Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
2016-17 Legal League第2節 vs Legal Head 2016.9.10 @Ma On Shan RG
2016年09月12日 (月) 12:06 | 編集
気温: 25℃
天気: 曇り

〈布陣〉
        青木佑二    松下素之
       (上原裕史)   (内野航平)

 Dennis                      間野泰光
(垣崎靖)                    (安部央一)
                         (前田久紀)

        福谷健二    杉本敏郎   
       (原仁志)    (高橋慶太)


 鈴木周  西田耕ニ    工藤晋一   二宮義和
(脇信輔) (出水惟貴)  (吉岡拓馬)  (小林佳樹)


             牧田穏敬
     


土砂降りの雨が降り、黄雨警報が発令された土曜の昼下がり、試合前には幸い雨は止んだものの、波乱を予期させる天候である。
今日の対戦相手は前シーズンに敗戦を期喫しているLegal Head。#10 FWゴリゴリマッチョのチョンマゲと#8MF昨季より髪のボリュームが少なくなって、関西のパーマをかけたおばちゃん風の金髪モジャモジャドリブラーも予想通りスタメンに名を連ねる。
相手にとって不足なし、試合前の体調不良により欠場したキャプテンに代わり小林副キャップの下、気合い十分で試合に臨んだ。

序盤5分、右CKからフリーで相手#20に押し込まれ早くも失点を許してしまう。
その後、福谷がボールをキープし序盤のバタつきを落ち着かせようと左サイドを起点に前線の青木ユージスに縦へパスを入れるも、スリッピーなピッチでボールが伸びてしまい息が合わず。
7分には右サイドからのCKの空中戦に競り負け、相手#23の長身FWにゴールを背にした状態からの振向き様の見事なボレーを決められ追加点を許す。
Dennisも今日は果敢にシュートを狙うと公言し、反撃のミドルを狙うが、右ポスト外に惜しくも外れてしまった。

ロングボールを多用せずにパスを繋ぎ試合を落ち着かせたいシューターズ(以下、SFC)だったが、またしてもCKから相手#23がフリーになり、足で合され立て続けに3点を許してしまう。
守護神Mも負傷退場する嫌な流れを変えるべく20分にフィールドプレイヤー全員交替を行った。

34分にはチョンマゲ#10がDFラインコントロールの裏に旨く抜け出し、GKとの一対一を冷静に決め4点ビハインドとなるものの、ドイツ出張から帰還したドタ参男の垣崎がここから流れを変えていく。
体調不良の家族を寝ずに看病したのか?多分してないんだろうな、空気を読んでくれて神対応してくれた奥様、ナイスです!
脇→上原→内野→垣崎とパスをつなぎ、惜しくもオフサイドとなるが、その後も垣崎から内野へのスルーパスを狙うなど前半中盤以降にチームは落ち着きを取り戻し、徐々にゴールへの予感を感じさせる展開となった。

ハーフタイムを挟んで、SFCの勢いは選手交代があったものの衰えることなく、後半7分、垣崎の速い低いクロスから松下がニアに走り込み、ゴール前に飛んだこぼれ球をユージスが押し込み、今季待望の1stゴールを決まる。(GOOOOOAL!! )
右サイド、新加入の前田からのクロスを上原がヘッドするが惜しくも枠の外へ。
相手もスタミナが無くなってきた後半34分、左CKから吉岡が膝で押し込み、勢いづかせる2点目を決める(GOOOOOAL!! )。36分、垣崎からのスルーパスを上原が冷静に決め、3点目 GOOOOOAL!! )。
終盤、イケイケの展開となったSFCに対して、疲れからかラフプレーが目立つLegal Head、一触即発の場面もあったが、負けている場面で時間をかけても仕方が無い。
ハートは熱く、頭は冷静に行こう!

終了間際、相手GKがシューターズの勢いに呑まれたのか、バックパスを慌ててキャッチし、ペナ中央でSFCが間接FKをゲットする。垣崎、福谷がボールをセットし、ラスト1プレイ、ゴールを予感させる雰囲気だなと二人の背中を筆者は後ろから眺めていたのだが。。。。
垣崎から福谷への横パスがかなり流れてしまい、こぼれ球をあっさり相手にクリアーされ、ホイッスル。両チームの選手から失笑が起きる珍プレーで試合終了となった。
どやさ、どやさ!!シュートで終わりたかったね!(笑)

2節を終え、チームに得点も生まれ、新メンバーも加入し、チームに勢いも出てきている。他チームと力の差は大きく感じないが、自分たちの課題を意識し、克服して、第3節は全員サッカーで勝利しよう!!

下記は試合後にも話し合った課題であり、次節までにしっかりと調整したい。
1. CKなどセットプレー時のマークのつき方を明確にする。
FW1枚だけ前線に残すのか、FW、MFも全て下げるのか、GKを中心に試合前に話合いが必要。
ゾーンより各人が責任を持って人に付く方がシンプルか?

2. DFはラインの上げ、下げの切替えの意識を高める。サイドに張っているFWはサイドバックは気にしつつも、中央に絞り、センターバックのカバーを優先し、DF間の距離をディフェンス時は離れすぎに保つ。

3. キックオフから激しく当たり、試合の序盤の入り方を修正する。

4. 第1節からの課題であるが、落ち着いてパス回しをしている時間帯では、リズムが掴めているので、落ち着いてパスを回す事を引き続き意識していく。

文 / 脇 信輔

〈試合結果〉
  Shooters FC 3-5 Legal Head

得点:青木佑二(アシスト:垣崎靖)、吉岡拓馬(アシスト垣崎靖)、上原裕史(アシスト垣崎靖)

〈今季成績〉
2016-17 Legal League
 Div.2 13位 勝ち点0 0勝0分2敗 得点3失点6
http://www.legalleague.com.hk/seasons.php

〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉

【得点】
同率1位   青木佑二  1得点
       上原裕史
       吉岡拓馬

【アシスト】
1位     垣崎靖    3アシスト
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .