Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2013-14 Legal League Div. 2 第9節 vs Corinthians 2013.11.30 @Sandy Bay
2013年12月03日 (火) 12:04 | 編集
Kickoff: 15:00
気温: 18度
天候: 晴

〈布陣〉
          松本晴人
         
   Pong     山下 猛    Kwan
  (川端勇介) (間野泰光)

       加藤新竝  益山秀人

 鈴木 周  齋藤 弘  倉田昌彦  西田耕二
           (今井雄一郎)

          井川洋一

〈レポート〉
11月30日15時、今季ここまで3位と奮闘しているShootersの面々がSandy Bayに集まった。天気は快晴ながら日差しは強くなく好条件だ。

相手のCorinthiansはここまで6位と中位に位置し、上位浮上へのモチベーションは十分で、欧米人を主体に要所に黒人を擁し、フィジカルは侮れない。一方、Shootersはデモや渋滞の影響を受けて遅刻者が続出するもの、開始5分前にはなんとか11人が揃い、キックオフを迎えた。

Corinthiansは早めに前線にボールを当てて、FWの個人技で切り崩しを図ってくる。パスワークやビルドアップに恐さはないものの、FWのフィジカルは強く、ポストプレーでは相手に軍配があがり、Shootersは押し込まれる時間が続きながらも、カバーリングで適切に対処する。

しかし前半12分、相手のロングボールがDFの裏へ出ると、CK付近からセンタリングを上げられる。ニアに走りこんだ相手FWに寄せた筆者(齋藤)がシュートブロックのポジションに入ると、相手FWが空振りに近いミスキック。これで微妙に軌道が変わったボールは筆者の左手にヒットすると、主審は迷わずこれに笛を鳴らしPKの判定が下される。

ゴールマウスには、前日に過労性の急性胃腸炎を煩い、フィールドでのプレーが不可能と判断してグローブをはめた井川が立っている。この急造GKは数えるほどのPKの経験を振り返り、どちらかに飛ぶ決断をしたが、相手の強烈なシュートは逆を襲い、ネットを豪快に揺らしたのだった。

先制したCorinthiansは、その後もFWのポストプレーを中心にペースを握る。我々SFCとしては守りの時間が続くが、前半終盤に差し掛かると、加藤、Kwan、Pong、松本のコンビネーションでようやくゴールに迫る機会が増えるも、ゴールには至らず、前半終了の笛が吹かれた。

「負ける相手ではない。しっかり自分達のサッカーをしよう」と臨んだ後半。リズムが出てきたShootersは自分達の時間が持てるようになり、サイド攻撃、中央を経由してのサイドチェンジなど、攻撃に幅が出てくる。

その矢先、ペナルティーエリアのやや外で相手にFKを与えると、シュート性のセンターリングを一度は跳ね返すも、ゴール前の混戦の中でこぼれ球を相手に押し込まれ、痛い追加点を許す。残り15分、時間はまだある。2点差にも諦めないSFCは、2点目が入ったことで気が緩んだ相手に、怒涛の攻撃を展開する。Kwanのパスを受けた松本が鋭いターンからシュートを放ち、さらにはKwanがGKをかわしてシュートを打つも相手DFのカバーに遭うなど、あと一歩のところでゴールネットを揺らせない。

そんな状況の中、体調不良で前半はゴールを守っていた男が動く。チームの劣勢に当初の判断を覆して、後半途中からピッチに立っていた井川だ。後半25分、相手陣内でプレスのこぼれ球を拾った背番号21は、迷うことなくペナルティーエリアの外から右足のミドルを放つ。ドライブ回転がかかったシュートにGKは一歩も動けず、ボールはゴール左隅に突き刺さる。

いける、キラーン(-_☆)! 胸のすくような一撃に、チームメイトの士気も一気に高まっていく。

反撃の狼煙を上げたSFCは、追加点を奪うべく攻勢を強める。しかし、最後の最後までゴールは遠く、無情にも1-2のままホイッスルを聞くこととなった。前半こそ守備の時間が長かったものの、流れの中では試合全体を通じて決定機を与えずにいただけに、PKとセットプレーでの失点は悔やまれる。

またしてもセットプレーからの失点で勝利を逃したShooters。一方で、相手の疲れもあったが、グラウンドを広く使い、積極的な姿勢から厚みのある攻撃ができたことは収穫であろう。あとはラストパスとフィニッシュの精度を高めるべきだ。

今後もその意識と攻めの形をイメージしてゲームを作ることができれば、チャンスをもっと多く作れることは間違いない。これで重要な4連戦のうち3試合の結果は1勝1分1敗。今週の金曜のカップ戦で調子を取り戻し、来週のリーグ戦をなんとしてもモノにして上位に留まりましょう!

文/齋藤 弘

〈試合結果〉
Shooters 1-2 Corinthians
(井川 60分)

〈今季成績〉
2013-14 Legal League Division 2
6位 勝ち点12 3勝3分3敗 得点18失点17

http://www.legalleague.com.hk/seasons.php

〈今季チーム内ランキング〉
【得点】
1位 越智公大  8ゴール
2位 井川洋一  3ゴール
3位 坂本桃太郎 2ゴール
   Kwan
5位 松本晴人  1ゴール
   間野泰光
   倉田昌彦
   齋藤 弘

【アシスト】
1位 Kwan    2アシスト
   越智公大
3位 松本晴人  1アシスト
   今井雄一郎
   Pong
   名取一樹
   井頭英信
   井川洋一
   石黒敬司
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .