FC2ブログ
Shooters FC
We are crazy about football! No one can stop us! (日本人サッカーチーム in 香港)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17-18 Legal League 第14節 VS MBFC @Kowloon Tsai 2(Astro – old) 1/13(sat)
2018年02月18日 (日) 21:30 | 編集
17-18 Legal League 第14節 VS MBFC フォーメーション

17-18 Legal League 第14節 VS MBFC フォーメーション後半

17-18 Legal League 第14節 VS MBFC 集合写真

2018年の2試合目。前節は惜しくも敗戦だったが、今日こそは今年の初勝利を!と意気込むイレブン。相手は最下位チーム、勝ちに飢えたSFCイレブンには格好の餌食となるはずである。試合前のイレブンからは、「必ず勝てる!」「勝たなくてはならない!」という心強い声が聞こえてきた。誰もが勝利を信じて試合に臨んだ一戦だった。

筆者も12月に香港に来た家族が初観戦。子供の前で、「絶対勝つ!」と勝利を誓って試合に臨むのであった・・・



前半

立ち上がりは相手のプレスも弱くSFCペース。パスを繋ぎながら徐々にゴールへと迫る。

4分 左コーナー、右コーナーと連続してチャンス。武田から良いボールが入るも、決めきれず。

7分 ハーフライン手前からのFK。武田からのロングボールを青木が合わせるも、シュートは惜しくも枠外へ。

9分 相手10番のスルーパスからGKと1対1のピンチ。益山の鋭い飛び出しに、相手FWが焦りシュートは上に外れる。

12分、15分 相手右サイドハーフのドリブル突破も、高橋、吉田が必死にくらいつき、相手に自由なプレイをさせず。

全体的にSFCが押し込む展開。時折みせる相手のカウンターに対しては、今日もDF陣が体をはったディフェンスで阻止する。だが、一瞬のスキを突かれる。

16分 相手の右サイドからのミドルシュートを益山が止めるも、こぼれ球に反応できずに押し込まれて失点 0:1

一瞬、まさかの失点に呆然とするも、気持ちを切り替え、再び攻撃に転ずるSFC

19分 上原が持ち込み、ミドルシュートもGKの正面へ

22分 相手のクリアミスを拾った武田がそのまま持ち込み、浮かせたシュートがゴールに吸い込まれる! 1:1

ここからは一進一退の展開。パスを繋いで攻めるSFCに対して、相手は10番を中心としたカウンター攻撃を行ってくる。

27分 クロスを益山が弾いたこぼれ球を相手がシュートするも、大野がクリア。

28分 相手ゴールキックミスのこぼれ球を大野がシュートするも枠を外れる。

29分 左サイトの崩しから小林がセンタリングをゴール前にあげるも合わず。

33分 中央の崩しから普川がGKと1対1となるもシュート打てず。

34分 相手の右サイドからのクロスがそのままゴールに入り失点。 1:2

37分 繋ぎから大野が見事なスルーパスを送るも、安部に届かず。

後半

点を取り返すべく前がかりになるSFCだが、立ち上がりにカウンターから失点を喫する。

4分 相手の右サイドからのセンターリング。益山が弾いたこぼれ球に反応した相手のシュートが決まって失点。 1:3

7分 相手のカウンターから、ドルブル突破を決められ失点。 1:4

ここから後がなくなったSFC怒涛の攻撃が開始

9分 こぼれ球を拾った間野が左足を振りぬいてシュートも、GKが阻止

10分 右サイドから西井の鋭いアーリークロスも、合わせられずに相手DFがクリア。

15分 越智の果敢なオーバーラップ。西田からの正確なロングパスを受けるも、相手DFが踏ん張りクリアされる。

22分 右サイドからパスを繋ぎ、左へ展開する良い流れ。市川がシュートするもGKへ。

26分 高橋の飛び出し、ボールをカットし、そのままシュートするも枠外。

28分 左コーナーキックのこぼれ球を安部がシュートも枠外。

29分 右サイドからの展開。中央に抜け出した小林にパスが通り、GKと1対1になるもブロックされる。

32分 右コーナーキックから上原が高い打点のヘディングシュートも枠外。

35分 上原がスルーパスに反応して抜け出すしてシュートするも枠外。

37分 ワンツーで抜け出した武田が中央へセンタリング。小林がヘディングシュートをするも惜しくもオフサイド。

38分 武田がサイドを抜け出しセンタリング、こぼれ球を大野がシュートするも相手がブロック。

猛攻も実らず、そのまま試合終了。

1:4での敗戦となった。

総括

試合終了後、ほとんど試合を見ていなかった 長男から「負けちゃったの〜」と一言。。何も言い返せずに、悔しい〜かぎりです。
最下位相手に敗戦であったが、今振り返れば必然的な敗戦であった気もする。筆者の反省を含めて、試合を振り返ります。
試合後のミーティングで話があったように、試合後半にできた怒涛の攻撃を試合開始からできるようにならなければならないかと思います。精神論になってしまいますが、筆者を含め、チーム全体に勝てるだろうという油断があったのかもしれません。どんな相手でも、がむしゃらに行く攻めの姿勢が必要かと思います。

また、再三話にでているようにディフェンス面での課題も感じました。基本として、シュートを打たせない、相手に自由にプレイさせない事を意識し、各自が積極的な姿勢で、味方に任せない、あと1歩、半歩、詰めるディフェンスが大切かと思います。1人でとれなくても、次の人、その次の人がカバーしてボールを奪う事ができればと。チームが勝つために、犠牲の精神で頑張りましょう!

とはいえ、少しずつですが、チームが戦う姿勢を見せられるようになってきていると思いますので、引き続きチーム一丸となっていけたらと思います!

文責:市川

得点ランキング

4得点 松本
3得点 垣崎
2得点 上原 金谷

1得点 安部、金谷、西井、杉本、大野、武田

アシストランキング

3アシスト 高橋
1アシスト 西井、大野、小林

イエローカード

1枚 内野、二宮、青木


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / RSS / .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。