FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
17-18 Legal League 第5節 VS vs Shui Wei FC@Wu Shan Recration Park 11/18(Sat) 20度
2017年11月20日 (月) 19:07 | 編集
20171118 前半

20171118 後半

20171118 SHU WEI

午前中に少し小雨が降っていたが、試合が始まるころには雨は止み、少し肌寒い感じであった。
しかし、体を動かせば、ちょうどいいコンディションになるくらいの気温であった。
前回の勝利から約2か月が経っていたため、皆勝利に飢えていた。
相手は、今季加入の深センの欧米人主体チーム。相手の構成は、腹の出たオヤジ~見るからに
俊足そうな小さなババンギタまで。
このババンギタにはアップの時点俊足を自慢げに披露していたが、プレーには活かせていなかった。

以下試合内容
前半(0~20)
1”上原から小林にスルーパス、再度上原が受け、シュート。惜しくも点につながらず。
4~6”高橋中盤でカットから青木にパス。そこから青木が少しドリブルでつっかけ、キーパーが出たタイミング
  に合わせ、シュート。ゴールバーぎりぎりな所に、ゴール!
  高橋へのパスも考えられたが、結果おーらい。
7”中盤から小林が青木に縦へのナイスパスを出すが、届かず。
14”相手FWによるミドルシュートも金谷がカバー。
17”垣崎がナイスセンタリング、小林が詰め、シュートするもキーパー正面。

ここまでは、前からプレスもかけることができ、セカンドボールの処理、中盤での潰しが効いていた。

Shooters名物全員入れ替え
前半(20~40)
25”安部が縦に抜け、センタリングも相手DWに阻まれるが、いいチャンス。
30”CBの裏を狙われ、ボールを放り込まれるも、キーパー梶がナイススライディングブロック。
35”DF中央までボールを運ばれ、こぼれをシュートされるも、枠外。

点が入った緩み、又は体力的な問題か、引き気味のプレーが目立ち始め、前半の勢いが段々と緩んでいった。

後半(0~20)
48”ペナ内から原のシュートに青木が詰めるもキーパーがはじく。
50”左サイドからスローインでペナ内に入れられ、シュート。ゴール上に外れる。
51”左サイド突破され、混戦からこぼれ球を打たれるも、大きく外れる。
52”センターサークルあたりからバックライン裏に入れられる。フリーで走りこまれ、打たれるもゴール外。
55”右サイド突破されるも、原がカバー。
58”上原シュートもゴールキーパー正面。
59”左サイド突破されるも、越智がクリアー。
60”右コーナーからフリーキックで中に入れられるも、高橋がクリアー。

Shooters名物全員入れ替え
後半(20~40)
65”右サイド突破され、放り込まれる。ペナ内で混戦の末、抑え込んだとの理由でPK献上。
   運よく、ポストに救われる。
66”敵陣のスローインから、垣崎がシュートもキーパー正面
68”キーパーからのクリアがそのままスルーパスにつながりシュートを打たれるも、枠外。

今季初の無失点勝利。

以下試合後の選手からの提言、反省
前半の後半より、全体のラインが間延び、下がり気味になってしまい、前半の後半の良さが消えつつあった。

1.皆で声を掛け合い、ラインの押し上げが必要であった。
2.前からプレスをかけ、ディフェンスラインも上げ、前と後ろの距離を縮めることでコンパクトにする。
  コンパクトにし、攻めの姿勢で押し上げ、囲みプレーを可能にし、下手に裏を取られることも減る。
3.全体が間延びしてきたのは、体力と気の緩み。間延びすることで、チャンスを与えることになるので、
  みんなで最後の半歩、一歩を踏み出して、最後まで踏ん張ることが必要。
攻め

1.センターバックが突っかけるのはFW視点では効果的
2.ボールを奪ったあとは、サイドを大きく使うことで、攻撃の選択肢が広がる。
  これには、FW、ボランチ、サイドハーフ、サイドバック、CB全員の協力が必要であって、体力も必要

文責:越智


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .