Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2014-15 Legal League第19節 vs TWF 2015.4.11 @Ma On Shan SD
2015年04月17日 (金) 13:40 | 編集
Kick off: 16:30
気温: 18℃
湿度: 99%
天気: 雨

〈布陣〉
          佐藤順平
         (松下素之)

    垣崎 靖  西井敏之  二宮義和
   (脇 信輔)      (間野康光)

       齋藤 弘  名取一樹
      (西井敏之)(原 仁志)

 鈴木 周  田口聖教  吉村康弘  西田耕二
(原 仁志)            (小林佳樹)

          吉泉光一

〈レポート〉
 今回の相手はいつも拮抗した結果が多く、内野副将も宿敵と称すTWF(4位)。前回の試合では相手が1人少ないながらも2失点を許し敗北を喫した。最近負けが込んでいるシューターズ(1月末の勝利を最後に目下5連敗中)は、今季の残りも5試合となっており、まずは上位陣に1勝して浮上のきっかけとしたいところだ。

 試合前、攻撃は垣崎を起点に左偏重で攻撃を組み立てること、守備はサイドハーフが相手SBの中を切り、相手MFに入ったところをDFが激しくプレスしてボールを奪うことを確認。新メンバーの佐藤が加入してからまだ勝利を挙げておらず、「順平の為に1勝を!(宿敵TWFからの勝利に燃える不在の内野副将の為にも。笑)」をテーマに掲げ、試合前に全員で士気を高め、踏ん張りどころの大一番に臨んだ。

 キックオフを迎えると、相手チームの選手が1人足りず10人しかいない。デジャブ? 前回の結果を踏まえた上でのTWFの作戦か? 若干ベンチはざわついたが、メリットは何もない。単に遅刻だと勝手に結論付けてみた(雨の日はタクシーがなかなかつかまらないので、我々も少し余裕を見て集合しましょう)。

 さてさて、試合は数的有利なSFCが畳み込む展開で幕を開ける。開始早々に齋藤が放った中央からのミドルシュートを皮切りに、3分、相手のキックミスを西井が奪いミドル、11分にも二宮と相手ゴールを立て続けに襲う。数の利を生かしてこぼれ球を拾い、スリッピーなピッチコンディションで有効なミドルを積極的に多用、序盤はSFCペースで進む。

 前半中頃、吉村が得意のミドルを放つと、GKがパンチングで辛くもCKへ逃れる。すると、SFCに歓喜の瞬間が訪れる。前半15分、垣崎の正確なキックから中央へ飛び込んだ齋藤がヘディングで合わせ、先制点を奪う。良い流れの時間帯にゴールを奪ったSFCの勢いは止まらない。

 17分、垣崎が相手MFへのパスをインターセプトし、一旦攻撃の溜めを作り、左サイドを駆け上がった原へパスを送るもわずかに遠くゴールラインを割る。20分、名取キャップも俺も決めてやるとばかりに、ミドルシュートを放つ。さらに21分には右サイドからのクロスを脇が中央で受けミドルを狙うも惜しくも枠外に外れる。(ちょっとアウトにかかりすぎたー。悔しいです!!! [ザブングル加藤])。

 前半はシンプルにゴールが見えたら積極的にシュートを狙いリズムを作る一方、前掛かりになったところをスリッピーなピッチコンディションからトラップミスを犯し、相手6番を中心に走力のある攻撃陣が右サイドからカウンター狙われる部分もあったため、ボールコントロールを意識し、後半に修正することをハーフタイムに確認した。

 後半、SFCは前半同様の布陣で臨み、TWFも前半終盤から11人になり、がっぷり四つの展開が予想された。最初に仕掛けたのは我らがSFC。ゴールに飢えた佐藤が右に上手く開いてボールを受け、センタリングを上げるも相手DFにクリアされる。

 それでもリズムは前半序盤と変わらずSFCペースで進み、後半3分に追加点が生まれる。名取の絶妙な浮き球のパスを受けた垣崎が中央左ペナルティエリア外から左足を一閃。相手DFに当たり若干コースが変わり、勢いそのままにゴールネットに吸い込まれた。体調を崩している家族を残し、SFCの勝利の為に東莞から駆け付けてくれた垣崎の追加点で2-0と差を広げる。

 しかし、宿敵TWFも反撃に出ると後半8分 左からのクロスをフリーで受けた6番に詰められ、失点を許す。2点リードしているという気の緩みからか、マークの受け渡しの声かけができていなかったのか、無防備にも合わされてしまった。

 2-1という嫌なスコアの中、今日のSFCは落ち着いていた。後半11分、佐藤が中央からドリブルで仕掛け、FKを奪取。FKを蹴るのは得点を決めて勢いに乗る齋藤か? それとも伝家の宝刀、吉村の巨砲か? 答えは齋藤。右足を振り抜いて、GKがこぼしたところに誰よりも早く詰めた二宮・ロベカル・義和が押し込み、相手の勢いを封じる3得点目をマーク!

 さらに攻勢を強めるSFCは、佐藤のドリブルシュートに続いて、脇がハーフボレーを合わせたが、ファウルなのかオフサイドなのか、不可解な判定で追加点とはならず(気持ち良く左足を振り抜けたのに、トホホです)。

 終盤には、相手のフレッシュな背番号11が前線をかき回し、セットプレーなどで反撃を受けたが、GK吉泉の老獪なボール捌きとファインセーブと、田口、吉村を中心とした守備陣が凌ぎきり、終了のホイッスルが鳴った。ミドルシュートを多用することでリズムに乗り前回の雪辱を晴らすとともに、残り4戦に向けて勢いづく結果を全員サッカーでもぎ取った。

 これでSFCは6位に浮上、4位TWFまで勝ち点1差に肉薄した。上位に入り込むには次戦のBOCs(8位)との試合にも確実に勝利を収めることが必須だ。チームの雰囲気も上がってきているので、TWF戦を期に“進撃のシューターズ”は残り全勝目指していく!

文/脇 信輔

〈試合結果〉
Shooters FC 3-1 TWF
(齋藤 15分、垣崎 38分、二宮 46分)

〈今季成績〉
2014-15 Legal League
6位 勝ち点25 8勝1分9敗 得点28失点25

http://www.legalleague.com.hk/seasons.php

〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉
【得点】
1位 吉村康弘 5得点
2位 津田哲平 4得点
   名取一樹
4位 杉山俊哉 2得点
   齋藤 弘 
6位 新田 悠 1得点
   川端勇介
   今井雄一郎
   西井敏之
   間野泰光
   井頭英信
   井川洋一
   福谷健二
   田口聖教
   石黒敬司
   垣崎 靖
   二宮義和

【アシスト】
1位 間野泰光 2アシスト
   西井敏之 
   齋藤 弘
   小林佳樹 
   名取一樹
6位 Kwan   1アシスト
   石黒敬司
   吉村康弘
   星 哲史
   加藤新竝
   桜井達夫
   津田哲平
   杉山俊哉
   垣崎 靖
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .