FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-17 Legal League 第21節 vs Soho Spartans 2017.05.27 @HV2
2017年06月01日 (木) 10:46 | 編集
IMG_2211.jpg


sfc member

天気:快晴&激熱

初夏に差し掛かるここ香港、シーズン残り2節、最近になってまた多くなってきたHappy Valleyでのピッチで迎え撃つは2部上位のSoho Spartans。
前節のRevolutionと同じような西洋人主体のチームでロングパス多用でフィジカル大好き系のイメージが強いチームにおいて、その中で異色を放つのが香港のクリロナこと59番。
もしかして、彼はどうやらどこかのユースチームにいたのではないか、若しくは体育会系でやっていたのではないか。と後で筆者は思った。

前節、先制しながらも同点ゴールを決められての悔しいドロー。
得点は流れでもセットプレーからも決められる様になってきており、全体として悪くはない
流れは出来ているはず。後は気持ちの面で負けないように気合を入れて試合に臨むSFC.

<試合内容>
前半開始直後からサイドを上手く使いながらのアタックを続けながらも、前線からのチェイスと連動しながらディフェンスラインできちんとカットし、 SFCペースで試合序盤を進める。
11分、気合十分な男・デニスが果敢にドリブルを仕掛けていき、PA近くでFKゲット。キッカーは・・・・久々登場のフッキャンがボールをセットし、ゴール前に出すと指示している。かのように見えたが、セットされたボールを物凄い眼差しで睨みつけている(様に見えた)男がいる。
今季チーム内得点王をほぼ手中に収めている男。そう、松本さんです。
会話は聞こえないものの、きっと「わしに蹴らせろ」の一言ですべてを解決したのでしょう。
果たして結果は・・・、きっちりゴール。先制点!かつ今季10点目!まじか!?
いや、やっぱりまっちゃんすごいわ。
筆者が駆け寄ると、「練習通り」の一言で済まされた・・・
なにはともあれ強豪相手に先制点ゲット!!!1-0

その後もFW/MFのナカギリが功を奏し、カナを中心としたディフェンスラインも集中を切らさず、プレス→カットがはまるはまる。
16分にもヤスプレスに始まり、まっちゃんが流したボールをイトマンがミドルで狙い、良い流れを継続。
そのままの流れで前半を終え、そのまま試合終了。SFC勝利!あわよくばもう一点!
が良かった。いや、本当にそうであって欲しかった。
ここから相手の怒涛の攻撃が続く。

流れが来ていると言った1分後の17分、59番がショートカウンターで抜け出し、GKと1vs1になるも、枠外へ。
21分、相手FK
22分クロス上げられる
27分抜け出し→オフサイドで危機一髪
28分、またFK
もういい。もうやめてくれ。疲れるわ。
とそんな気持ちが出てしまったのか。(筆者ではないけど)FKのこぼれ球を拾われ失点1-1
尚も劣勢は続き、32分にまたしてもFK、シュート、ゴール前詰められるものの、それでも最後のところは踏ん張りそのまま前半を終える。

後半はカナを中心に話し合い、リスクを冒してディフェンスラインを高めに設定。
前半のプレスを再度徹底。
また、ボランチの選手のところでボールが収まり回せるので、落ち着いてボール回しを行いつつ、相手DFの裏に出すボールを意識して後半戦スタート。

後半開始早々、コバ・DJがサイドからカットインシュート2連発。
サイドを崩しながらデニスが起点となりヤスさんを経由して大型(縦型)ボランチイトマンのシュート!さらにコバから大型ボランチ(横型)大野へのパス→シュート!!
大型ボランチコンビがチームを盛り上げ、CKからデニス→こちらは細型のDJのフリックからの、カナのシュート!さらに押せ押せムードが高まる。
このまま逆転して2-1で試合終了。ズッキー送別会楽しもうぜ!
みたいな感じで終わって欲しかった。
のですが、この時点でまだ後半8分。全然序盤でした。

11分、PA外でパスを回され、真ん中付近でフリーにしてしまい強烈なミドル。1-2
ついに逆転を許してしまう。

さらに12分、相手のショートカウンター。ここはさすがディフェンスリーダーの金谷さん、きっちりコースを切り、シュートを打たれるも梶が余裕でキャッチ。

久々SFCチャンス、PA外からFK獲得。
既視感を覚える位置だったにも関わらず、ボールホルダーは、はい出ました。大型(横型)ボランチ。ここで決めるのがお前だ!!
・・・・

さて、恒例のチーム総とっかえ交代。
しかし流れを変えることはできずに、26分サイドを崩されゴール。1-3
33分にもショートカウンターでクリロナ(59番?いや、クリロナだ)に○藤のへっぴりディフェンス!しかしファールすら出来ずにぶっちぎられゴール。1-4
聞いた話によるとスローモーションのようだったとのこと。

チーム全体に意気消沈モードに入るも、カッキーをはじめ全員の大きな声で気合を再度込めてラスト数分走るSFC。
気合が通じたのか、いや、実力か。37分にコバの落としからカズがサイドからシュート?GK頭上を越え、ゴールこれで2-4
だが、反撃はここまで、結局2-4の逆転負けで試合終了。

前節、前々節と先制点をゲットし、試合序盤は良い戦いをしているにも関わらず一度傾いた流れを上手く引き戻せないばかりか、失点を重ねてしまう弱みがもろに露呈。
ディフェンスラインとしては猛省すべきですね。ごめんなさい。

良かった点
1. 体力のある前半はプレスがきちんと嵌り、前線でカット・アタックができた
2. ボランチを中心にしたボール回しができた

悪かった点
1. 体力がもたない・・・・
2. 同じく体力があるうちは声掛けができるものの、それが続かない
3. 精神的な弱さが一番の要因

シーズンを通して、プレーレベルは上がってきているものの、もう1つ上のレベルに行くためにも個々の技術・体力向上は必須。
何より、やはり精神的な面で弱みを見せてしまい、結果として失点につながっているケースが多々あるように思えます。
要所要所で反省は必要ですが、常に冷静に、常に前を向いていきましょう。
良いプレーも悪いプレーも終わってしまえば、一つのプレー。
振り返ってばかりいられない。次に向けて頑張りましょう!(ってことでいいよね?)

次はリーグ最終戦。絶対に勝つぞ!

文 /工藤晋一

〈試合結果〉Shooters FC 2 – 4 Soho Spartans

得点:松本晴人(FK)武田和久(アシスト:小林佳樹)

〈今季成績〉
2016-17 Legal League
 Div.2 7位 勝ち点27 8勝3分10敗 得点35失点43

http://www.legalleague.com.hk/seasons.php

〈今季チーム内ランキング(全公式戦)〉

【得点】
1位  松本晴人  10得点
2位  上原裕史  5得点
3位  垣崎靖  3得点
4位  羽田泰彦  2得点
     金谷俊彦
     吉岡拓馬
5位  青木佑二  1得点
     西井敏之
     今井雄一郎
     間野泰光
     高橋慶太
     工藤晋一
     小林佳樹
     鈴木孝哉
     杉本敏郎
     竹内剛史
    伊東和貴
    武田和久

【アシスト】 
1位  垣崎靖   9アシスト
2位  高橋慶太  3アシスト 
3位  西田耕ニ  2アシスト
4位   Dennis   1アシスト
     吉岡拓馬
     竹内剛史
     長谷川誠
     福山耕平
     杉本敏郎
     小林佳樹

【イエローカード】 
1位  杉本敏郎  1枚
     西田耕ニ
     高橋慶太
     脇信輔
     金谷俊彦
     鈴木周
     垣崎靖

(試合後はズッキー送別会、カンボジアでも頑張れー!)
IMG_2209.jpg
IMG_2210.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。