点3

http://www.legalleague.com.hk/seasons.php

〈今季チーム内ランキング〉
【得点】
1位 越智公大 3ゴール

【アシスト】
1位 Kwan   1アシスト
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .