Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2015-16 Legal League第9節 vs Revolution 2015.11.21 @HV3
2015年11月25日 (水) 19:38 | 編集
IMG_7707.jpg

IMG_7705.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=zonAqg2G1r8


kick off  :16:30
天気   :曇り

<布陣>

          津田哲平    井頭英信  
         (Dennis)   (松下素之)
     
 杉本敏郎                      小林佳樹
(間野泰光)                    (垣崎靖)
                          (吉岡拓馬)

          原 仁志    西井敏之
         (井川洋一) (名取一樹)


 内野航平     西田耕ニ    佐藤順平     今井雄一郎
(鈴木周)    (工藤晋一)  (吉村康弘)   (二宮義和)



             吉泉光一

<試合前>
本節は最年長イギーこと井頭の壮行会試合、またSFCのLegend井川、前というかついこの前まで主将を務めた名取、我らが愛する熱血男吉泉の3名が参戦という試合で、初勝利に向けたチームの士気は非常に高く、参加人数も23人と賑わい現主将西井が熟考の上、前後半2部編成で試合に臨んだ。

<試合経過>
25分頃まではSFCシュート2本(コバ、デニス), Revolution シュート3本で拮抗した試合。
しかしここから相手に主導権を握られる。
29分、相手のスピードに乗ったドリブルに中央を抜かれ、ボックス内からシュートをくらうも光一スーパーセーブ。
30分、相手CKからのゴール前混戦で失点。と思いきやオフサイドの判定でSFC救われる。
34分、相手スローインからダイレクトでクロスをあげられる。西田が体を入れ替えられ振り向きざまシュートを撃たれ失点。0-1。
36分、Tottiと交代したばかりの井川が左からミドルを放つも相手GKが辛うじて触り、惜しくもゴールならず。
前半は0-1 シュート SFC 3本、Revolution 5本で折り返す

後半早々に吉村がシュート、FKと立て続けに蹴ってゲームの主導権を握る。
47分、吉村FKからのこぼれ玉を間野が2試合連続ゴールとなるボレーで得点。同点に追いつく。
48分、同点も束の間、相手CKから間野、工藤マークもニアに決められ失点。
その後一進一退の攻防が続くものの、主導権はRevolutionに傾いていた。
60分、相手ミドルシュートに光一またもやスーパーセーブ。HKJ J-Leaguars 戦のリプレイの様な見事なセーブ。
68分、相手シュートがクロスバーに。
なんとか追いつきたいSFCはHappy Valley特有の異常な狭さを活かし、吉村のキック力で全ての反則FKをゴール前に放り込むが競り勝てず、そのまま試合終了
結果は1-2 合計シュート数 SFC 7本、Revolution 11本

<開幕9試合のシーズン分析-昨季比較>
ここで今シーズンの戦績を昨季との比較で確認してみたい。

スクリーンショット


昨季は9試合時点で5試合勝利していたんですね。
1試合平均得点は36%減少の一方、失点は150%増加。
これはやはり主に守備力の問題か?

今季これまでの1試合平均得失点を昨季全試合平均と比較したのが下記データです。
1) 今季1試合平均得失点は2.1点。昨季1.8点比較にて114%増。 Happy Valleyピッチサイズ変更の影響?、新参入チームの影響?、新加入また退団選手の影響?等いくつか要因は考えられるが、今季は昨季よりも多く点が入る試合傾向。

2) 昨季のSFCは得点1.5/試合で7位、失点1.4/試合で5位、順位(勝点)で5位でした。
今季のSFCは得点1.0/試合で14/15位、失点2.2/試合で9位、順位(勝点)で16位です。
まだ当たってない6チームの内、4チームは上位8位以内、ということを考慮すると、このデータがチームの現状を示していると言えるでしょう。

スクリーンショット 2

得点力向上!と言っても一朝一夕には困難と思われます。
筆者DFということもあり、やはり今一度守備力向上から勝利を掴む方がイメージが沸きます。

下記が開幕9試合時点での失点内容の昨季・今季比較です。
失点増(計+12)は
1)流れの中から(+5),
2)ミドル(+5),
3)CK(+3)です。

2)ミドルについては2ボランチ復活後、ほとんどやられていません。ボランチ/GKが活躍してします。
3)CKは今一度守り方を検討したほうがよさそうです。強そうな相手には2人付いて競りに行く等。
1)流れについては、、、今一度昨季斉藤が皆にシェアしてくれた守り方の徹底化を図るか、または別のやり方にするか、チームで話し合い、方針として皆共通意識を持つことが重要ではないでしょうか。

また、単純に自責点4点づつの西田・工藤のセンターバックが1対1で負けない(&出来る限り1人はカバーに入って数的有利で対応)を徹底することで防げる失点が御座います。

スクリーンショット 3

<次節Bants戦に向けて>
ラブコールに答え、次節もなんと吉泉がシンガポールから2週連続男気参戦とのこと。
敗けて帰すにはあんまりです。井川も今週に続き連続参戦。
相手は昨季1部で降格してきて現在8位のBants。失点は0.9/試合と一番少ないが、得点も1.3/試合(13位)と少ないチームです。SFCが目指すチームのあり方に近いかもしれません。

今季初のゼロ封で、1点とって勝ちましょう!

文/西田耕二

〈試合結果〉

Shooters FC  1-2  Revolution

〈今季成績〉

2015-16 Legal League
 16位 勝ち点3 0勝3分6敗 得点9失点20


http://www.legalleague.com.hk/seasons.php


〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉

【得点】

1位 垣崎 靖 3得点
2位 西井敏之 2得点
   間野泰光
3位 津田哲平 1得点 
   吉岡拓馬
   工藤晋一

【アシスト】

1位 吉村康弘 2アシスト
2位 杉山俊哉 1アシスト
   垣崎 靖
   小林佳樹
   西村純

【イエローカード】
1位 鈴木 周 2枚
2位 内野航平 1枚 
   垣崎 靖 
   杉本敏郎
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .