FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-15 Legal League第20節 vs BOCs 2015.4.18 @Sandy Bay #2
2015年04月23日 (木) 14:57 | 編集
Kick off: 17:30
気温: 29℃
湿度: 81%
天気: 曇り

〈布陣〉
          津田哲平
         (松下素之)

    杉山俊哉  小林佳樹  佐藤順平
   (内野航平)      (間野泰光)
               (二宮義和)

       名取一樹  西井敏之

 西田耕二  田口聖教  吉村康弘  今井雄一郎
            (工藤晋一)

          吉泉光一

〈レポート〉
 筆者にとって久しぶりのサッカーかつ、レポート担当となった第20節のBOCs戦には、心強い味方が支えてくれた。それは愛する妻と娘。昼夜問わず仕事に明け暮れる筆者はいつも家を空けることが多く、そんな家庭を守ってくれる大事な存在である。今シーズン、この二人のうちどちらかが来た試合はすべてシューターズが勝利を収めている。これをただの運と呼んでよいのだろうか? 名取主将からも「勝利の女神」に認定される二人だが、試合会場に到着するや、サッカーにはまったく興味を示すことなくお絵かきに夢中。それに代わる新女神候補の津田家の奥さま、お子さんが観戦に訪れた中、キックオフの笛が鳴った。

 前半、名取主将がコイントスで運を引き寄せ、風上からのスタートとなり、最初から飛ばしていきたいシューターズだったが、相手のペースに合わせてしまい、ボール支配率を高めて主導権を握るも、最後のパスがつながらず、チャンスらしいチャンスはなかなか訪れない。するとショートパスがつながらないのならばと、CB吉村からのロングフィードに抜け出した佐藤がそのままドリブルで持ち込んでシュートを放つ。しかしこれは相手CBの反則まがいのディフェンスで得点にはならず。

 筆者はこのあたりで空中戦の競り合い時のジャンプ後、腰を強打して早々と退場。完全な目測ミスと久しぶりにジャンプした自分にびっくりして着地に失敗したのだった……。

 そんな亭主を心配したわけでもなく、試合が始まったことにようやく気がついた女神が、お絵かきに飽きた娘とともにグラウンドに登場したその瞬間、CB工藤からこの日はトップ下を任された小林にナイスなスルーパスが通る。ボールを受けた小林は冷静にキーパーとの1対1を制して、シューターズが先制! こばは〜ん!! やはり、女神の力は健在である。

 その2分後にもパスがつながり、新女神の津田家奥方が見守る中、旦那がチャンスを迎えるもシュートは惜しくもバーの上へ飛んでいった。前半の終盤にはシューターズの悪い癖が出て、相手に合わせるようにペースを落とし、右サイドを崩されてピンチを迎える。だがここは新守護神吉泉のスーパーセーブに助けられた。

 後半は向かい風となるが、先にもう1点取りに行こう、攻撃はシュートで終わろうと、全員で意識を統一する。再開後、シューターズは前からプレスをかけていき、後半3分には間野が最初のチャンスを迎えてシュートを撃つ。さらには、間野、名取、杉山の連係で右サイドを突破し、CKのチャンスを得る。そして、ここからスーパーゴールが生まれるのだ。

 杉山のCKがこぼれたところに現れたのは、DFなのに今季の得点王レースでトップを走る吉村だ。これまでは危険な右足で図太い一発をねじ込んできたが、この時は左足でダレクトボレー! キャプテン翼ばりのドライブがかかったボールはネットをやぶり消えていった……。これには相手チームの主将も試合後に、「トップクラスのボレーだった!」と舌を巻いていたほどだ。今季のプシュカシュ賞の有力候補となる一撃だった。

 これで2-0となり、ペースは完全にシューターズが握り、その直後にも杉山がパスカットからドリブルで抜け出し、GKとの1対1のチャンスから惜しくもバーを叩く。後半7分には、本日ノリノリのトップ下小林からキャンプ明けの杉山へスルーパスが通る。これを杉山が左足で冷静に決めて3点目。完全に勝負を決めるゴールとなった。

 キャンプ明けの杉山は身も心も軽く、その後もキレキレのドリブルで相手を翻弄し、再びGKとの1対1を迎え、相手の反則を誘った。これでGKは退場となり、相手は残り時間を10人で戦うことに。ただし、このPKは吉村には珍しいミスショットとなり、追加点には至らず。得点王へのチャンスはまだまだ他の選手にも残されている。

 残り20分間は、少ない相手に五分五分という試合展開となり、残り時間5分のところで、右サイドからのセンタリングにドンピシャで合わされ、1点を返されてしまう。しかし相手の反撃もそこまでで、3-1の勝利で2連勝。勝利の女神の全勝神話は継続された。妻よ娘よ、ありがとう。

 前半の停滞した時間に先制点を奪えたことと、後半立ち上がりの主導権が握れた時間帯にしっかりと得点を奪えたこと。そして新守護神光一さんを中心にDF陣、ボランチがしっかりと守れたことが勝利に繋がった。残り3試合は強豪との試合が続くが、チームの目標である勝ち点30獲得のために一致団結して戦っていきましょう!

文/今井雄一郎

〈試合結果〉
Shooters FC 3-1 BOCs
(小林 9分、吉村 38分、杉山 42分)

〈今季成績〉
2014-15 Legal League
4位 勝ち点28 9勝1分9敗 得点31失点26

http://www.legalleague.com.hk/seasons.php

〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉
【得点】
1位 吉村康弘 6得点
2位 津田哲平 4得点
   名取一樹
4位 杉山俊哉 3得点
5位 齋藤 弘 2得点 
6位 新田 悠 1得点
   川端勇介
   今井雄一郎
   西井敏之
   間野泰光
   井頭英信
   井川洋一
   福谷健二
   田口聖教
   石黒敬司
   垣崎 靖
   二宮義和
   小林佳樹

【アシスト】
1位 小林佳樹 3アシスト
2位 間野泰光 2アシスト
   西井敏之 
   齋藤 弘
   名取一樹
   津田哲平
7位 Kwan   1アシスト
   石黒敬司
   吉村康弘
   星 哲史
   加藤新竝
   桜井達夫
   杉山俊哉
   垣崎 靖
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。