Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2015-16 Champions League Cup 一回戦 vs Club Tropicana FC 2015.10.24 @Kowloon Bay Park
2015年10月25日 (日) 21:24 | 編集
IMG_7380.jpg


kick off  :13:00
天気   :晴れ
気温   :25度

<布陣>


            杉山俊哉


 
 鈴木周               垣崎靖                間野泰光
(佐藤順平)                  (吉岡拓馬)


        宮田圭一     原 仁志



内野航平    堀 雄貴      今井雄一郎   二宮義和
 

            津田哲平

監督 西田分析官
大応援団 かっきーパパ(よしてるさん)、ママ、おくさま、おこさま



今季、未だ勝ち星のないシューターズ。
最下位となっているリーグ戦の鬱憤をはらすため、そしてカップ戦で上位に食い込むためにも一部チームに挑戦する事になったChampions League Cup グループステージ第一節。集まったのが9名「あれ、試合人数足りない?」と改めてこの2ヶ月の内にチームを離れることになったメンバーの顔を思い浮かべる。

そんな中、ブルズから宮っちゃんと堀さんが助っ人参戦、さらにはシューターズの敏腕スカウター:ニノが大型新人:吉岡さんを連れて来てなんとかメンバーが揃った。なぜか沙田のほうにいってしまったという順平、お子さんの幼稚園の送り迎え後にダッシュで会場にかけつけた新正ゴールキーパーの哲平さんの二人はアップの時間には間に合わず、怪我により動けない西田分析官が前半序盤のキーパーを名乗り出るなど早くも総力戦。キャップ西井、副キャップこばさん不在の中、垣崎家大応援団を観光地ではなくサッカー場に連れて来たカッキー主将代行のもと、試合を迎えることとなった。

前半5分 早速、この主将代行のカッキーの左足からスーパーゴールが生まれる。
センターハーフを越えたあたりからキーパーが前に出ているのを確認すると左足を振り抜きロングループ、大きく弧を描いた弾道は狙いどおりキーパーの頭上をこえてゴールに吸い込まれる。
シューターズ今シーズン初の先制点!1-0 !!

その後、目が醒めたTropicanaを相手に一進一退の攻防を繰り広げることとなるが、助っ人み宮っちゃんのキープ力、堀さんの安定した守りがチームを支え、誰もが慣れないポジションである中で、スギのチャンスメイク、ヤスさん、アマちゃん、原さんの豊富な運度量、ウッコー、ニノの体を張った守備で、みんなで声をあげ体を張って守り、そこからカウンターにつなげるというシンプルなサッカーが試合展開を拮抗させる。

ここでアクシデント、主将代行のカッキーが相手との接触プレーにより負傷交代を余儀なくされる。

なんとか前半を無失点で切り抜けたいSFCは前半ラスト5分間の押しこまれる展開の中、左サイドからの相手の波状攻撃から、最後は筆者が寄せきれず失点してしまい、最悪の展開でハーフタイムを迎えた。

後半に入ると、いつもならズルズル行きそうな前半終盤の悪い流れを引きずらず、相手のポゼッションが高い苦しい展開が続くが、時々見せる鋭いカウンターからの仕掛けで逆に相手を脅かす。宮っちゃんの切り返しからのシュート、ジュンペイの40メートル独走ドリブル、新加入の吉岡さんのドリブルとスルーパス、スギ、カッキーの惜しいシュートもあり多くのチャンスも作りだした。
何より少ない人数のなか、限界までみんなが走り、加えて新正ゴールキーパーのてっぺいさんのスーパーセーブ連発。
総力戦で難局を乗り切り1-1で試合終了となった。

しかし、今日のカップ戦は引き分けではなくPK戦により勝敗をきっちりつける試合。

相手の先行でPK戦が始まる。
ここで新正ゴールキーパーてっぺいさんが躍動する。

相手の一人目を左に飛び華麗にセーブ。
SFCの1人目はスギ、冷静に相手の動きをみて左側にボールを流し込み1-0となる。

相手の2本目が決まり、SFCの2人目はピッチを縦横無尽に走り回り、相手の攻撃の芽を摘んでいた原さん。ボランチでフル出場で最後は疲れていたのであろう。もしくは急な結婚報告をして頂いた日同様に(?)少し緊張していたのであろうか、原さんのキックは無情にも右上にはずれてしまう。1-1

相手の3人目はGKのプレッシャーに負けては左に外し、満を持して主将代行のカッキーが登場。落ち着いて右に蹴りこみ2-1。

相手の4人目でまたしてもテッペイさんのスーパーセーブ!

SFCはここで初めて勝ちを意識する。SFCの4人目は40M独走ドリブルを見せたジュンペイ。大丈夫だろうとみんなが思っていたが、際どいコースをついたシュートは惜しくもポストに阻まれる。
ジュンペイ曰く、5人目のキッカーに花をもたせてあげたのだと。
それでも2-1、まだSFCは勝っている。

相手の5人目はテッペイさんがボールに触るも強烈なシュートはバーをたたき跳ね返ってゴールとなる。

SFCは決めれば勝ちである。
5人目は、、、、、、、まさかの筆者今井である。
主将代行は完全に最後だけをしりとりで決めたようだ。

ハンドボールではPKの経験があるものの、サッカーの試合では初である。
ただ、そんなに緊張はしなかった。
みんなが励ましてくれて、何よりみんなで体を張って引き分けに持ち込み、総力戦で戦ってきたみんなの想いが筆者の心に届きそして、ボールに乗った。
なんとか左に決めることができてPK戦3-2!

待ちに待ったシューターズ今季初勝利!
シュートが決まったあとみんなが駆け寄って喜びを分ちあえた瞬間改めて、サッカー最高だなと思いました。
やっぱり勝ちたいですね!
この勢いで来週からのリーグ戦も勝っていきましょう!

文/今井雄一郎

〈試合結果〉

Shooters FC 1-1 Club Tropicana FC (PK 3-2)

〈今季成績〉

2015-16 Champions League Cup 一回戦突破


http://www.legalleague.com.hk/seasons.php


〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉

【得点】

1位 垣崎 靖  2得点
2位 津田哲平  1得点 
   西井敏之

【アシスト】

1位 吉村康弘 1アシスト
   杉山俊哉
   垣崎 靖

【イエローカード】
1位 鈴木 周 2枚
2位 内野航平 1枚 
   垣崎 靖 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .