Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
17-18 Legal League 第1節 VS Soho Spartans 2017.09.02 @Kowloon Tsai Park No.2
2017年09月05日 (火) 12:39 | 編集
今季から幹部が大きく替わったことに加え、心機一転、ユニフォームも大きくチェンジ!
セルティックベースの上から下まで揃えた一体感あるイカした(死語?)ユニフォームでリーグに望む、我々Shooters!!!


2017-18 シーズン新ユニフォーム!

試合前は「過去最高の勝ち点目指していくぞ!」と金谷新主将の掛け声でピッチへ。
その金谷主将の腕には西井前主将から受け継いだまばゆいばかりの蛍光色キャプテンマークが。
これはいける!との期待感をもって試合開始。

キャプテンマーク引継ぎ

開幕戦のフォーメーションは次の通り。
      上原    内野 
     (大野)   (西井) 
 安部               Dennis
(間野)  武田   高橋    (青木)
(坂本)   (原)   (福山)  (普川)

 小林  金谷   越智   今井 
(鈴木) (工藤)       (シャビ)
      
          益山


立ち上がりは我々のペースで試合が進む。

前半1分 安部のスローイン⇒ゴールエリア角の内野へ
     内野の落とし(凄い上手かった!)⇒ペナルティーマーク付近で上原が受けでシュートするが、おしくも相手に阻まれる。
前半5分 高橋のヒールパス⇒ゴール正面の内野が受け、シュートを試みるも残念ながらミートせず。
前半6分 高橋のスルーパス⇒ゴール前に出すもFW反応できず

ここまでは、前線からのプレッシャーが功を奏し、中盤でのボールが奪取に加え、比較的慌てることもなく、ショートパスを回せる展開でイケるか!?と思える展開。しかしながら、一瞬のミスでSpartansにやられる。

前半9分 Spartansのコーナー⇒ヘディングでファーサイドへすらし⇒シュート(フリー)⇒失点。。。 0-1    

このあとは暫く一進一退の展開が続く。

前半20分 恒例の全員交代
前半21分 左サイドからSpartansボランチがミドルシュート⇒失点。。。 0-2
前半28分 SpartansのFWに突破され、失点。。。 0-3
前半30分 大野がペナルティ付近でフリーキックを獲得
       自分で直接狙うも、わずかに右上に外れる!
前半35分 普川の落とし⇒右サイドのDennisへ
        Dennieが切れ込んでセンタリング⇒西井がゴール前に飛び込んでシュートするもわずかに外れる。
前半40分 普川のゴール前で鋭い切り返しからシュートするがキーパーに阻まれる。

前半は2点目を取られたあたりからパスが回らなくなり、Spartansに押し込まれる展開が続いた。
しかし、ポイントポイントで良いプレーがあり、もう少しでゴール!!!というシーンもあったことから、
後半巻き返す!という強い意気込みをもって後半開始。

後半の立ち上がりはお互いシュートもない時間が続く。
しかし、我々はボールキープできず、簡単に蹴ってしまう苦しい展開が続く。

前半10分 ペナルティ右でフリーキック獲得
      高橋が低いボールをゴール前へ⇒触れば一点!というところに工藤が飛び込むも、わずかに合わず。
後半20分 SpartansnのMFに中盤を抜かれて、失点。。。 0-4
      全員交代
     
この後は、またも我々のペースに

後半30分 大野がスルーパス⇒右サイドの坂本へ
      坂本がセンタリングを上げるもクリアされる。
後半32分 ペナルティ右でフリーキック獲得
      武田が鋭いボールをDFの裏へ⇒工藤がヘディングするもゴールならず。
後半34分 武田からセンタリング⇒ゴール前の西井へ(シーンとしては前日の日本代表戦の先取点)
       西井がシュートするもキーパーの正面。

試合終了 Sootes 0 - 4 Soho Spartans


厳しい開幕戦の結果となった。
内容としては、一方的に負けていた感はなく、おそらくシュート数は同数以上であったと思う。
我々がチャンスを得点にできない焦りから徐々にSpartansに主導権を握られた。
特に前半10分の押しているときに点を取れなかったことが、主導権を握れなかった最大の原因と考えている。
我々が上位に食い込むには、常に主導権を取れる様に、まずは1つ1つのプレーを大事にしていくことが必要である。

さて、以下に私の考える良かった点と悪かった点を記載しているので、
次節以降の参考にして頂きたい。

良かった点
・ボールを回そうとする意識の高まり。
 まだまだ課題はあるものの、昨シーズンより高まってきていると思うので、
 今後もよりその意思を高めていき、容易に蹴ってしまう機会を減らしていきたい。
・試合後に意見を述べる人が増えたこと。
 様々な意見が集まることで視野が広がるので、意見をぶつけ合って、より良いものへ昇華していきたい。

悪かった点
・ボールを取られた後、ラインを割った後(攻守どちらにおいても)の切り替えが遅い。
・少し押し込まれると受け身になり、全体的に後ろに引いてしまう。(間延びするシーンも多々有り)
 ⇒前からプレッシャーを掛けて、コースを限定しながら高い位置でボールを奪わないと守れないし、攻めれない。
  この点はチームの方針として、再確認が必要。
・試合中における全員の声だし。苦しい時間帯こそ全員が声を出して、流れをかえる様に努めることが必要。
 現時点では一部の人しか声が出ていない。
 自分は言い方を反省。。。次回以降は改善していく所存。


さて、次節の対戦相手は昨シーズンの第2節同様、「Legal Head」である。
昨年は受け身の展開から失点を重ね、3-5と負けてしまったが、今シーズンは絶対に打倒したいところである。
今シーズンはまだ始まったばかりなので、気落ちせずに、次節から勝ち星を重ねるべく、一丸となって戦っていこう!!!

次節 VS Lagal Head
日時:9/9(土)
   18:30-20:00 (集合時間 17:30)
会場:Kowloon Tsai Park No.2

文責:高橋
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .