Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2015-16 Legal League第16節 vs TWF 2016.2.13 @Ma On Shan
2016年02月17日 (水) 17:46 | 編集
Kick Off 16:30
気温 25.0℃
天気 晴れ

DSC_0065.jpg

       佐藤順平    松下素之
      (Denis)    (津田哲平)
 

 垣崎靖                   吉村康弘
 (石黒敬司)                (二宮義和)


        原仁志     西井敏之

           
 西田耕二   工藤晋一    星哲史    小林佳樹
                      (今井雄一郎)

            守護神

香港は旧正月を迎えており、恭喜發財(ゴンヘイファッチョイ)と
言葉を交わし紅袋を配るのも、あと数日かと思うと少しホッとする。
HK Legal Leagueも旧正月にて1週間の休み後のリーグ再開となった。

対戦相手は宿敵TWF。
馬鞍山ピッチは全シーズン勝利を収めた幸運の場所だ。
しかし、今シーズン(前期)は0-2にて敗れている。
Shootersとしてはここ3戦負けなしが続いており、
休み明けのコンディションが整わない中ではあるが、
4戦負けなしとして、後半戦の波に乗りたいところだ。

さて、当日を振り返ってみよう。
前夜は雨が降っていたが、試合当日は晴天に恵まれ、
気温も25℃まで上がり、サッカーをやるには若干暑い日となった。
ピッチに着いても、ピッチ入口には鍵が掛けられているなか、
ピッチ外でShootersは着々と準備を進めていた。
そんな中、N分析官は嫁のリクルーティング活動を行っていた。
≪素さん、原さん、採用お願いしますよ!!≫

アップも終盤に差し掛かる中、いつもの軽快な動きと違うものが2名。
前日に帰港したばかりで疲れているのだろうか!? 嫌、そうではない。
1人目は試合前に つけ麺 まなかの300gを食ってきた
今シーズン現時点での得点王 カッキーだ。
≪本人は普通のラーメン半分だけと言い張っていたが。。。≫

昨年得点王としてはまだ1点しか入れていないので、ちょっと嫉妬している。
2人目は“300gを食うなんて、信じられんわー”と言いながら、
昼にインドカレー屋に行き、子供が辛いと食べられないカレーを
二人分も食べたもんだから、間違いなくこの日は動けない。。。私だ。
途中、カレーが飛び出そうになるも、必死で頑張った。
≪以後、気を付けます!!≫

あまり長く書かないよう、当日の状況を簡潔に記載するようにしよう。
読み手が疲れてしまう。

試合開始10分前西井キャプからスタメンの発表、交代選手の発表、
そして約束事のレビューを行う。
約束事:
 ①FWからのプレスはハーフラインを越えてから。
 ②一度ワントラップしてから状況判断。(危ない時はダイレクトで)
 ③前線ではワンツーを取り入れて、攻撃の形を作る。
TWFも続々とピッチに姿を現し、あまり、アップが出来ていない様子。
そんな中、副キャプコバから
“相手はアップできていないから、最初うちにペースを掴もう”
と皆に気合入魂し、円陣を組み、モチベーションは最高潮となった。
試合開始直前 コイントスでは負けてしまう。
サイドを変更できず、向かい風、逆光の中、
坊主頭でオネェ系審判のホイッスルが馬鞍山のピッチに鳴り響いた。
負けた事もあり、Shootersはキックオフを得る。
そして、Shooters史上、最速のゴールが生まれる。

前半30秒
キックオフのバックパスを受けた吉村はそのキックの正確さ故、
ボールを左サイドコーナーフラッグ目掛けて、大きくフィードする。
すると相手DFはギリギリ頭に当て、コーナーへと逃げる。
現れたのはキックの精度ではチームNo.1を誇るカッキーが
低めの速いボールを蹴り入れそこに膝?で合せたのはDF工藤ちゃん。
開始30秒にて早くもShootersは1点を決める。

前半3分、5分 
立て続けにShootersはフリーキックを得るも、
ゴールには結びつけれない。

前半12分 
相手にサイドを崩され、欧米人(No.11)にシュートを許すも、
守護神のファインセーブと星のナイスクリアにてピンチを凌ぐ。

ペースはTWFになるも、DF陣の身体を張った守備にて
ゴールを許さない。
相手11、49番の欧米人はかなりイライラし始め、
幾度なく審判にファールのクレームを付けている。
男優ばりの順平の演技にて上手くファールを貰い、
更に彼らのイライラは募り、プレーも雑になっていった。

前半20分
素さん、工藤ちゃんに代り、クロ、デニスが交代。

前半23分
コバさん、吉村に代り、にのさん、今井さんが交代。

前半34分
相手45番(LSB)は非常に足が速く、左サイドを抜かれ、
スルーパスが通り、冷っとするも、守護神のナイスセーブにて逃れる。

後半開始
あの足の速い45番がFWへと上がっており、攻め立てるも
DFコバさんが幾度となく、身体を張り、懸命な守備を見せる。

後半12分
カッキ―が相手5番を後ろから削り、イエローカードを受ける。

後半18分
ペナルティーエリアにルーズボールが舞いこみ、“キーパー!!”と
大きな声を出した奴がいる。
守護神はDFのクリアを望んでいたのもあり、少し出遅れた。
中途半端なパンチングで相手にシュートを打たれる。
一度はクリアするも、相手の前に落ちたところを押し込まれ
同点とされてしまった。
≪ルーズボールはキーパー判断と知らず、声を掛けてしまった私。。。申し訳ない。≫

後半20分
中盤でボールをインターセプトした西井CAPはドリブルで駆け上がり、
トッティにスルーパスをするもわずかに合わず、ゴールラインを割る。

後半22分
中盤にてボールをインターセプトした吉村がシュートを放つも、
無情にもゴールの右に反れた。

後半25分
前半同様に素さん、工藤ちゃん、コバさん、吉村に代り、
クロ、デニス、にのさん、今井さんが入る。

後半28分
カッキ―のアーリークロスに、にのさんが合わるも、オフサイド。

後半終盤
相手にペースを握られ、危ない場面があるも、
皆の身体を張った守備にて点を許さず、1-1にて試合を終えた。

試合後にのさんのGショック、やすさんの白時計が行方不明となるが
西井CAPが大事にキープしてくれており、事なきを得る。
忘れ物のびしょ濡れパンツはカッキ―からLINEにて吉村のだと
疑惑を突き付けられるが私のではないぞ。
西田分析官、ストップウォッチの購入をお願いします。

約束事項:
GK前のルーズボールの処置の判断指示はGKがする。
≪GKはできるだけ大きな声で、早めの判断をする。≫

リーグ後半戦は始まったばかりで、Shootersはここ4戦負けなし!!
この流れを切らさず、突き進みましょう。

DSC_0068.jpg
DSC_0067.jpg


文/吉村康弘

〈試合結果〉

Shooters FC  1-1  TWF

〈得点者〉
工藤晋一(アシスト 垣崎 靖)

〈今季成績〉


2015-16 Legal League
 Div.3 6位 勝ち点12 2勝6分8敗 得点23失点42


http://www.legalleague.com.hk/seasons.php


〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉

【得点】

1位 垣崎 靖 5得点
2位 間野泰光 4得点
3位 西井敏之 3得点
4位 福谷健二 2得点
   工藤晋一
5位 津田哲平 1得点 
   吉岡拓馬
   井川洋一
   内野航平
   名取一樹
   杉山俊哉
   吉村康弘
   松下素之

【アシスト】

1位 小林佳樹 3アシスト
   垣崎 靖
2位 吉村康弘 2アシスト
   杉山俊哉
3位 佐藤順平 1アシスト  
   西村純
   原仁志
   松下素之

【イエローカード】
1位 鈴木 周 3枚
2位 内野航平 2枚
   垣崎 靖 
3位 杉本敏郎 1枚
   原仁志
   佐藤順平


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .