FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-15 Legal League Div 2 第7節 vs SiHK 2014.10.25 @Ho Man Tin East #2
2014年10月28日 (火) 09:51 | 編集
Kick off: 15:00
気温: 25℃
湿度: 46%
天気: 晴れ

〈布陣〉
           津田哲平
          (井頭英信)
          (松下素之)

     杉山俊哉  名取一樹  小林佳樹
    (内野航平)(齋藤 弘)(二宮義和)
                (間野泰光)

        Javeed   井川洋一

  西田耕二  吉泉光一  星 哲史  吉村康弘
 (今井雄一郎)           (鈴木 周)

           益山秀人

〈レポート〉
──登場人物──
シテ:「キングスパークの鬼」こと、ヤス教官
ワキ:「今日は素敵な一日でしたか? 明日も素敵な一日を!」 我らが愛すべきキング、もといキャップ・カズ

※編集部注:シテとは能の曲の主役。ワキとは主役(進行役)の話し相手


テケテン、テケテン、テケテケテンテンテン……[開幕]

教官「いや~、今日の勝利は本当に気持ちよかったよね、カズ」
キャップ「ほんとですよ。俺、ほんとカッコ良かったと思いますもん、今日」
教官「こらこら、調子にのらないっ」
キャップ「は、はい……」
教官「なんてったって完封だったしネ。前半は攻めながらもなかなか得点につなげられなかったのが、正直ちょっと不安だったんだけど、後半の出だし、立て続けに2点ってのはいい展開だったよねぇ~」
キャップ「そのうち1点は俺~♪」
教官「いやさすが、今日のレポはピュリッツァー賞に輝くんだから、お前ら目立てよと、檄を飛ばした本人がきっちり活躍するとは。エライ!」
キャップ「得点ってのは、やっぱり流れを手にすることができますからねっ(嬉)」
教官「ところでテッペイ君に寄せる期待は、ますます大きくなってきたよねぇ。610事件(※著者注1)の衝撃から4カ月が過ぎようとしているけど、鮮烈のデビュー戦を観て、俺は確信してたよ。これはイケるってね」
キャップ「なんか酒のつまみみたいですね」
教官「そう、やっぱり俺のつまみはイカの……じゃない! でも得点チャンスをもたらした素地としてはさ、Pちゃんが試合後にコメントした通り、やはり強固な守備がチームを引き締めたんじゃないかな。僕の記憶が正しければ、敵のシュートは数えるほど。打たれてもしっかりと寄せていたから、枠には飛ばないものがほとんどだった」
キャップ「個人的にはコージとアマちゃんの両SBがJ Asiaを経て大きく飛躍したことと、星と光一さんのCBコンビが心強かった」
教官「そうっ、今日も星の指示の声はよく通ってたよね。外から見ていても、前線までしっかり聞こえていたよ。そのほかのメンバーも、各自闇練の成果が出てきたと思うんだ。チームワークもよくなっているしね」

キャップ「今日は前半から押してましたよね。立ち上がりにスギがシュートまで持っていった展開が2度ほどあって」
教官「そう、最初のチャンスは前半6分、ヨウイチの右CKをスギが受けて、テッペイとコバが絡んだ混戦の後、再びスギが受けてエリア内でシュート。残念ながら枠はそれちゃったけど、きちんとこぼれ球を拾ってシュートで終わった」
キャップ「その直前にも、左サイドでテッペイからの縦パスを受けて、スギがゴール右端を狙ったシュートがあって」
教官「そうそう。でも、前半のピンチは少なかったけど、ハーフタイム直前には一度ひやっとしたのがあったよね」
キャップ「そうでした! 敵の右CKをファーサイドで跳ね返したら右中盤の相手MFの正面に。再度、右奥にパスをつなげられ、シュートを打たせちゃって。角度がなかったから枠には飛ばなかったけど……」
教官「幸い相手FWに詰められず事無きを得たけれど、あそこを守りきったから、後半立ち上がりの流れにつながったともいえるよね」
キャップ「前半終了直前っていうのは鬼門というか、ほんとに大事な時間帯です(※編集部注:試合開始直後と終了間際、インターバルの前後は魔の時間帯と言われる)。気を引き締めないと」
教官「ちょっとハラハラした後だっただけに、後半立ち上がりの2得点は気持ちよかったね」
キャップ「よっ、アシスト!」
教官「うっこーが左サイドでシンプルに繋ぎ、P、カズときて、オレのところまで。そして右サイド前方で、個人技で突破! と見せかけて、左斜め後ろを走ってきたテッペイにパスを出したんだよね」
キャップ「テッペイはうまくミートしたよね。若干距離があったんと思うけど、ゴール左隅にきっちり収めた見事なシュートだったよ」
教官「なによりよかったのは、その後5分と経たないうちに、追加点を決めてくれた誰かさんじゃないの?」
キャップ「きゃい~ん♪」
教官「テッペイ君が左サイドからまたしてもシュートにいくのか?! という局面から、こぼれ球が君の足下へ。迷わず打って大正解」
キャップ「あざーす! 右隅に決めさせて頂きました!」

教官「あとさ、Pちゃんがシュートを放つと弾道が違うよねー」
キャップ「そうだね。あと、今日はトップ下の大事なエリアで(※編集部注:バイタルエリアと呼ばれる)、抜群のタメを披露してくれたよね。そこでボールが収まると周りは自信を持って攻撃に出られるから、本当に助かった。それから、今日は2点リードの局面で、ものすごく惜しい場面が2回あったけど、後半20分過ぎの左サイドからの展開なんて、俺、ワクワクしちゃって」
教官「ワックワック~させてよォ~、み・ん・な友達じゃないのぉ、他人行儀はヨっしてぇ♪(※著者注2)」
キャップ「きょ、きょぉかん。もう飲んでるんですか!?」
教官「わるいか」
キャップ「左サイドの中盤でボールを持ったヨウイチからのパスコースがつくれなくてさ、あーこりゃイカんーって思ったんだけど、井川テクニカルサービスの本領発揮でキープ。相手が出てくるのを待って、今井ちゃんにパス。そこから鋭い縦パスが入り、猛ダッシュしてきたPがゴール左を狙った強烈なシュート!」
教官「そこに君が駆け込んでいたのを、俺はちゃんと見てたよ」
キャップ「あれ、ホント悔しい! 決めたかったんだけどなぁ~。ホント、今夜の夢では決めますから、あれ」
教官「相手がバテていたのと、ヨウイチのキープ力に救われたけど、後半のあの時間帯でも集中力を切らさず、足を動かし続けてパスコースを作る意識は、いま一度徹底したいよね」
キャップ「その直後にもう一回あったんすよ、追加点の惜しいチャンスが」
教官「あれは敵陣内のスペースをうまく使えた例だったねぇ。右サイドの混戦からパスが落とされ、視野を確保していたヨウイチが完全にフリーになっていた左サイドのスギへ正確なフィード。この日2度目のフリーのチャンスを迎えたスギのシュートは枠を外れたけど、それをイギーさんがゴール右端に走り込んで押し込もうとしたよね」
キャップ「イギーさんって、今の体脂肪6%らしいすよ!」
教官「ミスターストイック!」
キャップ「あと、後半10分あたりでしたっけ、相手FKからの危険な場面ではマッスーのファインセーブに救われましたね~」
教官「先週の光一さんの活躍に、ちょっと刺激を受けちゃったところもあるんじゃないの?」
キャップ「いやいや、それこそ切磋琢磨ってやつじゃないですか!」

教官「さてさて、土曜日の快勝にうつつを抜かしている諸君!!! これからますます厳しい相手が続くのですよ!!!」
キャップ「明日も素敵な一日を!!!」
教官「……違うだろ、それ! ノリが違うだろ!」
キャップ「うぉぉぉ、今日は素敵でしたか、シューターズ!!!」
教官「水曜9時はキングスパークに集合だぁぁ~!!!」

その後、二人がどこへ向かったのかは定かではない。だが、もはやそれはどうでもいいことだ。肩を組み、夕陽に照らされた二人の後ろ姿はいつまでも輝いていたのだから──。

テケテン、テケテン、テケテンテンテンテンテンテンテンテン………[閉幕]


【以上の会話は、昨夜モンコックの夜市で仕入れた盗聴テープを、筆者の独断と偏見で書き起こしたものである。その内容の正確性、政治的中立性、ひいてはサッカー観の正統性につき、すべての責任は筆者にあるので、あしからず】

著者注1:2014年6月10日、昨シーズンの得点王、オチことFW越智公大がベトナム出張中にそのまま駐在となってしまったニュースが舞い込み、シューターズに激震が走った事件
著者注2:www.youtube.com/watch?v=jfMEFJbDI2s

文/ガクシ


〈試合結果〉
Shooters 2-0 SiHK
(津田 39分、名取 43分)

〈今季成績〉
2014-15 Legal League Division 2
4位 勝ち点9 3勝0分3敗 得点9失点5

http://www.legalleague.com.hk/seasons.php

〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉
【得点】
1位 津田哲平 3得点
2位 吉村康弘 2得点
   名取一樹
3位 新田 悠 1得点
   川端勇介

【アシスト】
1位 間野泰光 2アシスト
2位 西井敏之 1アシスト
   Kwan
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。