Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2013-14 Legal League CL Group D vs Hong Kong Krauts 2014.2.15 @Kwong Fuk Park
2014年02月17日 (月) 13:21 | 編集
Kick off: 18:30
気温: 13℃
天候: 曇り

〈布陣〉
       石黒敬司  名取一樹
      (Kwan)  (間野泰光)

 加藤新竝  福士貴幸  井川洋一  西井敏之
(二宮義和)(山下 猛)      (小林佳樹)

 原 仁志  吉村康弘  吉泉光一  西田耕ニ
(倉田昌彦)(田口聖教)      (井頭英信)

            Hin

〈レポート〉
日本では関東甲信地方が記録的な大雪に見舞われ、首都圏を中心に交通機関が混乱に陥っている最中、ここ香港も灰色の空に覆われた日が続いている。この日も曇天の下、新界のピッチに総勢20名が滞りなく集合した。

相手は現在、1部で最下位に沈むHong Kong Krauts。試合前のミーティングでは、井川が宿敵に対する勝利と、2014年初白星を挙げるべく、全員に気合いを入れる。

開始早々4分、左サイドをパス交換で崩し、加藤から絶妙なクロスが上がる。これに右MFの西井がドンピシャのヘディングシュートを放ったが、ボールはバーを直撃し、こぼれ球も決めきれなかった。この非常に美しい一発でチームの雰囲気は上がり、互角に試合を進める。

しかしながら15分、カウンターから先制点を奪われる。相手中盤右サイドから中央にドリブルで突破され、1本のスルーパスからキーパーと1対1の場面を迎え、急遽駆けつけたGK Hinを正面から破った。ボールを奪ってから手数をかけずに最短スピードでゴールに迫ったKrautsの攻撃が見事だった。前半はその後、一進一退の展開のまま終了した。

ハーフタイムの追い上げムードも束の間、後半2分、9分と立て続けに失点してしまう。2点ともDFのクリア→ライン押し上げ→相手スルーパス→GKと1対1と、同様の展開だった。陣形をコンパクトにすることは全員の意識にあるが、常にクリアしたボールにプレスがかかっているわけではなく、状況に応じたラインの調整と自分のマークを意識しながら挙げるのが肝要ではないだろうか。

後半17分には相手左サイドから押し込まれた後、クリアがゴール前の相手FWに渡り失点。SFCにもKwanのクロスのこぼれからのシュート、名取の個人技に対する相手のファウルで得た直接FKなど、惜しいシーンはあったが、最後まで得点できず、0-4の大敗と悔しい結果に終わってしまった。

さて、ここからは悔しい試合の中から今後への光明を見出すべく、筆者が自ら撮影した後半のビデオをもとに、映像の分析を報告致します(電池切れで最後までもたず、後半開始から30分までですが)。

        SFC    Krauts
シュート数   4     9
ボール奪取#  6     12
クリア数    14     3
パス数     43     93
(#:中盤から相手ゴールまでのエリアでのボール奪取)

中盤より前でボール奪取できた6回の内、シュートに繋がったのが3回、惜しいクロス1回で、いづれも得点の匂いがするものでした。

1) 名取が相手DFへプレス、パスコースを限定、福士が相手ボランチの鼻先でカット。パス3本、10秒後にシュート
2) 田口がハーフライン前まで押し上げ、相手パスをカット。パス4本、10秒後にシュート(空振り、こぼれ球を名取が拾い、個人技でFK獲得)
3) 名取が相手ボランチを追いまわし、スライディングでカット。パス2本で10秒後にシュート
4) 間野が相手サイドバックにプレス、自らボール奪取し名取へクロス

なお、これらのシーンは後半17〜25分の間に起こっています。チームに浸透しつつあるプレスが“有機的に働く時間帯”にかぎれば、ある種の理想的なサッカーができています。

出来るだけ上記のようないい時間を長くするために、“クリアの数”に注目してみましょう。後半30分まで、SFCは明らかなクリアが14本、その内押し込まれていた後半10分までで10本のクリアです。一方のKrautsは3本、パス本数からもその差は歴然としています。

この試合では自陣深くから、吉村→山下→石黒と繋がり、もう少しでシュート、という場面もありました。やれば出来るはずで、クリアするか、繋げるか、この判断をもっと磨いていきましょう(筆者を筆頭に……)。それから繋ぐ意識、判断力と技術を補うための周りの声かけ、コーチングを是非個々実行していきましょう。

最近は敗戦が続いていますが、上記のとおり試合の中では光るプレイが随所に見られます。各々が課題に対しての意識を高め、自信を持って臨めばまだまだ巻き返せるはずです。チーム全員でサッカーを楽しんでいきましょう!

文/西田耕二

〈試合結果〉
Shooters FC 0-4 Hong Kong Krauts

〈今季成績〉
2013-14 Legal League / Champions League Group D
5位 勝ち点4 1勝1分3敗 得点8失点14

http://www.legalleague.com.hk/seasons.php

〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉
【得点】
1位 越智公大  10ゴール
2位 井川洋一  4ゴール
3位 坂本桃太郎 2ゴール
   Kwan
5位 松本晴人  1ゴール
   間野泰光
   倉田昌彦
   齋藤 弘
   山下 猛

【アシスト】
1位 Kwan    2アシスト
   越智公大
3位 松本晴人  1アシスト
   今井雄一郎
   Pong
   名取一樹
   井頭英信
   井川洋一
   石黒敬司
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .