Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-17 Champions League Tournament 二回戦 2016.12.10 @KTP2
2016年12月12日 (月) 11:32 | 編集
IMG_1334.jpg

気温:16度
天気:晴れ

<布陣>

            上原裕史     松本晴人
           (内野航平)    (竹内剛史)
           (門矢士)      (Dennis)

 間野泰光                            羽田泰彦
(佐藤順平)                           (二宮義和)
(安倍央一)

            原仁志       大野貴由

 鈴木周      金谷俊彦      工藤晋一     小林佳樹
(垣崎靖)                 (西田耕ニ)   (今井雄一郎)


                  西井敏之


先日のCUP戦の1回戦VS KCC ROYALS戦をPKで勝ち上がった我らSHOOTERSは、2回戦の相手として不足はない1部チームRBFC戦迎える。前年度のCUP戦で同じく1部のチームをPK戦で勝った記憶をよみがえらせながら、グランドに着くと早くもSHOOTERSイレブンは早くもアップを始めているメンバーも多く、1部相手に挑戦者として戦える準備が出来ていたのではないだろうか。

西井キャプテンからは、CUP戦の負けられない戦いなので、ある程度ベストメンバーとサブメンバーの出場時間差が出る可能性があること、先日、西田分析官からの分析資料にあった立ちあがりの失点を防ぐことなどの指示を受け、試合開始となった。

前半)
立ち上がりの相手のボールさばき、崩し、プレッシャーから、前年勝った1部のチームとは雲泥の差があることが分かる。そんな中、ファーストシュートはボランチに入った大野からミドルシュートがはなたれるも惜しくも枠外。
立ち上がりの失点は防ごうと3分間までは一進一退の攻防が続くも、一番注意していた、フリースローから相手FWにあたられて、落としたところに相手6番にペナルティエリア外から綺麗にシュートを決められて先制される。(開始4分)
メンバー全員気を使っていた先制点をあっという間に奪われてしまった。
こうした中、開始8分には、2点目も同じようなフリースローからSBとCBがかぶってしまったことにより相手FWに抜け出されてしまい、角度のないところから決められる。(開始8分)この段階で相手2点取った6番に対して厳しいマークが必要な展開となる。
SFCはメンバー交代でフレッシュな選手を投入しながら、しばらく踏ん張るも24分には、CBのクリアボールを直接相手に決められ3点目を失う。
そして、前半終了前の30分には左サイドを崩されて、マイナスのクロスに注意をしておかないといけない6番に前半だけでハットトリックを決められ4点目を失う。

後半)
立ち上がり1分に注意していたフリースローからフリックされたボールを決められ、5点目を許す。ここからSFCの反撃、DFからのボールを上原のヘディングでそらし、松本が抜け出しシュート放つも惜しくも外れる。また、中央で縦パスが通り、抜け出したヤスさんにスルーパスが通る。ヤスさんは切り返し、相手DFをかわそうとするもシュートはフリーでは打てず。相手はFWだけではなく、CBも体が強くフリーでシュートを打たせてくれない。
これに刺激されたか、またも相手の怒涛の攻めを受ける。
12分には左サイドを崩されてのセンタリングを6番にボレーで決められて6失点目。
14分にはSBのヘディングが短くなったところを相手に詰め寄られ決められ、7失点目。
18分には右サイドのスローインから相手にミドルシュートを決められて8失点目。
ここで後半組が入るも失点を防ぐことができず、26分にはコーナーキックから筆者がマークしていた6番がキーパー前からニアに浮いてヘディングを決められ9失点目。
29分には右サイドを崩されて折り返しを決められ10点目。
最後にDENNISの中央への切り替えしドリブルからシュートを放つも枠をとらえられず、ここでタイムアップ。
0-10で完敗であった。

年末最後の試合は最悪な結果となったが、これを良い機会ととらえ、試合後に西田分析官と全失点の分析をしてみた。

*スローインからのセカンドボールでの失点が4点
相手はこの形でシュートをうつという意識がものすごく高く、反応も早い。最初のボールを自由にさせないことや、人数をかけて守る意識や、ポジションニングの修正も必要。逆に我々も通常のリーグ戦時に攻めるオプションして上原、松本が組んだ時等には使えるのではないだろうか。

*左右のサイドを崩されて折り返しを決められた失点が3点
サイドを崩されているケースは左右のSBが上がったあとの裏を取られているケースが多い。攻守の切り替えしに早い対応をすることが求められる。そして折り返しのボールに対しCBと逆のSBが自分のマーカーを捨てて、前にいる相手をつぶせるように、フォローをする。そのためにもDF4人の位置、距離感を常に意識する。

*クリアボールからの失点。2点
クリアは大きくすることを心掛けるも、周りも常に足を動かして、フォローできるように常にセカンドボールを意識する。

*CKからのヘディング 1点
筆者のミスからでもあるので、今回は本当に申し訳なし。
今後は常にマーカーに体をぶつけるように心がける。そして、相手のエースには金やん、工藤ちゃんが付いた方が良いと思う。そもそも筆者がヘディングに勝てたかは疑問だ。また、ニアの速いボールを防ぐにもゴールエリア角にDFを一人立てたほうがよいと思う。

(良かった点)
*試合中に常に修正をするために大野ちゃんが声を出して指示を出してくれていたこと。
*上原→松本ホットライン。体の強い上原のヘディングでそらしたボールに50M5秒台の松本の抜け出しはかなり強力な形。
*全体UP時間前にかなりのメンバーが集まってアップしていたこと。
負けちゃいましたがみんなの気合を感じました。

(悪かった点)
*前後半立ち上がりの失点。合計70分の試合で10点取られたのですが、中には10分ほど持ちこたえていた時間帯もあるので、立ち上がりの入り方、守備の意識。
*1度失点すると失点が続いてしまった。人数も多いのでゾンビ交代を使いながら悪い空気を断ち切るもの一つの手かもしれませんね。

(次回対戦の為の情報)
ロシア人CFという情報は外れていたと思うが6番に5点取られている。
全員シュートが巧い。正直、自分の個人レベルだと天と地の差を感じました。
また、今日はCUP戦で得失点がなかったので気にする必要はないが、リーグ戦にこれぐらいのレベルのチームが現れて10点取れると得失点に影響する可能性が高いと思う。
相手のレベルが高い時には、失点を減らすための戦いも必要なのではと思います。日本代表がシンガポール戦に苦戦したように自陣に9名で守って、たまにカウンターで攻める程度で優先事項は相手の攻めるスペースを常に消す。個人的には守備よりも、SBから攻めるのが好きなのですが、その後の戻りが遅くなってやられるぐらいであれば、できるだけ我慢する試合も必要なのかなと思いました。

長々と書きましたが、2016年最後のREPORTになるかと思いますので、お礼の一言。
個人的には「良いボールを蹴れるようになりたい」という今年の目標はまたしても未達となりましたが、一年通して皆さんとサッカーできて、台湾遠征にまで行けて、本当に楽しい一年間でした。
また、来年もまずは怪我なくサッカーを楽しみたいと思いますので、よろしくお願いします!

〈試合結果〉
Shooters FC 0 – 10 RBFC

得点:なし
警告:なし

〈今季成績〉
2016-17 Champions League Tournament 二回戦敗退

2016-17 Legal League
 Div.2 10位 勝ち点13 4勝1分5敗 得点14失点19
http://www.legalleague.com.hk/seasons.php

〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉

【得点】
  1位  上原裕史  4得点
 2位  松本晴人  2得点

 3位  青木佑二  1得点
     吉岡拓馬
     西井敏之
     今井雄一郎
     間野泰光
     垣崎靖
     高橋慶太
     羽田泰彦
     金谷俊彦
【アシスト】
 1位  垣崎靖   4アシスト
 2位  高橋慶太
 3位  西田耕ニ  1アシスト
     Dennis
     吉岡拓馬

【イエローカード】
 
1位   杉本敏郎  1枚
     西田耕ニ
     高橋慶太
     脇信輔
     金谷俊彦
     鈴木周


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。