FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-16 Legal League第13節 vs USRC Experience 2016.1.15 @Kings Park No.3
2016年01月22日 (金) 19:44 | 編集
Kick Off 21:00
気温 13℃
天気 曇り

IMG_3057.jpg


          松下素之     津田哲平
         (内野航平)    (上原祐史)
         (岩井充彦)   (出水惟貴)
 垣崎靖                       杉本敏郎
(間野泰光)                    (石黒敬司)
                 
        

          原仁志      名取一樹
         (西井敏之)


 小林佳樹     西田耕ニ     佐藤順平    吉村康弘
(鈴木周)    (星哲史)      


               M



朝から降り頻る雨、どんよりした暗い空に今夜の試合の行方を重ねあわせたのは、僕だけではないだろう。
相手は目下LEAGUE 3位の強豪であるUSRCなのだから。

ところが、夕方になってみるとそれまでの雨は止んでサッカーをするには丁度良い香港らしからぬ肌寒い夜になり、しかし以前風は強く向い風で走るのは難儀だったが、その風がこの後の試合展開を左右するとはその時は思いもしなかった。

平日の夜にも関わらず、また前日までには12人しか参加登録が無かったにも関わらず、Kick Offに集まった勇士は香港マラソン出場で来港していた岩井を含め20名。
それだけでも我々全員の「先ず一勝」に懸ける想いが伝わってくるというものだ。

さて、USRCボールでのKICK OFF。
「とにかくプレス」という事前MEETINGの通り前線から果敢にプレッシャーをかけにいく。
USRCの攻撃は中央から走り込んだり、前線に蹴り込むというよりは、サイドにボールを回しながらビルドアップをしていこうという意図が感じられる。
ここは前半の総括とも言えるのだが、とにかくSFCのプレッシャー、体の寄せ、ルーズボール奪取が悉く成功して、相手にペースを渡さない。
特にボランチと最終ラインがコンパクトにまとまっていた為、相手に良い位置でボールを持たせず固い守備を見せた。

とはいえフィジカルで上回るUSRCに中盤の小競り合いからボールを奪われると一気に最終ラインを脅かされ、前半9分、12分、20分と続けてCKを取られるが、集中力を切らさずしっかりと競り合い事無きを得る。
一方、攻撃では6分にカッキーがミドルを放つが枠を捉えきれない。
15分、カズが中央ラインからの浮き球でパス、素がオフサイドの位置にいた為相手DFの足が止まったところを二列目からカッキ―が走り抜けトラップ、GKと一対一になるが、角度のないところからのシュートは相手GKに阻まれる。

このまま前半30分までは一進一退の攻防を繰り返す。

そして迎えた前半終了間際、中央ラインから10m辺り敵陣の位置でFKのチャンスを得る。
少し距離はあったがベンチからの「カッキ―狙え!!」の声で攻撃陣はこぼれ球に備えた。

多分、本人は言われなくてもそう思っていたのだろう。
思い切り振りぬいた左足から放たれたシュートは、追い風を受けてペナルティーエリアに集まっていた選手の頭上を越え、ジャンプしたGKの左手をかすめてゴールに吸い込まれた!!
追い風を利用した(?)素晴らしいLONG FREE KICK!!!
そして前半終了のホイッスル!1-0で前半を折り返した。

そして迎えた「我慢」の後半・・・
前半同様にKICK OFFからはハイプレッシャーをかけ続け、相手にペースを握らせない。
15分までは、どちらかというとSFCのペースともいえるようなゲーム運びを見せた。
ペナルティーエリア前でのカズのトラップからのシュートは惜しくも枠を外れ、敵陣中央でボールカットしたカズがTOTTIへ繋ぎ、そこから哲平へスルーパスを送るも長すぎてGKがカット。
中々フィニッシュまで綺麗に持ち込めないが、攻撃的に戦い、ここまではまあ良かった。

だがしかし、だんだんとSFCの足が止まりだす…
相手は右サイドからの崩しから仕掛けて来るが、アマちゃんの強固なディフェンスにより中々崩させない。
SFCがボールを奪っても効果的に前線に繋げずクリアーしてしまい跳ね返される場面が増え、何回も危機的な状況を作られたが相手のシュート精度が低かった事にも助けられリードを守る。
終盤にCKからのこぼれ球を決められるが、直前のファウルで取り消しに!!

その夜、勝利の女神はSFCに微笑んだ。

我慢の時間の後に鳴り響く試合終了のホイッスル。

13節目での初めての勝利!!しかもGiant Killing!!

夜のKINGS PARKにSFCメンバーの雄叫びが響き渡ったのは想像に難しくない。

<総括>
集中力が初めから終わりまで非常に良く保たれた試合であった。
プレッシャーを惜しまず献身的にプレー出来た事が勝利の要因だと思う。

ポジショニングがコンパクトに保たれたので中々効果的なパスを出させず、相手ペースに飲み込まれる展開にはさせなかった。
ただ、我々も同様にパスはあまり繋げられなかった。
もっとワイドに開いてサイドにパスを回し一呼吸いてからフリーのスペースを見つけて走り込めるように、もう少しを各人が周りを見たプレーを意識した方が良いと思う。

シンプルな戦術、決め事を試合前のミーティングでもっと話し合うようにしていこう。

何れにしても、先ず一勝。
そしてこの一勝が、WINNING ROADの第一歩になる事を祈る!

文/TOTTI

〈試合結果〉

Shooters FC  1-0  USRC Experience

〈得点者〉垣崎靖(FK)

〈今季成績〉

2015-16 Legal League
 15位 勝ち点7 1勝4分8敗 得点15失点35


http://www.legalleague.com.hk/seasons.php


〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉

【得点】

1位 垣崎 靖 4得点
2位 西井敏之 2得点
   間野泰光
   福谷健二
3位 津田哲平 1得点 
   吉岡拓馬
   工藤晋一
   井川洋一
   内野航平
   名取一樹

【アシスト】

1位 小林佳樹 3アシスト
2位 吉村康弘 2アシスト
   垣崎 靖
2位 杉山俊哉 1アシスト
   西村純

【イエローカード】
1位 鈴木 周 2枚
2位 内野航平 1枚 
   垣崎 靖 
   杉本敏郎
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。